View directory_viewer.py
#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-
import os
import sys
import glob
def main(path, layer=0, is_root=False):
tab = u" "
if is_root is True:
View note-python-sample002.md

あくまで参考のコード

#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-
import sys

def main(stage, profile):
    """
    main: プログラムの実行時に呼び出される
    :param stage: 処理を実行するStage
View check-url.py.md

URLのステータスを確認して条件に合わせてTrue Falseを返すコードのsample

Python2.7 ver

check-url.py

#!/usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-
View get_slack_userList.md

Slack APIのユーザー情報から必要な情報を抜き出しJson形式で保存する

ターミナル

token=[TOKEN]
python3 get_slack_userList.py $token

Python (get_slack_userList.py)

View note-python-sample001.md

test.py

#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-
import sys


def main(str):
View notes-lambda-apigateway-ajax.md

htmlのWebフォームの入力内容をAjaxで通信しLambdaに送り結果をまた受け取るありがちな処理を実装 その際に色々と躓いたのでまとめたメモ ※ 注意:メモを書いてから少し時間が経っているので一部で怪しい部分があり

前提・実現したいことの流れ

  1. HTMLのフォームに名前とメールアドレスを入力しAPIGatewayへ
  2. APIGatewayが受け取りLambdaへフォーム内容を渡す
  3. Lambdaは受け取った名前やアドレスを扱ってなんらかの処理(例えばDB書き込みやメールを送るなどだがここの処理は割愛)
  4. Lambdaは通信結果をAPIGatewayへ
View notes-github-ssh.md

たまにしか行わない作業なので忘備録 ※必要があれば随時追加

秘密鍵の作成

# 鍵の格納先へ移動して
cd ~/ssh

# 鍵の作成
ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
View notes-aws_sam.md

前提

AWS CLIのインストールなどはこちら

構成

今回の構成は以下の通り

├── functions
│   └── lambda_function.py
└── template.yaml
View notes-aws_cli.md

インストール

pip install awscli

設定

AWS CLIの aws configure コマンドで認証情報ファイルを設定

default

View notes-aws_ec2-and-local-fileexchange.md

アップロード

# scp -i {xxx.pemまでのPath} {対象ファイルのPath} ec2-user@xx.xxx.xxx.xxx:{アップロード先}
# 例)
scp -i xxx.pem ~/test/test002.txt ec2-user@xx.xxx.xxx.xxx:test:test

ダウンロード

# scp -i scp -i scp -i {xxx.pemまでのPath}  ec2-user@xx.xxx.xxx.xxx:{対象ファイルのPath} {ダウンロード先}