Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

@CLCL
CLCL / akizuki-7seg-10col.js
Last active Mar 12, 2016
秋月電子7セグメントLED DIP化キット [AE-7SEG-BOARD] 10個をRaspberry Piにつないで、数字をnode.jsで表示する。
View akizuki-7seg-10col.js
'use strict';
// akizuki-7seg-10col.js:
// Usage:
// (Raspberry PiにRaspbian Jessieをインストールして、
// sudo raspi-config で SPI使用を有効にしてリブート後、
// piユーザでログイン)
// sudo apt-get update
// sudo apt-get -y remove nodered nodejs nodejs-legacy
// curl -LO http://node-arm.herokuapp.com/node_latest_armhf.deb
@CLCL
CLCL / a.sh
Created Mar 2, 2016
JenkinsCIをyum updateすると、これのせいでworkdir以下のchownが時間掛かり過ぎる JENKINS_INSTALL_SKIP_CHOWNの変数で制御できるのかな今度試す
View a.sh
/sbin/chkconfig --add jenkins
# If we have an old hudson install, rename it to jenkins
if test -d /var/lib/hudson; then
# leave a marker to indicate this came from Hudson.
# could be useful down the road
# This also ensures that the .??* wildcard matches something
touch /var/lib/hudson/.moving-hudson
mv -f /var/lib/hudson/* /var/lib/hudson/.??* /var/lib/jenkins
rmdir /var/lib/hudson
View build-xtables-addons-centos65-01.sh
## ビルドツール・依存パッケージインストール
## rootユーザで作業
uname -r
yum -y groupinstall 'Development Tools'
yum -y install rpmdevtools
yum -y install kernel-devel iptables-devel
yum -y install epel-release
yum -y --enablerepo=epel install perl-Text-CSV_XS
@CLCL
CLCL / passwd_change.sh
Created Nov 2, 2015
シェルスクリプトでlinuxユーザのパスワードを設定
View passwd_change.sh
#!/bin/sh
# シェルスクリプトでwebuserユーザのパスワードをpassw0rdに設定する。
# 大量のバッチ処理の場合は、別ファイルにユーザパスワードリスト
# を用意したうえで、`chpasswd' を使おう。
echo passW0rd | passwd webuser --stdin
@CLCL
CLCL / package.json
Last active Sep 1, 2015
akibaLEDピカリ館の単色LEDマトリクスパネルP10をRaspberry Piのnode.jsで光らせて文字をスクロールする
View package.json
{
"name": "picari-banner-gorinpikku.js",
"private": true,
"scripts": { "start": "node picari-banner-gorinpikku.js" },
"dependencies": {
"canvas": ">=1.2.7",
"onoff" : ">=1.0.2",
"pi-spi": ">=1.0.0"
}
}
@CLCL
CLCL / picari-01.js
Last active Aug 29, 2015
akibaLEDピカリ館で販売している単色LEDパネル(32cm×16cm)を専用基盤を使わずRaspberry Piとnode.jsを使いパターン点灯させるサンプル。Raspberry Pi(256MB以上)、Node.js 0.12で動作確認済み。
View picari-01.js
'use strict';
// akibaLEDピカリ館の単色LEDマトリクスパネルP10を
// Raspberry Piのnode.js(v0.12)で光らせる
//
// 配線については http://cl.hatenablog.com/entry/picari-ledmatrix-raspberrypi 参照
// Usage:
// (Raspberry PiにRaspbian Wheezyをインストールして、piユーザでログイン後)
// git clone https://gist.github.com/aad7b6ad8f97ca9a8a2a.git picari
// cd $_
View picari-01.ino
#include <SPI.h>
#define OE 7
#define DYNA 8
#define DYNB 9
#define DATA 11
#define LATCH 10
#define CLK 13
char pattern[] = {
@CLCL
CLCL / epel.md
Created Jul 28, 2015
CentOS 6標準でEPELリポジトリ参照用パッケージを入れる
View epel.md

CentOS 6で、追加のリポジトリのEPELを使うことがよくありますね。tmux入れたり、grance入れたり、proftpd入れたり(今更FTPなのは察してください)、標準の状態でyumって入らない時はEPELに入っていることが多いですのでよく使いますね。

で、EPELなんだが、いつの間にか標準のパッケージになってたというやつ。

# yum -y install epel-release
Loaded plugins: fastestmirror
Setting up Install Process
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.iij.ad.jp
@CLCL
CLCL / ntpd_stop_start.sh
Created Jun 29, 2015
要root。CentOS 6でうるう秒対策で来ていないサーバで、2015/6/30以前に実行しておく。atdサービスで2015/6/30 8:59:00にNTPDを止めて、2015/7/1 9:01にNTPDを開始させる。
View ntpd_stop_start.sh
yum -y install at
echo '/sbin/service ntpd stop' | at '08:59 30.06.15'
echo '/sbin/service ntpd start' | at '09:01 01.07.15'
@CLCL
CLCL / a_deldel.pl
Last active Aug 29, 2015
PukiWikiの特定ページに鬼の様な大量のSPAM添付ファイルがぶっこまれた時、PerlのヘッドレスブラウザモジュールのWWW::Mechanizeを使って消します。
View a_deldel.pl
#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;
use utf8;
use WWW::Mechanize;
# deldel.pl PukiWikiのページ内添付ファイルを根こそぎ消す
my $pageurl = 'http://dtpwiki.jp/index.php?Perl';