Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
Feature Selection demo
ボーイング747(Boeing 747)は、アメリカのボーイング社が開発した超大型旅客機。ジャンボジェット(Jumbo Jet)の愛称で知られる。航空機による安価な大量輸送を実現し、それまで一般庶民にとって高嶺の花であった航空旅行(特に国外旅行)を可能にした画期的な機体である。現在も最新型(747-8型)が生産中である。しかし、基本設計から半世紀ゆえ、大型化に限界があることからライバル機エアバスA380に発注数で大きく水をあけられている。
エアバスA380(Airbus A380)は、欧州エアバス社のターボファン4発の超大型旅客機である。
ボーイング787 ドリームライナー(Boeing 787 Dreamliner)は、アメリカ合衆国のボーイング社が開発・製造する次世代中型ジェット旅客機。ボーイング757・767・777の一部の後継となる。中型機としては航続距離が長く、従来は大型機でないと飛行できなかった距離もボーイング787シリーズを使うことにより直行が可能になる。このため、需要がさほど見込めず大型機では採算ベースに乗りにくい長距離航空路線の開設も可能となった。本項では以下、ボーイング製の旅客機については、「ボーイング」という表記を省略し、数字のみで表記する。例えば「ボーイング777」であれば、単に「777」とする。
ボーイング777(Boeing 777、ボーイング・トリプルセブン[1])は、アメリカのボーイング社が開発したワイドボディ双発ジェット機。本項では以下、ボーイング製の旅客機については、「ボーイング」という表記を省略し、数字のみで表記する。たとえば「ボーイング767」であれば、単に「767」とする。
ボーイング767(Boeing 767)は、アメリカ合衆国のボーイング社によって生産されている中型双発旅客機である。
ボーイング737(Boeing 737)は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ボーイング社が製造する小型ジェット旅客機である。
ボーイング727(Boeing 727)はアメリカ合衆国のボーイング社製の旅客機である。先発のボーイング707とは大きく異なり、T字尾翼と尾部に集中して搭載されている3発のエンジンが特徴の短・中距離用旅客機である。また、ボーイング社では唯一の三発エンジンジェット旅客機であった。
ツポレフ Tu-444(ツポレフ444;ロシア語:Ту-444チトィーリェ・チトィーリェ・チトィーリェ)は、ロシアの航空機設計機関であるツポレフ設計局が計画していた双発の大型超音速ビジネスジェットである。ツポレフが他に計画している大型超音速旅客機としては、4発エンジン搭載のTu-244があるが、現在のところ、そちらのほうは市場が開ける可能性が不透明である為に、実用化は微妙である。一方、アメリカのセスナなどは、一部の需要があるとみられる超音速ビジネスジェットの開発に取り組んでいるが、ツポレフは実際に超音速輸送機Tu-144やTu-22、Tu-22M、Tu-160のような軍用機を製造した実績があるため、顧客さえあれば実現する可能性が高い機体といえる。
Tu-334(ツポレフ334;ロシア語:Ту-334トゥー・トリースタ・トリーッツァチ・チトィーリェ)は、ロシアの航空機メーカーであるツポレフが、老朽化が進んでいる世界で運行中のTu-134の買い替え需要に応じるために開発していた短中距離用ジェット旅客機である。生産効率を高めるためにツポレフが同様に開発したTu-204の胴体を短縮したものを使用しているが、エンジンはTu-134同様に機体後部に取り付けられている。価格は1,600万USドル、ビジネス版は4,300万~4,400万USドルと推定されている。
Tu-324とはロシアの航空機メーカーであるツポレフが開発を提案している地域ジェット旅客機である。エンジンをリマウント方式で搭載した双発の旅客機で、かつてツポレフが開発したTu-134やTu-334に類似したサイズであるが、サイズも短く、やや乗客数がすくない。またロシアでは従来無かった点として富裕層や大企業向けのプライベート型も提案していることである。同時に大型化したTu-414の開発も提案している。
Tu-306(ツポレフ306;ロシア語:Ту-306トゥー・トリースタ・シェースチ)は、ロシアのツポレフ設計局が1990年代に開発計画を発表した大型ジェット旅客機である。同時期に発表された大型双発旅客機であるTu-304を、液化天然ガスを搭載できるように胴体上部をさらに膨らませて、従来の燃料とは異なる液体燃料を使用するジェット旅客機にしようというものであった。しかしながらロシア政府から開発資金を得られなかったためか、現時点では実現する見込みがまったく無いといえる。計画案では双発で全長62m、全幅57mとエアバスA330-300に匹敵するサイズで、乗客数を312~400、航続距離9,000kmを目標にしていたが、Tu-304が機体すら製作されていない以上、現在ではキャンセルされている状態だといえる。
エアバスA350 XWB (Airbus A350 XWB) は、A300・A330/A340の後継機としてエアバス社が発売した新世代中型ワイドボディ旅客機。2015年1月15日、カタール航空がドーハ-フランクフルト線で世界初の営業運航を開始した[2]。
エアバスA340 (Airbus A340) は、ヨーロッパの企業連合であるエアバス・インダストリー(後にエアバス)が開発・製造した4発ジェット旅客機である。A340は長距離路線向けの大型機として開発された。エアバスA300由来の胴体を延長したワイドボディ機で、低翼に配置された主翼下に4発のターボファンエンジンを装備する。尾翼は低翼配置、降着装置は前輪配置で主翼間に中央脚を持つ仕様もある。A340シリーズには4つのモデルA340-200、A340-300、A340-500、A340-600が存在する。機体寸法や性能は各形式によるが、巡航速度はマッハ0.82から0.83で、全長は59.40から75.36メートル、全幅は60.30から63.45メートル、最大離陸重量は253.5から380トン、座席数は240席から440席程度である。A340は双発のエアバスA330と同時に正式開発が決定され、エンジン関係を除いて両機は最大限共通化された。A340はエアバスが開発した最初の4発機となったほか、4発機と双発機の同時並行的な開発は、航空技術史上において希少な取り組みとなった。また、A340ではフライ・バイ・ワイヤシステムやグラスコックピットが導入され、操縦系統が共通化されたエアバス機との間で相互乗員資格が認められている。A340シリーズの中で、A340-200/-300は最初に開発されたA340の第1世代である。A340-200は航続力を優先した短胴型、A340-300は収容力を優先した長胴型で、それぞれルフトハンザドイツ航空とエールフランスによって1993年に初就航した。その後、長距離路線に進出しつつあった双発機に対抗するため、A340の第2世代としてA340-500/-600が開発された。収容力増強型のA340-600は登場時点で世界最大の全長を持つ旅客機となり、2002年にヴァージン・アトランティック航空によって初就航した。航続力増強型のA340-500は登場時において世界最長の航続距離性能を持つ航空機となり、エミレーツ航空によって2003年に初就航した。2004年にはシンガポール航空がA340-500を用いてシンガポール - ニューヨーク直行便を開設し、民間航空路線として世界最長距離を記録した。その後、エアバスは新しい長距離機としてA350XWBを開発し、2011年にA340の生産終了を発表した。A340シリーズ全体での生産数は377機であった。A340は欧州やアジア・中東地域の航空会社を中心に運航され、ボーイング747ほどの収容力を必要としない長距離路線を中心に就航している。2014年10月現在までに、A340に関して5件の機体損失事故が発生しているが、死亡事故は起きていない。本項では以下、エアバス製旅客機およびボーイング製旅客機については社名を省略して英数字のみで表記する。例えば、「エアバスA300」であれば「A300」、「ボーイング747」であれば「747」とする。
エアバスA330 (Airbus A330) は、ヨーロッパの企業連合であるエアバス・インダストリー(後にエアバス)が開発・製造している双発ジェット機である。A330は中短距離路線向けの大型旅客機として開発された。エアバスA300の胴体を延長したワイドボディ機で、低翼配置の主翼下に2発のターボファンエンジンを装備する。尾翼は低翼配置、降着装置は前輪配置である。A330シリーズには旅客型のA330-200とA330-300、貨物型のA330-200Fに加えて、軍用の多目的空中給油・輸送機であるA330 MRTTがあるほか、エンジンを新型に置き換えたA330neoの開発も進められている。機体寸法や性能は各形式によるが、就航中のA330-200/-300/-200Fでは、巡航速度はマッハ0.82、全長は58.82から63.69メートル、全幅は60.30メートル、最大離陸重量は184トンから238トン、座席数は253席から440席程度である。A330ではフライ・バイ・ワイヤシステムやグラスコックピットが導入され、操縦系統が共通化されたエアバス機との間で相互乗員資格が認められている。A330シリーズで最初に開発されたのはA330-300で、1987年に長距離4発機のエアバスA340と同時に正式開発が決定された。双発機のA330と4発機のA340の同時並行的な開発は航空技術史上において希少な取り組みとなり、両機はエンジン関係を除いて最大限共通化された。A330-300は1994年にエールアンテールによって初就航した。次に開発されたA330-200はA330の短胴・長距離型で、1995年に正式開発が決定され、1997年にカナダ3000(英語版)によって初就航した。A330-200FはA330-200をベースとした貨物専用型で、2007年に正式開発が決定され、2010年にエティハド航空の貨物部門に初引き渡しが行われた。エンジンを新型に置き換えるA330neoシリーズは、2014年に正式に開発計画が発表され、2017年後半の引き渡し開始を予定している。2015年7月現在、1,095機のA330が民間航空路線に就航している。運用者を地域別にみると、全体の約6割がアジア・中東・オセアニア地域の航空会社によって運用されており、中でも中国の航空会社による運用機数は約1割を占める。その次に欧州・ロシア地域の航空会社による運用機数が多く、続いて北米・南米地域、アフリカ地域の順となっている。2016年2月現在、A330が関係した主な航空事故・事件は23件報告されており[5]、その中には8件の機体損失事故と2件のハイジャックが含まれ、合計で339人の乗員・乗客が死亡している[6]。
エアバスA320(Airbus A320)は、欧州エアバス社が製造した近・中距離向け商業旅客機である。民間機として初めてデジタル式フライ・バイ・ワイヤ制御システムを採用したハイテク旅客機であり、サイドスティックによる操縦を採用しているのが特徴である。座席数は標準2クラス仕様で150席程度。バリエーション(A320 ファミリー)として、日本では全日本空輸(ANA)が次期主力単通路機として選定し、新エンジンを採用したA320neo及びA321neo型機、短胴型のエアバスA318、エアバスA319、長胴型のエアバスA321がある。
 「最後に私の全てをファンの人たちに見てもらいたい」。昨秋、AV女優引退を発表した上原亜衣(23)が、5月1日から浅草のロック座で“引退公演”を行う。セクシーアイドルグループ「恵比寿★マスカッツ」でも活躍する人気者のラストステージに注目だ。 昨秋、東京・豊洲PITで行われた「Japan Adult Expo 2015」でAV女優引退を発表したが、上原のブログには、「(引退宣言は)噂だったらよかったのに」など、ファンから撤回を求める声が多数寄せられていた。 「デビューして4年。ファンに支えられて頑張れた」と上原。そんなファンへの思いが、今回のロック座出演となった。 「最後まで応援してくれたファンの前に立ちたかったのでロック座のステージを選びました。AV女優として最後のビデオ発売は4月25日なので私がみんなの前に立てる本当の最後になります」 天然キャラとして愛され、体の柔らかさも自慢だった。2013年にはDMMの年間AV女優ランキングで1位に、翌14年にはDMMアワードで優秀女優賞プラチナを受賞している。現在は「恵比寿★マスカッツ」のメンバーとして活躍中だ。 ここ数年は女性ファンも増えているそう。それだけにロック座での公演は「女の子にも見てもらえるような公演にしたい」と意気込む。が、一方で不安も。 「朝は大丈夫ですが、夜は弱いんです。いつも夜10時には寝るようにしていたから」
「AVはスカウトです。一昨年の10月に新宿に買い物に行ったときに声かけられてその場で『やります!』って言いました」 人見知りしない様子でリリは話す。黒髪のショートカットに形の良いアーモンド型の瞳、ギュッと身の詰まったような丸い頬が印象的だ。取材前、彼女のSNSを見ると昨夜は0過ぎまで撮影だったと記されている。しかしその笑顔からは、疲れは微塵たりとも伺うことはできない。「元々AVにはすっごく興味があって。スカウトの人もその場で事務所のHPも見せてくれたて、話しているうちにこの人、信用していいかなって思って」 繁華街でスカウトマンに声をかけられ、そのまま立ち話でAV出演を即決した。当時、リリは大学生1年生。進学のために上京して半年、東京で迎える初めての秋だった。「AV女優さんに憧れていました。普通のタレントやモデルよりも女子力あるし、体力あるし、メンタル強いじゃないですか。最初にAV女優って存在を知ったのは蒼井そらさんがきっかけ。普通のタレントさんかなって思ったけど、いろいろ見たらハードなこともやっていて驚きました。私、周りに男友達が多くて『すごいよね、すごいよね』ってみんなで情報交換してました。中学のころはケータイの待ち受けをAV女優さんにしてダイエットの目標にしていました、名前忘れちゃったけど。キュッとウエストがくびれていて、脚もスラっとしていてかっこよかった。『同じ日本人だったら頑張ったらこうなれるのか!』 とかまだ自分にはマン毛が生えてなかったから『こういう風に生えてくるのか!』って女の子の友達とも話していましたね。それからちょっとして上原亜衣さんを知って、ますますAV女優さんに興味を持つようになりました。本当にすごいですよ! だって忙しいし現場はハードなのに笑顔でいられる、疲れているところを見せないじゃないですか。4月に引退しちゃうって知ってすごいショックなんです」 上原亜衣のツイッターのチェックは今でもリリの日課だ。地元にいるときも彼女が載っている雑誌をコンビニで見つけると必ず買っていた。嬉々として上原亜衣の魅力を語るその表情は、もはやAV女優ではなくひとりのAVファンだ。「去年、とあるメーカーさんの忘年会で『アイチン』さんがいたんです! これまで思っていたよりもすっごくちっちゃくて、可愛かった! でも畏れ多くて声かけられなかったです。もう神様みたいな感じ!」 リリは約1年前に中堅メーカーの単体女優としてデビューした。計6本の専属契約終、現在はロリ系の企画単体として様々なメーカーで撮影している。出演作はすでに40本以上、最近は撮影のオファーが激増し、大学は去年末で退学した。彼女を最近撮ったメーカー関係者に聞くと、その童顔にはそぐわない大人びた乱れぶりとハードなプレイ内容がユーザーにはウケているようだ。個人的にはそのタフさと可愛さ、ロリ具合においては上原亜衣と近似しているようにも感じる。 ただ毎度、彼女たちの話を聞いていて思うのは「AV女優に憧れる」ことがどのように「自分がAVに出演する」という考えにシフトチェンジしていくかということだ。憧れることと自分が脱ぐこと、その2つの点は線になりづらい。私だって安室奈美恵がかっこいいと思っても、せいぜい眉を細くするくらいでダンスを始めることすらなかったわけで(いちいち例えが古くて申し訳ない)。ちなみにリリに聞くと、それまでAV興味はあったとはいえ、プロダクションに自ら応募することはなかったという。「私が応募したところで採用されないと思ってた。スカウトで背中を押してもらったって感じです」 スカウトマンに声をかけられたのは、まさに渡りに船だった。彼女のデビュー作撮影時には1週間の沖縄ロケが組まれた。DVDが売れない、不況だ、と嘆かれるこのご時世になんとも華々しい女優人生のスタートである。「憧れていたとはいえ、そのときはまだ『とりあえず現場に行って、遊んでセックスしてればいいや〜』って超軽い気持ちでした。でも空港行ったら機材とかいっぱいあるし、スタッフさんもガチで! 『これはヤバいぞ!』って思いました。ホテル着いたら台本も渡されるし、すっごいキョドっていたんですよ」 監督の指示にもなかなか上手に応えることもできず、彼女のAV界に対する興味と憧れも数日間の撮影の中ですり減っていた。「もう全然できなくて、どうしようって。で、最後の3Pのシーンになったときは『男優さんが流れで全てやってくれるから何もしなくていいからね』って言われました。カメラさん、照明さん、音声さん、スチールさん、メイクさんも全て男性で、そんな中、私が女たった一人でセックスして。それをカメラに撮られているって思っただけで……」 一息ついてリリはこう言い放った。「めちゃくちゃ興奮して、気持ちよすぎて泣いちゃったんです!」 それまでの不安感や自信のなさを吹っ飛ばす強烈な体験だった。「もうそのときに『これから先、AV女優としてやっていこう』って決めました」不特定多数の素人を相手にするより安心と、親は納得 親にはデビュー作撮影とほぼ同時期にその決意を自ら告げた。「バレてから事情を説明するよりも自分から言っちゃったほうがいいと思って。親子の縁を切られてもいいと思って電話しました」 AV界に興味があったこと、AV女優としてやっていきたいことをストレートに話した。そんな娘の決意に対して両親はどんな様子だったのだろう。「親は安心していたみたいです」 なんとも予想外の言葉がリリの口から語られた。「もともと親は私がエロに対して興味ある子だなって気づいていたみたいで。遅かれ早かれキャバや風俗とかに行くんだろうなって思っていた。ヘタに不特定多数の素人と関係を持って性病になるよりは、AVでプロを相手にして一つの作品としてキチンと撮ってもらったほうがいい。そう言ってAVは賛成していました」 この連載で取材を始めてから最もスムーズな親公認劇である。「娘がAV女優になって安心」とは一体、どういうことか。「私、もともと中学から高校生の間、ひっきりなしに男の子を家に連れ込んでいて。『彼氏だよ』って紹介する子が毎日違って『いったい何人、彼氏がいるんだ!?』って感じで、あはは。親が居ないタイミングを見計らって連れ込んだんだけど、途中で(親が)帰ってきてバレたりして。『あんまりセックスしまくっていると性病になったりするよ』って一度、超怒られたんです。で、そういうのをやめようとしたら今度はやめた瞬間にウツぽくなって。自分でも全然自分に自信が持てなくなって引きこもってしまったんです」 情緒が不安定になったリリは両親の勧めで精神科を訪れた。「そしたら『タイガーウッズと同じ』って言われて。浮気症とかセックス依存症って。でも安定剤は怖くて飲めなかった。そんなウツウツとしている私を見て親ももう諦めたみたいで。だったら好きなことしなさいって。そういうのもあったので私が水商売や風俗に走るんじゃないのかなって考えていたみたいなんです」 リリは自らの性欲を持て余していた。とはいえそこは自慰では我慢ならなかったのだろうか。「オナニーはしない。オナニーで解消できるかなって思ったんですけど性欲が発散できないんですよ。ムラムラが爆発しそうで。『男でも女でも誰でもいい!』って思っちゃう!撮影でもオナニーシーンは本当に苦手なんです。一度は『スタッフや監督、男性のオチンチンが目の前にあるのにどうして挿れられないの!』って現場で泣いたこともありますよ、えへへ」
「(アダルトビデオ)AVメーカー各社は利益を確保するため、新作を増やし、次々と新人をデビューさせないといけない。さらに『誰もやったことのない過激さ』がユーザーから求められる。そうした中で、女性をだまして出演させたり、やり過ぎとも思える性行為が行われたりしている。ギャラを女優に渡さないなど目に余る行為もあるようだ」約30年間、AV制作に携わり業界トップの一人とされる男性は、取材にそう証言した。AV業界は数千億円規模の産業とされるが、近年は海外アダルトサイトに日本製AVが無断でアップされたり、自主規制団体の審査を通っていない無修正動画が簡単に出回ったりするなど、業界を取り巻く状況は厳しくなっているという。AVや無修正動画の年間制作数は不明だが、この男性によると、少なくとも年間2千本、500人の新人女優が毎年デビューしているという。一部には「年間2千~3千人がデビューしている」とする推計もあるほどだ。「女優はプロダクションが制作メーカーに派遣する。“出演の合意がある”という建前なので、メーカー側は女優とトラブルが起きても『プロダクションと話し合って』と責任を取らない。プロダクション側も『出演契約を結んでいる』と強弁する。出演の発覚を恐れて訴え出ることもできず、結局は女性たちが泣き寝入りすることになる」
「あなたは美しい。モデルになりませんか?」甘い言葉で巧みに若い女性を騙し、アダルトビデオに強制的に出演させるという事件が日本国内で多発している。 この事件について、日本を拠点とする国際人権NGOのヒューマンライツ・ナウは調査報告書「日本:強要されるアダルトビデオ撮影 ポルノ・アダルトビデオ産業が生み出す女性・少女に対する人権侵害」を発表、同産業をとりまく法整備の必要性を訴えている。なかには、被害者を密室に閉じこめ無理やり契約書にサインさせたり、撮影直前まで内容を明かさず“実質的に強姦事件を撮影したのと同じ”と言える極めて悪質な事例もあり、日本国内のみならず海外メディアからも注目を集めた。英デイリー・メール紙は、「日本のポルノ産業は年間5,000億円の規模で、年間約20,000本を撮影している」「日本ではポルノグラフィが広く一般に普及しており、一部の有名ポルノ女優はメインストリームのバラエティ番組や週刊誌のコメンテーターとして出演することもある」と紹介。英インデペンデント紙も、「グローバル全体のポルノ産業の規模が970億ドル。その内、日本が占める割合は約44億ドル」として、日本においてポルノ産業がいかに巨大であるかを具体的なデータを挙げて強調した。この事件とは別に、今日本では“JKビジネス”も問題視されている。「JK散歩」「JKリフレ」などが代表的で、女子高生と散歩したりリフレクソロジーを受けるという、性風俗まではいかないグレーゾーンのサービスだ。米CNNは2015年12月28日付のJKビジネスに関する記事の中で、米国務省の人身売買報告書から「組織的かつ悪質な売春ネットワークが日本の少女を狙っている」「援助交際が日本の子供による売春を助長している」という文を引用して紹介。しかし、多くの日本人にとっては、人身売買と言われてもどこか遠い国のことのように思えて、ピンとこないのではないだろうか。日本の性ビジネスには、「援助交際」「JK散歩」など、ふんわりとした言葉が多く用いられている。そのためか、日本社会の反応は、海外報道よりもどこか深刻さに欠けているように見える。
国際人権NGOのヒューマンライツ・ナウが、女性がAVへの出演を強要される被害が相次いでいるという調査報告書を3月3日に公表。そこには、グラビアモデルとしてスカウトされた女性は、事務所からAVの仕事を告げられて断わると、「高額の違約金が発生する」と脅され出演させられた。複数の男性に囲まれAV出演を強要させられた女性は、複数の作品に出演した後、事務所との契約解除に至ったが、出演作が販売されつづけることに精神的に追い詰められ、自殺した。といった被害事例が紹介されていた。調査を実施した「ポルノ被害と性暴力を考える会」の担当者がいう。「2014年から現在まで138件の相談がありました。大半が20歳前後の女性です。『アイドルになれる』と偽って契約書を交わし、AV出演を拒むと『仕事でしょ』と脅す手口がほとんど。AVを観たことすらない女性も少なくありません。先日は19歳の女子大生が、『ヘアモデルにならないか』と誘われて事務所に行ったら、AV出演の仕事だった、と相談を受けたばかりです」報告書の内容は一般紙でも大きく報じられたが、現役女優からは異論が上がった。人気女優の藤本梨花はツイッターで〈全然実際を知らない第三者が、あたかも知ったかぶりのお顔で、色んなこと言っちゃってたんですねー。これが本当の、いらんお節介、余計なお世話。ってやつですわ。苦笑〉〈強要、無理矢理、は本当によく分からないし、そんな人、見たこと無い〉とつぶやいた。藤本はある女優に憧れて自ら志願したというが、昨今の新人勧誘事情について、中堅プロダクション社長はこう話す。「事務所HPを通じて毎日数件の応募メールが届く。深夜番組でアイドル扱いされ、ブログやツイッターで撮影現場を楽しそうに報告するAV女優に憧れる女性が多い。最近の若い女の子は中高生の頃からスマホでアダルト動画に親しんでいるから、我々よりもAV女優やメーカー名に詳しくて驚かされます。『3Pをやってみたい』とか『100人以上に顔射されたい』なんて本気でいう好奇心旺盛な子もいて戸惑うほどです」性をめぐって日本の若い女性が二極化しているのかもしれない。
現在、常時約8000人が活動しているといわれるAV女優という職業。当然、人の出入りも激しく毎年引退する者も多く出ている。彼女たちはその後の人生をどのような職業で過ごし、日々何を思い生活しているのだろうか? 元AV女優たちのリアルに迫った!活動の選択肢は広がるが、肩書だけでは簡単に生き残れない【芸能関係】しじみさん 元AV女優というキャリアを生かし、飯島愛や及川奈央のように芸能界に活躍の場を求めるケースは多い。「AV時代のファンはほとんどいないですよ」と語るのは、持田茜として24歳で引退し、役者へと転向した しじみさん(32歳)だ。「年を重ねるごとにAVの仕事は激減。引退後はVシネの仕事などもしながら役者を目指したのですが、最終的には東中野で家賃2万円のアパート暮らし。貧乏役者生活も楽しかったけど、28歳まで売れる気配もなくて、『就職しよう』と地元に帰りました。でも、NGなしのAV女優をしてた私には、普通の仕事は物足りない。結局、また今年1月に上京してきて、イチから役者を目指しています」 引退後もファンを掴み続けられるかが活動の明暗を分けそうだ。
 週刊誌的洗礼、というのがあって、誰しも初めてはなかなか度肝を抜かれる。それは、それなりに慎重でそれなりに脇の甘い、フツウの一般社会人が「そんなことはさすがにしないであろう」とごくフツウの感覚で考えることをいとも簡単に飛び越え、少しでも見えた脇の甘さからこぼれ出るものを、サラッと攫っていく根性にある。以前、週刊文春出身の勝谷誠彦氏が週刊朝日の橋下徹氏に関する記事に対する意見を求められ「週刊誌記者としての訓練」という言葉を使っておられた。要は新聞記者になくて、週刊誌記者にあるものについて示唆していたのだと思うのだが、当時、大手新聞社記者というある意味では温室育ちの立場にあった私は、何故か甚くその言葉に感化され、それは一体何であるのか考えた。当時の私のぬるい脳みそでは、危険なこともちょっと飛ばして書くくらいの度胸や、危険すれすれを見極める眼力くらいにしか想像力が及ばなかったが、今から再考するに、おそらくそれは一部に、或いは多くに嫌われることへの尋常ではない腹積もりなのではないかと思っている。これ、別に罵詈雑言めいた記事を書いて公人に嫌われるとか、書かないで欲しいプライベートに踏み込んで芸能人に嫌われるとかいうことだけじゃなく。私が自分の身体をもって週刊誌的洗礼を受けたといえば、新聞社を退社した直後、週刊文春に「日経新聞記者はAV女優だった!」との見出しで経歴を書かれた時であろうか。私は雑誌発売のつい数日前に(というかもう明日校了です、という状態の時に)、同誌編集者と記者から直接電話がかかってきて、逃げ惑うに逃げられず取材を受けたのだが、当時はその強引な取材方法に、品のいい新聞記者としてはちょっと驚きもした。まず、文春の文芸誌にいる付き合いのある編集者から、「文藝春秋」誌の編集に連絡先を教えていいか、という連絡があり(後で分かったのだが、その編集者さん自体もちょっとハメられていたようで)、月刊誌から連絡があると思い込んでいたところに週刊誌記者より電話。まるでフツウの日常会話のように「そういえば日経やめたんですね〜」「元AVだったんですよね?たしか」と会話が進み、気づけば掴まれていた事実の裏とり作業につきあっていた。
現在、常時約8000人が活動しているといわれるAV女優という職業。当然、人の出入りも激しく毎年引退する者も多く出ている。彼女たちはその後の人生をどのような職業で過ごし、日々何を思い生活しているのだろうか?顔見知りの特権をフルに活用!業界に残り安定収入!?【AV裏方業務】業界から完全に足を洗う女性がいる一方で、女優だった頃のコネクションを最大限に活用し、AV専門プロダクションの社長になったり、スタイリストや監督など「撮られる側から撮る側」へと、裏方業務に回る女優たちも増えている。今回の取材を受けてくれた水嶋あいさんもその一人。現役時代はおよそ300本以上の作品に出演し、今ではAV専門のヘアメイクとして現場を飛び回っている。「もともと美容系の仕事にも興味があったので、現役時代からメイクの学校に通っていました。両立は大変だったけど、女優として呼ばれるいろんな現場で、『実はメイクを勉強してる』って話すと、『じゃあ今度ウチの現場に来てよ』と仕事に直結することも多くて。女優業をやりながら同時に自然と営業にも繋がったので効率もよかったんですよね。収入は現役時代より減りましたが、一般のサラリーマンぐらいは稼ぎます。昔から顔見知りのスタッフさんも多いので信頼関係もできてるし、勝手知った現場だから、『撮影の流れを止めない、使えるメイク』として重宝していただいています」業界を知り尽くしているからこそ、その行く末にもぬかりはない。「現役の頃の人脈で今は安定してるけど、数年前に比べて業界全体が縮小してる気がします。経費削減でスタッフの数も減ってるし、この先いつ呼ばれなくなるかわからない。だから私も現状に満足するんじゃなく、今はマッサージやいろんな資格の勉強もしてます。業界の空気に敏感になるからこそ、別業界への転職を考えてる元女優の裏方さんも増えてますね」
劇場版シリーズ第20弾となる「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」と松崎しげるがコラボレーションした“ブラックビジュアル”が公開された。「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」松崎しげる版“ブラックビジュアル”「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」松崎しげる版“ブラックビジュアル”これは、劇中に登場する“黒ずくめの組織”がさまざまなものをジャックし、黒く染めていく「BLACK IMPACT PROJECT」の一環として行われたもの。芸能界における“黒の代名詞”ということで依頼を受けた松崎は「色が黒いだけでこんなオファーがあるというのはびっくり」と驚きつつも、「アニメは子供達と一緒によく見ているので、日本を代表するヒーロー・コナン君と一緒にコラボできるのは、狂喜乱舞、最高に嬉しい! 父としての威厳が保てます」と快諾した。江戸川コナン(左)と松崎しげる(右)。江戸川コナン(左)と松崎しげる(右)。コナンになりきった松崎の顔が暗闇に浮かぶビジュアルには、黒ずくめの組織のメンバーの名に続いて「and Shigeru」とさりげなくクレジットされている。本日4月9日限定で映画公式サイトのトップページが“松崎しげる仕様”にジャックされるほか、「名探偵コナン公式アプリ」では11日9時59分まで限定壁紙をプレゼント中だ。黒といえば松崎しげる、松崎しげるといえば黒!長く芸能界をやってきて、色が黒いだけでこんなオファーがあるというのはびっくりなところですが、アニメは子供達と一緒によく見ているので、日本を代表するヒーロー・コナン君と一緒にコラボできるのは、狂喜乱舞、最高に嬉しい! 父としての威厳が保てます。もう66歳になりますが、いいオヤジがコナン君と共に仕事ができるというのは、若返りの秘訣の1つですね。是非! 今年は劇場版「名探偵コナン」を、映画館に観にコナン(来ない)とね!(笑)
2006年に10周年記念2時間半スペシャルとして放送された「ブラックインパクト織の手が届く瞬間」を4本のデジタルリマスター版に再編集。3月19日からのこのシリーズが本日4月9日(土)放送で遂に完結?今回の「ブラックインパクト(デジタルリマスター)」シリーズは2時間半スペシャルを4週連続のシリーズ用にカッティングしたもの。このシリーズを見れば黒ずくめの組織に関連するキャラクターがわかる作品。黒ずくめの組織は午後1時に次の衆議院選に出馬する土門を杯戸公園で暗殺しようと計画するが、コナンとジョディはこの計画の暗号を解読して公園へと急ぐ。公園では腕利きスナイパーのキャンティ、コルンは近くの建物の屋上からライフルを構え野次馬に囲まれている土門を狙っていたが、コナンのアイデアでジョディはサイレンサーを付けた拳銃でスプリンクラーを撃ち、土門の周りの人々は雨が降ってきたと勘違いして傘を差し始め、ジンは傘越しでは命中する確率が下がるため、狙撃の中止をキャンティとコルンに伝え、何とか狙撃を阻止する事に成功する。そして廃工場に集まり、新たな暗殺の計画を企てる、ジン、ウォッカ、キャンティ、コルン、ベルモット、怜奈を、コナンは耳を澄まして会話を盗聴すし、ベインBという橋で実行される新たな暗殺計画を知る。コナンはベインBがどの橋かを特定し、先回りして暗殺を阻止しようと考えるが…。黒ずくめの組織は新たにベインBで土門を暗殺する計画を立て、コナンはこの暗号を解読して暗殺する場所を特定し、コナン、ジョディは先回りして、組織と合流前に怜奈(キール)と接触。逃げようとする怜奈はバイクで転倒して病院へ。その頃、ジンは怜奈が脱いだ靴を調べ、盗聴器と発信機を発見。ジンは土門の暗殺計画を中止し、標的を小五郎に変更する。コナンは盗聴器、発信機の事がバレたと察して小五郎を助けに行くが…。果たしてコナンたちはこの暗殺計画を阻止して、小五郎のピンチを救うことが出来るのか?「名探偵コナン」ブラックインパクトIVは、4月9日(土)午後 6:00より読売テレビ・日本テレビ系で放送される。
4月16日公開となる劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』の完成披露舞台あいさつが4日、都内・イイノホールにて開催された。イベントには、江戸川コナン役・高山みなみ、毛利蘭役・山崎和佳奈、毛利小五郎役・小山力也らレギュラー声優陣をはじめ、人気ロボットアニメ『機動戦士ガンダム』でも共演していた赤井秀一役・池田秀一と安室透役・古谷徹、さらにゲスト声優を務める女優の天海祐希が参加。185倍の倍率の抽選で選ばれた観客を前に、出演者たちは宝塚歌劇団の大階段をイメージした真っ赤な階段から登場し、舞台あいさつを行った。劇場版『名探偵コナン』20作目となる本作。高山は、「自分たちとしては、年数や冊数にかかわらず、毎年ベストを出していこうという感じでした。でも、まわりのみなさんの期待感、スタッフの熱の入れようがすごかった」とコメント。冒頭には過去の作品を振り返る映像が流れ、「20年、みんなで作り上げてきたんだな」と感慨深げに語った。イベントでは、池田と古谷の大ファンであるという天海が、「私を口説いていただいてもよろしいですか?」とリクエストするひと幕も。数々の作品で声優を務めてきた2人が、どのキャラクターのどんな台詞を発するのか注目が集まる中、古谷は「僕は、あなたをずっと思っていました。ゆりちゃーん!」と『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイの声でストレートに告白。なお、「"ゆりちゃん"というのは、宝塚時代の天海さんのファンの方たちからの呼び名です。僕もファンだったので」と、古谷自身が呼称を説明し、夫婦そろって観劇に行くほど天海のファンであったことを明かした。対する池田から、同じく『ガンダム』で、シャア・アズナブルが妹であるセイラ・マスに放った「いい女になるのだな」という劇中屈指の名台詞が飛び出すと、会場はこの日一番の盛り上がりに。「一生忘れられない日になりました」と感動する天海は、「映画が始まる前に盛り上がってしまって、すみません。映画はこれ以上の盛り上がりがありますから」と作品をアピールした。『名探偵コナン 純黒の悪夢』は、原作コミックでもいまだに明かされていない、黒ずくめの組織の内部についても描かれることから大きな話題に。最後には高山が、「みなさんの"コナン愛"に支えられて頑張っています。これからも大きな愛で見つめていてください」とファンへの感謝の言葉でイベントを締めくくった。
株式会社SCRAP(所在地:東京都渋谷区、代表者:加藤隆生)は「名探偵コナン」と「リアル脱出ゲーム」の新たな強力コラボイベント「黒き暗殺者(アサシン)からの脱出」を、2016年3月18日(金)より東京、大阪、名古屋、札幌、福岡など全国47都道府県にて順次開催しております。その開催を記念して4月16日(土)に実際の街中を使ったイベント「名探偵コナンの『犯人』を追え!」を実施いたします。本イベントは、いわばボードゲーム「スコットランドヤード」をリアルに行う「リアルスコットランドヤード」! なんと名探偵コナンに登場する全身黒ずくめの「犯人」が都内に出現し、それを同じく街中を徘徊する「探偵」と「刑事」が追い詰めます。彼らに的確な指示を出し、犯人を追跡するプレイヤーはあなた! Twitterに投稿される内容を頼りに情報を割り出し、探偵や刑事に移動の指示を出していきます。探偵チーム、刑事チームに分かれ、制限時間内により多くの犯人を捕まえた方が勝利となります。プレイヤーは応援したい方のチームの暗号解読班になって彼らの追跡をサポートします。どちらのチームが勝利するかはあなたの協力にかかっています。イベントは2016年4月16日(土)13:30からスタート。犯人や探偵、刑事のTwitterにご注目ください。リアル脱出ゲーム×名探偵コナンFILE.「黒き暗殺者からの脱出」開催記念イベント名探偵コナンの『犯人』を追え!
先月26日、歌手の倉木麻衣が自身のブログに、「コナンになりきってみました」と、アニメ『名探偵コナン』の主人公・江戸川コナンになりきったメガネ姿を披露。ファンから「可愛すぎる!」「名探偵麻衣ちゃんの活躍も見てみたい」などと絶賛されているようだ。「今年でテレビアニメ放映20周年を迎える『名探偵コナン』ですが、倉木は2000年に発売した3rdシングル『Secret of my heart』(GIZA studio)が、エンディング曲に採用されて以降、劇場版も含めると、これまでに18曲もの楽曲がタイアップされ、オリコンによる同アニメ関連のシングル売上では、16年現在歴代1位を記録。第238話『大阪”3つのK”事件』で、アニメ化されて登場したこともあるなど、コナンとは縁が深く、倉木自身がブログに綴っているように、子供達から『あっ?! コナンのお姉ちゃんだぁ!』と呼ばれることも多いようです。そんなこともあり、『20周年記念をお祝いして!! 特別に初!! コナンになりきってみました!(笑)コんナンできあがりました』と、ブログで、コナンになりきった姿を披露すると、『ダジャレさむいよ』というツッコミもありつつ、ファンは大盛り上がり。5月1日と6日に大阪と東京で行われる『TV&MOVIE20周年記念『名探偵コナン』コンサート2016』にゲスト出演することも決まっているため、ファンからは『コンサートでも、コナンになりきって登場してくれないかな』『メガネだけじゃなく、衣装も揃えて完璧なコスプレ姿が見たい』などといった期待も高まっているようです」(芸能関係者)1999年にデビューして以降、トップクラスの人気を今でも継続して活躍している倉木だが、全てが順風満帆というわけではなかった。「倉木に先んじて『Automatic/time will tell』(東芝EMI)でデビューを果たしていた宇多田ヒカルに似ていると指摘する声は、倉木がデビューしてすぐに、宇多田ファンの間では上がっていたのですが、音楽番組『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』(フジテレビ系)に宇多田が出演した際、ダウンタウン・浜田雅功が『最近お前のパクリが出てきてるやん。あれ、どう思う? あれ間違いなくお前のパクリやと思うねん』と発言し、宇多田も同調するような発言をしたことで、全国的な騒動に。これを見た倉木はショックを受け、一時期は、大学へ登校できなくなるほどの精神状態に陥ってしまったようです。また、倉木といえば、一文字違いの“倉本麻衣”というソックリAV女優の存在も話題となりました。“○○にソックリ”という謳い文句で活躍するAV女優は少なくないのですが、倉本の場合、特殊だったのが、プロデューサーを務めたのが、倉木の実父である山前五十洋であったこと。マスコミが“史上最低の父親”と叩くと、倉木ファンも『恥ずかしくないのか!』と追従して騒動に。しかし、そういったことを乗り越えてきたからこそ倉木は『年齢を重ねるごとに歌手として深みが増している』とファンから愛され、現在では日本だけでなくアジア諸国での人気も獲得しているようです」(同)今年2月、倉本麻衣は日刊ゲンダイからインタビューを受け、その姿も掲載されたのだが、39歳となった(インタビュー内で3歳サバを読んでいたことを告白)現在の姿に、ネット上では「倉木麻衣とは似ても似つかない」「劣化」などと、辛辣な意見が飛び交っているようだ。
劇場版「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」が4月16日にいよいよ公開されます! 第20作目の劇場版ということで、とうとう影の主役と目されていた「黒ずくめの組織」を構成するメンバーたちがたくさん登場します。そこで思わず「へ〜」と言ってしまう「黒ずくめの組織」にまつわるトリビアをご紹介!1994年に「週刊少年サンデー」(小学館)で連載が始まり、最新88巻が2015年12月18日に刊行されている「名探偵コナン」。「黒ずくめの組織」のボス「あの方」の正体は現在まで明らかになっていません。ところが作者の青山剛昌氏によると、ボス「あの方」の名前もしくはコードネームが原作のどこかに既に出てきているというのです。この発言の時期からすると単行本53巻(FILE.8)までに名前(コードネーム)が登場した人物ということになります。根強い予想があるのは阿笠博士でしたが、作者本人に否定されています。その他で信憑性の高い人物は、FBI捜査官のジェイムズ・ブラック。ホームズの宿敵「ジェームズ・モリアーティ」とファーストネームが同じであり、ボスが赤井の存在を恐れていることから、赤井と関係のあった人物であることなど、根拠が様々挙げられます。もう一人疑いが大きい人物は、灰原哀(宮野志保/シェリー)の事故死したはずの母親で、元「黒の組織」のメンバー・宮野エレーナ。灰原が「あの方の正体は、到底信じ難い意外な人物かもしれない」と発言していることからも、「あの方」と予想されています。他にも怪しい人物はたくさんいるので、一体誰がボスなのか気になるところです。「黒ずくめの組織」はボスである「あの方」をトップにジン(黒澤陣?)、ウォッカ(魚塚三郎?)、ベルモット(シャロン・ヴィンヤード)、バーボン(降谷零)らで構成されています。ジンが飲ませた毒薬「APTX4869」によって新一の体は幼児化したわけですが、そもそも「黒の組織」の目的とは何でしょうか? 「APTX4869」の開発目的は「若返り」の可能性がありますが、組織の目的自体は「不老不死」ではないと作者が語っています。また組織は半世紀前から「極秘プロジェクト」に取り組んでおり、真の目的は「死者の蘇生」ではないかという可能性も匂わています。現時点では組織の真の目的も明らかではありませんので、予想しながら振り返ると楽しいですね!「黒ずくめの組織」には他にもキール(本堂瑛海)やキャンティ、コルンなどがいますが、ジン以上の大物で、FBI捜査官の赤井秀一も潜入捜査の際に噂を耳にしたという人物がラムです。あの方(ボス)の側近と言われていますが、灰原哀も組織にいたときに会ったことはありません。目撃証言としては、屈強な大男、女のような男、老人、すべて影武者、左右いずれかが義眼とバラバラで、こちらも現在のところ正体は不明です。抑えるべきポイントは「RUM」という横文字表記によるアナグラム。そして最新劇場版「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」には記憶を失った謎の女性が登場します。しかも瞳の色が左右で異なるオッドアイ! もしかしたら劇場版でラムの正体が明らかになる可能性もありますね!music.jpでは最新劇場版の公開を記念して、「名探偵コナン 黒ずくめの組織パック」の配信をスタートします。期間限定の購入割引あり! 抽選で劇場版「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」のチケットが当たるプレゼントもご用意! 映画のおさらいになるうえチケットが当たるかもしれない? 何ともお得なこの機会をぜひお見逃しなく!
倉木麻衣が5月、東京および大阪で開催される<TV&MOVIE20周年記念『名探偵コナン』コンサート2016>にスペシャルゲストとして出演することが明かとなった。<『名探偵コナン』コンサート2016>は多くの⼈に愛され続けてきた『名探偵コナン』20周年を記念し、歴代の名曲をスペシャルオーケストラの演奏によって鮮やかに蘇らせる初のコンサートとなるもの。2016年5月1日(日)に大阪城ホール、5月6⽇(⾦)に東京国際フォーラムホールAで開催される。スペシャルゲストとして出演する倉木麻衣はオーケストラの演奏にのせて、「Time after time ~花舞う街で~」「Secret of my heart」「always」などを披露する予定だ。このほか、ZARDやGARNET CROWなどの楽曲がオーケストラ演奏で披露されることも決定している。なお、当日はTVアニメ&劇場版に登場したキャラクターも映像にて多数出演するほか、『名探偵コナン』ならではの演出やサプライズ企画なども予定されているとのことだ。以下、倉木麻衣から到着したコメントをお届けしたい。「『名探偵コナン』TVアニメ&劇場版20周年、本当におめでとうございます!!大好きなコナンくんとの初コラボは私の3rdシングル「Secret of my heart」でしたが、エンディングテーマの決定の知らせを聞いたときは本当に驚きました。デビューしてからまだ間もなくてデビューの実感も湧いていない時期でしたが、「Secret of my heart」が流れるエンディングをテレビで見たときは、感動して胸がいっぱいになったのを今でもはっきり覚えています。この曲とのこの時のコラボが、その後沢山のファンの方に出会うきっかけも与えてくれて、私にとって大切な一曲になっています。本当に素晴らしい機会をいただき、ありがとうございました。あれから今までに18曲もコナンくんとご一緒させていただいていることに、心から感謝しています。どの作品も思い出深く、私の宝物です。今回、「名探偵コナン」の魅力がいっぱい詰まったオーケストラ・コンサートでご一緒させていただけることになり、大変嬉しく光栄に思っています。「名探偵コナン」ファンの方々とご一緒に20周年をお祝いし、コナンワールドを満喫できるステージ、私も今から楽しみです。皆さん、ぜひ一緒に楽しみましょう!」──倉木麻衣
Sorry, something went wrong. Reload?
Sorry, we cannot display this file.
Sorry, this file is invalid so it cannot be displayed.
テヘラン(ペルシア語: تهران ; Tehrān Tehran.ogg 発音[ヘルプ/ファイル]/teɦˈrɔːn/、英語:Tehran)は、西アジア、イランの首都でありかつテヘラン州の州都。人口12,223,598人。都市圏人口は13,413,348人に達する。
テヘランはイランの文化的中心でもあり、多数の博物館、美術館、宮殿、文化センター、高等教育機関を擁する。宗教的中心でもあり、モスクのみならず、キリスト教の教会やユダヤ教のシナゴーグも各所にみられる。住民の大多数はシーア派イスラム教徒。20世紀から21世紀にかけて、イラン各地から大量の人口流入があり人口が急増した[2]。テヘランの住民は、ペルシア人が大多数を占めている[3][4]。他にはアゼルバイジャン人、アルメニア人、ユダヤ人などもいる。住民の98.3%はペルシア語を話す[5]。
マシュハド(ペルシア語: مشهد ‎; Mashhad)はイラン第二の都市でシーア派の聖廟都市のひとつ。テヘランの東、約850kmに位置し、ラザヴィー・ホラーサーン州の州都である。2006年現在の人口は約250万人。日本語ではマシャド、マシュッハド、メシェド、メシェッド、マスハッド、マシュハッドなどと表記されるがいずれも著しい転訛。
エスファハーン(ペルシア語: اصفهان‎; Eṣfahān)は、イランの都市。エスファハーン州の州都。テヘランの南約340kmに位置する[1]。日本語では、慣例的にイスファハン、イスファハーンとも表記される[2]。古くからの政治・文化・交通の拠点であり[3]、16世紀末にサファヴィー朝の首都に定められ発展した。当時の繁栄は「エスファハーンは世界の半分(Esfahān nesf-e jahān ast、エスファハーン・ネスフェ・ジャハーン)」と賞賛され[4][注 1]、この街を訪れたヨーロッパの商人も繁栄の記録を残している。イラン人にとってエスファハーンは歴史的・文化的に重要な町であり[5]、町の美しさは「イランの真珠」と例えられる[6]。町は16世紀以前に建設された旧市街と、サファヴィー朝の王アッバース1世が建設した新市街で構成される。有名なイマーム・モスク(王のモスク[注 2])などがある新市街のイマーム広場(王の広場[注 2])は、ユネスコにより世界遺産に登録されている。町の住人は「倹約家」「吝嗇家」として良くも悪くも有名であり、他の地域の人間からは敬遠されることがある[7]。イランでは「エスファハーンはいいところだ。エスファハーン人さえいなければ」という住民を揶揄する言葉も知られている[8]。また、エスファハーンの人間は訛りが強いことでも知られ、言葉を聞いただけで容易に出身地が判別できるほどだと言われる[8]。
タブリーズ(ペルシア語: تبریز‎; Tabrīz)はイラン北西部の都市。東アーザルバーイジャーン州(東アゼルバイジャン州)の州都。人口は約140万人でイラン第4位。テヘランから約600km。サハンド山(3,710m)の北側、標高1350mに位置する。イランでも非常に古い歴史を持つ地域で[1]住民の多くはアゼルバイジャン人である。
シーラーズ(شیراز , Shīrāz)はイラン南西部の都市。ファールス州の州都。人口は1,050,000人(1996年)。ザグロス山脈中に位置し、海抜1486m。1750年から1794年まで、ザンド朝ペルシアの首都であった。町の名は、古くはエラム語でティラジシュ(Tiraziš)と書かれていた。ティラチス(tiračis)、あるいはチラチス(ćiračis)と呼ばれていたと考えられる。その名は、シラージシュ(širājiš)として古代ペルシア語に入り、音変化を経て、現代ペルシア語のシーラーズ(Shirāz)となった。セメント製造や、砂糖、肥料、繊維製品、木製品、金属加工などの生産が主な産業。シーラーズはイランの電気産業や石油精製の一大拠点でもある。また、絨毯や花卉栽培でも有名。
アーバーダーン(ペルシア語: آبادان‎; Ābādan)は、イラン南西部、フーゼスターン州にある都市。シャッタルアラブ川(西側)とカールーン川(東側)が作り出すアバダーン島に位置する。ペルシャ湾からは53km。人口415,139人(2006年)。20世紀初頭までは寒村に過ぎず、1910年における人口は400人であった。その後、当地で石油の採掘が開始されたことにより、急激に発展した。1912年に完成したアーバーダーン製油所はかつては世界最大の規模を誇った。第二次大戦中には英ソ連合軍の侵攻を、イラン・イラク戦争中の1980年から1981年にかけてイラク軍の侵攻を受けている。1953年には日章丸事件の舞台となった。
アフヴァーズ(ペルシア語: اهواز‎; Ahvāz)は、イランの都市の一つ。フーゼスターン州の州都で最大都市。日本では一般にアフワズと呼ばれる。人口は841,145人(2006年)。州中央部、カールーン川の岸辺にある。カールーン川の右岸は市の産業の中心で、左岸は昔の町並みが残る住宅地である。
アフマダーバード(英語: Ahmadabad, グジャラート語: અમદાવાદ, ウルドゥー語: احمد آباد‎)はインド西部、グジャラート州の主要都市。2011年の都市的地域の人口は635万人であり、世界第47位、同国では第7位である[3][2]。農業、綿織物業が盛ん。イスラーム教徒が比較的多く(住民の2割程度)、多くのモスクが建てられている。ジャイナ教の寺院も多い。近代的な都市で郊外に工場が多く、経済的には恵まれている。アフマダーバード周辺には階段井戸(英語版)(バーオリー)が多く見られる。
アルダビール(ペルシア語: اردبیل‎; Ardabīl)はイラン北西部の歴史的都市。アルダビールの名はおそらくゾロアスター教の聖地を意味する「アルタヴィル」に由来する[1]。アルダビール州の州都であり、人口は340,386人。住民の大多数は民族的にアゼリーである。伝統的に絹および絨毯交易で名が知られ、古来のアルダビール絨毯はペルシア絨毯のなかでも最良のものとされる。アルダビールはサファヴィー朝の名祖たるシャイフ・サフィーユッディーンの聖廟の在所でもある。
イーラーム(ペルシア語: ایلام‎: Īlām)はイラン西部、イーラーム州の州都。近傍にはイラクとの国境をなすカビール山脈(英語版)とキャルハ川(英語版)が走る。人口は2006年の推計で142,330人。シーア派クルド人が多数派である[要出典]。
オルーミーイェ(ペルシア語: ارومیه‎; Orūmīyeh, アゼリー語: Urmu, Urumiyə,Urmiye, Wurmê, クルド語: Wirmê, Urmîya, アラム語: ܐܘܪܡܝܐ; 以前にはレザーイーイェرضائیهと呼ばれた)は、イラン北西部の都市で、西アーザルバーイジャーン州の州都。また同名のシャフレスターン(郡)。トルコ国境に近いオルーミーイェ湖西岸に位置する。人口は2005年の概算で602,403人[1]。日本語ではトルコ語やシリア語および欧米諸語を経てのウルミア、ウルミーヤ、ウルミエ、オルミア、オルミーヤなど著しくさまざまな表記がある。
カーシャーン(کاشان:Kāshān)はイランのエスファハーン州にある都市である。قاشان(Qāshān)とも書かれる。人口の推計は272,359人(2005年現在)。都市名の語源はペルシア語の単語のKāshī(化粧タイルの意味)から来ている。カーシャーンは、イラン中央のカヴィール砂漠の端に沿って走る、コム - ケルマーン道の道沿いの場所にある。
ガズヴィーン(ペルシア語: قزوین‎; Qazvīn、前近代ペルシア語ではカズウィーン)はイラン・ガズヴィーン州最大の都市で州都。人口は2005年の統計で331,409人[1]。
キャラジは、イランアルボルズ州の州都である。カラジとも表記する。テヘランの西20kmに位置し、アルボルズ山脈の麓にある。人口は、1,967,005人(2011年調査)、テヘラン、マシュハド、エスファハーンに続いて、イラン国内4番目である。キャラジは、旅行の魅力と一緒に、学問と教育の複合体としてとても有名である。
ケルマーン(ペルシア語: کرمان‎; Kermān)はイランの都市。ケルマーン州の州都である。首都テヘランの南東1076km、広大な平原上に位置する。人口は2005年の推計で533,799人[1]。
ケルマーンシャー(ペルシア語: کرمانشاه‎; Kermānshāh)は、イランのケルマーンシャー州の都市である。ケルマーンシャー州の州都である。イラン西部に位置し、テヘランから525kmの距離にあり、イラクとの国境からおよそ120kmの距離にある。 ケルマーンシャーの気候は大陸性気候である。人口は822,921人(2005年推計値)である。住人の大部分は、ペルシア語かクルド語を話す。宗教は多様であり、イスラム教、アッシリア東方教会、バハーイー教、ユダヤ教、アルメニア教会の人々がおり、イスラム教シーア派の人数が一番多い。
ブリュッセル=共同】ベルギー当局は8日、3月の同時テロに関連し5人を拘束した。検察が発表した。このうち、昨年11月のパリ同時多発テロに絡んで国際手配されたモハメド・アブリニ容疑者(31)について公共放送は、ベルギー同時テロでブリュッセル国際空港から逃走した実行犯の可能性が高いと報道。検察はこの実行犯かどうかを含め、拘束した容疑者らの役割解明に全力を挙げている。ベルガ通信は9日までに、さらに1人が拘束されたと伝えた。同容疑者が、パリのテロで実行犯の1人とされるサラ・アブデスラム容疑者(26)=ベルギー当局が逮捕=と共に自爆犯の宿泊先を手配するなど「後方任務」を果たしていたことも判明。同国際空港で自爆したナジム・ラーシュラウィ容疑者がパリのテロの爆弾製造役とみられるなど、二つのテロには密接なつながりがある。検察の発表によると、ほかに拘束されたのは「オサマ・K」「エルベ・B・M」の2人と、身元が明らかにされていない2人。「オサマ・K」はオサマ・クライエム容疑者と報じられており、検察は、ベルギー同時テロで地下鉄マールベーク駅を出発直後の車内で自爆したハリド・バクラウィ容疑者と爆発前に一緒にいた男かどうか調べているとしている。クライエム容疑者は、空港でのテロで使われたバッグをブリュッセルのショッピングセンターで購入した可能性もある。検察などによると、アブリニ、クライエム両容疑者のDNA型が、ベルギー同時テロの実行犯の潜伏先だったブリュッセル首都圏スカールベーク地区のアパートで検出。アブリニ容疑者はパリ同時テロの2日前の昨年11月11日夜、フランス北部でアブデスラム容疑者と共にテロに使われた乗用車に乗っているところを監視カメラに撮影されていた。クライエム容疑者については、アブデスラム容疑者が昨年10月、ドイツ南部に車で迎えに行き、ベルギーに連れ戻したことがパリ同時テロの捜査で判明した。ベルギー同時テロではハリド容疑者の兄、ブラヒム容疑者も空港で自爆した。
先進7カ国(G7)外相会合に出席するため来日中のイタリアのジェンティローニ外相は9日、都内の伊大使館で報道陣に対し、会合で議論されるテロリズム対策について、「軍事的関与だけでなく、政治的、文化的、社会的な取り組みとともにテロに立ち向かう」と述べ、G7として多面的な対テロ対策をまとめる見通しを示した。ジェンティローニ氏は、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)などのテロ対応が「グローバルな課題」と位置づけ、「テロの根源」を絶つ必要性を指摘。若者らが過激思想に染まり、テロリストになる「過激化を防ぐ」には、社会や文化に働きかける取り組みも不可欠だとの認識を示した。こうした多面的なテロ対応が「(G7として)打ち出すメッセージになるだろう」と述べた。10、11日に広島市で開かれる会合で議論される地域問題で、ジェンティローニ氏は、シリアなどの中東情勢に加え、ISが勢力を伸ばすリビアについても採り上げる方針を示した。イタリアはリビアの旧宗主国。イタリアでは、地中海を挟んで対岸に位置するリビアから、多くの移民らが流入して問題となっている。
過激派組織IS=イスラミックステートを名乗る組織が5日、インターネット上に宣伝映像を出してヨーロッパ各地での新たなテロを予告し、組織の力を誇示しようというねらいがあるとみられます。過激派組織ISの支持者が運営するインターネットのサイトに5日、5分近くの新たな宣伝映像が掲載されました。この中では、戦闘のシーンなどとともにパリやブリュッセルなどで起きたテロの映像を映し、男の声で「これはキリスト教の国々へのメッセージだ」などと英語で話しています。そして「きのうはパリ、きょうはブリュッセル。そしてアラーはあすがどこかをご存じだ。おそらくロンドンかベルリンかローマだろう」などと話し、ヨーロッパでのさらなるテロを予告する内容となっています。
ISは先月22日にブリュッセルで起きた連続テロで犯行を認める声明を出していて、欧米諸国などで相次いでテロを引き起こしています。一方で、拠点のシリアやイラクでは欧米などの有志連合などの空爆や地上部隊の攻勢で支配地域を失い、このところ軍事的には劣勢に立たされています。このため、有志連合に加わるヨーロッパ諸国を「イスラムの敵」と名指ししてテロを予告することで組織の力を誇示し、さらに多くの支持者を集めようというねらいがあるとみられます。
ベルギー同時テロの捜査で8日拘束され、地下鉄での爆発に関与した疑いがある「オサマ・K」容疑者は、スウェーデン出身でシリアに渡航後、パリ同時多発テロの実行犯の一部と同様の経路で難民を装い欧州に戻っていた。9日付のベルギー各紙が伝えた。各紙は同容疑者の名前を「オサマ・クライエム」と伝えた。同時テロ後、関与の疑いがあるとして欧州各国に通知された「シリア中部ハマ出身の男」と同一人物だった。報道によると、容疑者はスウェーデン南部マルメ出身で1992年8月生まれの23歳。シリアに渡航し、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の旗の前で自動小銃を持った写真をフェイスブックに掲載していた。2015年9月、トルコから欧州へ渡る難民らの玄関口の一つとなっていたギリシャのレロス島に到着し、シリアの偽造旅券を提示したという。(共同)
トルコの首都で100人余りが犠牲になった爆弾テロ事件で、トルコの捜査当局は、爆発物の材料を運んだ疑いで、過激派組織IS=イスラミックステートのメンバーの男を逮捕しました。この事件は、去年10月、トルコの首都アンカラで、政府軍とクルド人武装組織の和平を訴えるデモが行われていた際、男2人が自爆して103人が死亡したものです。これまでに、2人はISとつながりのあるトルコ国内の組織に所属していたことが明らかになっていて、地元メディアによりますと、検察は7日、このテロに使われた爆発物の材料を運んだ疑いで、トルコ人でISのメンバーの男を新たに逮捕しました。トルコでは、治安当局が今月に入って、南東部のガジアンテプでISのメンバーら4人を拘束したほか、西部イズミールでもISのメンバー8人を逮捕するなど、各地で摘発を強化しています。さらに7日には、隣国シリア北部のISの支配地域から撃たれた砲弾2発がトルコ南東部のキリスの住宅などに着弾して住民1人がけがをし、トルコ軍が直ちに報復の砲撃を行いました。トルコ政府がISに対する捜査や軍事攻撃を強化している背景には、国民が相次ぐテロに不満を募らせるなか、ISに対して強硬な姿勢をとっていることを示すねらいがあるとみられます。
ベルギー検察は7日、空港の爆発現場から逃走する3人目の実行犯の新たな映像と逃走経路を公表し、情報提供を求めた。男は黒い帽子に白っぽいジャケット姿で、自爆死したイブラヒム・バクラウィ容疑者(29)らと一緒に空港の監視カメラに映っていた。新たな映像は、空港や街角に設置された複数の監視カメラの映像をつなぎあわせて作成している。男は空港から徒歩で立ち去り、ブリュッセル市内に向かって約2時間歩いた後、空港から南西に約12キロ離れた地点で行方が分からなくなった。爆発音で旅行客らが動揺する中、空港の敷地内を小走りで歩いたり、携帯電話で話したりする姿などが映されている。白っぽい上着は途中で捨てたとみられている。(ブリュッセル=吉田美智子)
8日、ロシアの特務機関は、ヴォルゴグラードで作戦を行い、テロ組織ダーイシュ(IS、イスラム国)のためにシリアでの戦闘に参加する要員のリクルートを行っていたグループを拘留した グループはロシアとカザフスタンの国境に位置する人口15万人の小さな町パラソフカで活動していた。FSB職員は5人を拘束。うちの1人がヴォルゴグラードでテロを計画していた。捜索で弾薬、爆発物や爆弾用部品、過激な宗教文書が見つかった。
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment