Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?

本資料はsakura.io体験ハンズオンで使用するリンクをまとめたものです。ハンズオンでの進行に合わせてご利用ください。

各リンクは別タブで開くようにして進めるとスムーズです。


目次


sakura.io 体験ハンズオン part1 リンク集

概要

本ハンズオンでは、sakura.ioのコンセプトをより深く体験いただくため、簡単なIoTサービスを構築します。

具体的には「温度センサとLEDを搭載するIoTデバイス」および「センサデータの可視化とデバイスの制御を行うサービス」を構築します。

スライド

本編リンク

【参考】開発者向けページ

【参考】モジュール&オプションのご購入

【参考】その他物品のご購入(秋月電子通商)


sakura.io 体験ハンズオン part2 リンク集

概要

本ハンズオンでは、sakura.ioのコンセプトをより深く体験いただくため、簡単なIoTサービスを構築します。Part1ではブレッドボードを利用していましたが、Part2では簡単に実施できるよう、「Grove」を使います。

具体的には「温度センサとLEDを搭載するIoTデバイス」および「センサデータの可視化とデバイスの制御を行うサービス」を構築します。

スライド

本編リンク

【参考】開発者向けページ

【参考】モジュール&オプションのご購入

【参考】その他物品のご購入(秋月電子通商&Seeed Studio)


Twilio&sakura.io 体験ハンズオン part1 リンク集

概要

本ハンズオンでは、sakura.ioに加えコミュニケーションAPIサービスである「Twilio(トゥイリオ)」を接続することで、ITリテラシによらない電話を始めとした様々なインタフェースとの連携を体験いただきます。

具体的には「温度センサとLEDを搭載するIoTデバイス」からのデータを元に、「センサデータの閾値超過を元に、電話への通知および制御を行うサービス」を構築します。part1ではコードを元に動作を定義できる「Twilio Functions」を使用します。

スライド

本編リンク

【参考】開発者向けページ

【参考】モジュール&オプションのご購入

【参考】その他物品のご購入(秋月電子通商)


Twilio&sakura.io 体験ハンズオン part2 リンク集

概要

本ハンズオンでは、sakura.ioに加えコミュニケーションAPIサービスである「Twilio(トゥイリオ)」を接続することで、ITリテラシによらない電話を始めとした様々なインタフェースとの連携を体験いただきます。

具体的には「温度センサとLEDを搭載するIoTデバイス」からのデータを元に、「センサデータの閾値超過を元に、電話への通知および制御を行うサービス」を構築します。part2ではドラッグアンドドロップで動作フローを作成できる「Twilio Studio」を使用し、細かな調整を実務部門が行えるようなDevOps環境をイメージしています。

スライド

本編リンク

【参考】開発者向けページ

【参考】モジュール&オプションのご購入

【参考】その他物品のご購入(秋月電子通商)


IBM Cloud&sakura.io 体験ハンズオン part2 リンク集

概要

本ハンズオンでは、sakura.ioに加え様々なIaaS/PaaSを提供する「IBM Cloud」と「IBM Watson」を接続することで、AIを用いた簡易的なシステムの構築を体験いただきます。

具体的には「スマートフォンからアップロードされた画像データ」を元に、「認識された対象に応じてデバイスを制御するサービス」を構築します。

スライド

本編リンク

【参考】開発者向けページ

【参考】モジュール&オプションのご購入

【参考】その他物品のご購入(秋月電子通商)


Microsoft Azure&sakura.io 体験ハンズオン part1 リンク集

概要

本ハンズオンでは、sakura.ioに加え様々なIaaS/PaaSを提供する「Microsoft Azure」を接続することで、センサーデータの活用を目的としたシステムの構築の入り口を体験いただきます。

具体的にはsakura.ioの連携を用いてAzureの「IoT Hub」と接続し、「BLOBストレージにセンサーデータが蓄積される環境」を構築します。

スライド

本編リンク

【参考】開発者向けページ

【参考】モジュール&オプションのご購入

【参考】その他物品のご購入(秋月電子通商&Seeed Studio)

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.