Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
UDP通信の機能を提供するC#クラス
/****
UDP通信クラス Hisashi Ishihara 2018/5/21更新
送信と受信のクライアントの生成,削除,送受信機能を提供するC#用クラスです.
---特徴---
・送信用ポート番号,送信先ポート番号,受信用ポート番号の三つのint型の値で初期化できます.
・送信は随時要求に応じて実施されます.
・受信は別スレッドの無限ループ内で自動的に繰り返し実施されます.
---使い方---
0. クラスの導入
・Visual Studioのソリューションエクスプローラでこのクラスファイルを追加し,namespaceをメインプログラムに合わせて修正します
1. 最低限の準備
・メインプログラムの冒頭でインスタンス生成 private UDP commUDP = new UDP(); //commUDPのところは何でもよい
・その後,良いところで初期設定 commUDP.init(int型の送信用ポート番号, int型の送信先ポート番号, int型の受信用ポート番号);
2.すると下記の機能が使えるようになります.
・UDP送信 commUDP.send(string型のメッセージ)
・UDP受信開始 commUDP.startReceive()
・UDP受信停止 commUDP.stopReceive()
・UDP受信した文字列の取得 commmUDP.rcvMsg
・終了処理 commUDP.end()
****/
using System.Text;
using System.Net;//for UDP
using System.Net.Sockets; //for UDP
using System.Threading;//for Interlocked
namespace ProptotypeControler //namespaceは本体に合わせて要修正
{
public class UDP
{
private UdpClient udpForSend; //送信用クライアント
private string remoteHost = "localhost";//送信先のIPアドレス
private int remotePort;//送信先のポート
private UdpClient udpForReceive; //受信用クライアント
public string rcvMsg = "ini";//受信メッセージ格納用
private System.Threading.Thread rcvThread; //受信用スレッド
public UDP()
{
}
public bool init(int port_snd, int port_to, int port_rcv) //UDP設定(送受信用ポートを開きつつ受信用スレッドを生成)
{
try
{
udpForSend = new UdpClient(port_snd); //送信用ポート
remotePort = port_to; //送信先ポート
udpForReceive = new UdpClient(port_rcv); //受信用ポート
rcvThread = new System.Threading.Thread(new System.Threading.ThreadStart(receive)); //受信スレッド生成
return true;
}
catch
{
return false;
}
}
public void send(string sendMsg) //文字列を送信用ポートから送信先ポートに送信
{
try
{
byte[] sendBytes = Encoding.ASCII.GetBytes(sendMsg);
udpForSend.Send(sendBytes, sendBytes.Length, remoteHost, remotePort);
}
catch{ }
}
public void receive() //受信スレッドで実行される関数
{
IPEndPoint remoteEP = null;//任意の送信元からのデータを受信
while (true)
{
try
{
byte[] rcvBytes = udpForReceive.Receive(ref remoteEP);
Interlocked.Exchange(ref rcvMsg, Encoding.ASCII.GetString(rcvBytes));
}
catch { }
}
}
public void start_receive() //受信スレッド開始
{
try
{
rcvThread.Start();
}
catch { }
}
public void stop_receive() //受信スレッドを停止
{
try
{
rcvThread.Interrupt();
}
catch { }
}
public void end() //送受信用ポートを閉じつつ受信用スレッドも廃止
{
try
{
udpForReceive.Close();
udpForSend.Close();
rcvThread.Abort();
}
catch { }
}
}
}
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment