Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

What would you like to do?
ubuntu開発環境構築のメモ

ディストリビューション

Ubuntu Desktop 16.04.2 LTS

ホームディレクトリを英語にする

日本語になってるフォルダの中身を空にしてから

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
  • Don't ask me this again

にチェックをいれて一応再起動

xdg-user-dirs-gtk-update

で戻せるらしい(未確認)

git

公式より

sudo apt-get install git
git config --global user.name "hoge"
git config --global user.email "huga@example.com"

GitHub

sshの登録
ssh-keygenは最初からあった(/usr/bin/ssh-keygenか?)

pyenv

もともとpython2.7と3.5が入ってる(/usr/lib/python3.5か?)けどpyvenvもpipも入ってない
pip前提のソフトとか入れるとうまくいかないかもなのでpyenvでシステムと環境を分ける
README読むとわかるけどこれもpyvenvと同じようにpathの前に追記してるだけ
README, Wiki

apt-get install make build-essential libssl-dev zlib1g-dev libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev wget curl llvm libncurses5-dev xz-utils  # インストール済みのものはスキップされる

git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv
echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bashrc
echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc  # 変更を反映
pyenv -v

pyenv install 3.6.0
pyenv install 2.7.13
pyenv rehash
pyenv global 2.7.13 3.6.0  # 同時に指定できる
python --version  # 2.7.13
python3 --version  # 3.6.0

pyenv global system  # 戻すとき
python --version # 2.7.12
python3 --version  # 3.5.3

sdkman

公式の手順
これ自身のインストールにもJavaが必要だけど最初から入ってた(/usr/share/javaか?)
これでインストールできるJavaはopenじゃなくてoracle
タイムアウトするようならここを参考に設定を変える
JavaとかScalaとかそれらのビルドツールも手に入る(パスも張ってくれるし切り替え可能)

Ubuntu Make

Ubuntuのパッケージとは独立してIDEなどを管理できる
Python3製, github

sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-desktop/ubuntu-make  # 公式のリポジトリは古いので
sudo apt install ubuntu-make
umake ide idea-ultimate  # IDEA-ultimate

IDEAの設定

AndroidStudio

sudo umake android

で環境は整うが、仮想端末を作成するにあたって64bitでは失敗するかも(mksdcard utility?)
~.AndroidStudio2.3/system/log/idea.logFailed to create sdcard in the AVD folder.
とか出てたらたぶんこれ
以前はia32-libsパッケージで解決したそうだが13.xxからサポートされなくなったらしい

sudo dpkg --add-architecture i386
sudo apt-get update
sudo apt-get install libc6:i386 libstdc++6:i386

とするととりあえず作成できた

他にも
libncurses5:i386,libgcc1:i386,zlib1g:i386,gcc-multilib,g++-multilib
などが必要になるケースもある模様
http://agekuno.hatenablog.com/entry/2014/10/22/190712
https://blog.teststation.org/ubuntu/2016/05/12/installing-32-bit-software-on-ubuntu-16.04/
http://stackoverflow.com/questions/3878445/ubuntu-error-failed-to-create-the-sd-card

AndroidStudioの設定

Docker

ちょっとテスト用に実行環境を作るのに重宝する
公式どおりに進めていくと リポジトリ追加後

sudo apt-get update

するとdockerのリポジトリでhostについてのエラーがでるかもしれないが続けて

sudo apt-get install docker-ce

してしまって問題ない

あとテスト用に使ってるとどんどんコンテナの残骸がたまっていくので

docker rm $(docker ps -a -q)

でたまに綺麗にする, ここにも書いてある

stack

Haskellの開発環境 github
ここが詳しい
これどおりにやればすぐ

3ds

Windowsのほうが楽そう
https://devkitpro.org/wiki/Getting_Started
https://smealum.github.io/ctrulib/index.html

gdebi

公式リポジトリにないソフトにはapt-getが使えない
dpkgで.debをいれてもいいけど依存関係を解消してくれない

sudo apt-get gdebi

インストールに使った.debを残しておけばアンインストールできる

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment