Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
まとめ:# Gitのゆるめな勉強会 vol.1

Gitのゆるめな勉強会まとめ

イベント概要

当日のハッシュタグ #gitkyoto

主催者さんがまとめてくれてました。感謝

当日使用したサンプルがこれ

http://www.initializr.com/

こんな感じになる

Timetable

13:00〜 (開場/受付)

13:30〜 挨拶など

14:00〜 【ワークショップ】Gitダウンロード

CUI仕組みの概念説明と一緒に(田中さん実演)

14:50〜 休憩

15:00〜 【ワークショップ】GitHubのデモンストレーション&実践

15:50〜 休憩

16:00〜

3時間

【大喜利】Git大喜利!

こんな使い方があった!

■GUIツールの説明(GUIとターミナルの組み合わせの効率化:SourceTree)(松野尾さん)

■CodaとGitの連携/C4SAで実際にやっているGithubからのデプロイ(菱川さん)

■WebStorm(PhpStorm)を使って、IDEだとこんなだよ(田中さん)

おすすめサーバー!

あるあるネタ

Gitの○○な話

飛び入り大喜利!

など。

インストール&初期設定

まずはインストール。GUIでおk

インストール

こっちからでもおk

インストール

詰まるポイント

うまくいかないときはターミナルを再起動。

再起動する事で認識する。

全てのアプリケーションを許可しないとインストール出来ない。

初期設定ではじかれる場合があるので権限を与えよう。

初期設定

$ git config --global user.name "hoge hogeya"

$ git config --global user.email hogehoge@gmail.com

パスが通らない場合は頭にいつものようにsudo付けて通しちゃおう。

ユーザー情報の確認

$ git config -l

基礎編

ディレクトリ名に日本語は使わないほうがよさげ。

管理ディレクトリ決めたらcdで移動する。

$ cd ドラッグでおk

これしらんかったがな。便利ちゃん。

$ pwd

print working directoryの略。今どこにいるのかを知る。

Gitで監視する。addとcommitとdiff

 $ git init

で、管理ディレクトリに指定する。

不可視ファイルはchromeにドラッグで見える。このコマンドで見える。

$ ls -a

.git

の事をローカルリポジトリっていうよ。

これにバックアップとかの差分が入ってる。

$ git status

これで確認 Untracked files これはまだの分。出てきたのをaddでコミットするリストに追加。addすることをステージというよ。

$ git add index.html
$ git add css
$ git add js

みたいな感じ。/付きでもなしでも一緒。

リストに指定したら。次はコミットしよう。

$ git commit -m "first"

firstの部分は自分の好きな言葉で。分かりすいのでおk

$ git log

コミットしたログの確認

$ git log --stat

.DS_storeを消す場合 .gitignoreってファイルを作る。中身は.DS_storeでおk

このファイルはコミットしなくておk

$ git status

modified: ってでたら。ファイルは何も変更していないという意味。

$ git diff

diffで変更内容の確認。どのファイルのどの箇所が変更されたとかが分かる。

$ git commit -a -m "h1change"

-a付けることでした全てのファイルをコミットするって意味らしい。

$ git log

上に差分が追加されていますよ。

branchとmerge

メインの作業と切り離してログを残しておきたいときはブランチを使う。

$ git branch css-cording

css-cording というブランチを作るという場合。

やってみてやっぱこれいけてないわって時はブランチの分をそのまま捨てるだけ。

$ git checkout css-cording
$ git checkout master

mastarは元からある部分。

コミット後にブランチを切り替える場合。

checkoutで切り替える。

Gitだとブランチをものすごく使うらしい。

branchで分岐した分を回収する場合はmergeする。

$ git merge -m "first merge"

コンクリフトしないように注意

参考資料

こわくない Git

GitHubを使う前に

GitHubを使う前にSSHの公開鍵を作成しておこう。

参考サイト

git初心者がmacでgithubを使うまでのTips – githubのお勉強

実際に何回か詰まったので詰まった箇所のメモ

以下コマンドをたたく前にユーザーのホームディレクトリにcdしておく。

cd終わったら、.sshという名前のディレクトリを作っておく。

その後コマンドを入力。

$ ssh-keygen -t rsa

これでSSHの公開鍵ができる。

公開鍵ができたら

$cd .ssh

$ cat id_rsa.pub

でid_rsa.pubの情報をコピーするかそのままファイル開いて内容をコピーする。

でGitHubにログイン。ヘッダー右上のaccountsettingsからSSH Keysに遷移してAdd SSH Keyしておく。

名前は固有のものを使う。端末認証なので普段変えない。

Github

GitHubにリポジトリを作る。

ヘッダ右上のcreate new repo

必要情報を記入したら指示通りにコマンドを打とう。

$ git init

はしてたら不要。

$ touch README.md

で、Readmeのマークダウンファイルを作る。

これは必須らしいのでサボらずに書こう。

$ git add README.md

でaddして

$ git commit -m "MyfirstGitHub"

以下コマンドでGutHubにリポジトリを追加する。

$ git remote add origin ここはGitHub上のSSHの部分。cloneとかの横のとこ。

ファイルに変更加えたらcommitしてからpushコマンド

$ git push -u origin master

これでmasterのブランチがGitHubにアップロードされる。

Githubからデータを落としてくる場合は

$ git pull

で落としてこれる。これで一通りおk

今日のスライド

はじめてのGit #gitkyoto

気になったメモ

PullRequestはGitHubの機能

ヘテムルでやってるひともいた

GUIはコマンドの原理が分かってると断然使いやすくなる。

基礎を覚えたらGUIに移行しておk

参考資料等

GUIツール

GitX

GitX-dev

sourcetreeapp

講師の田中さんの作ったMarkdownの練習用サービス

Markdown変換ライブラリ

PhpStormもいいらしい

PhpStormを使おう --高槻からは快速急行が早くなります #jbugj

一昔前らしいけどこういうのもあるようです。

gitosis

こういうサービスも

NiftyCloud

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.