Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

@e-ll-c

e-ll-c/okiba.md

Last active Jan 26, 2017
Embed
What would you like to do?
定期民向け ファイル置き場難民用 GitHub の使い方

#目的とか GitHub はプロジェクトの管理や共同作業のための仕組みを提供しているサービスです。いろんな機能があって、通常コマンドラインとか使うのでハードルが高いのですが、ファイルをうpするだけなら Web で完結できます。

Git を一切使わない・知識なしでファイル置き場として GitHub を使うというコンセプトなので、その手の知識ない人向けなのであえて正確な説明はしてません。最小限だけ。

巨大なファイルの置き場にするのはどうなんかなー、感あるのであくまで定期民の常識的な範囲内での使い方向けって感じで宜しく。定期民なら、プログラマーと文章書き絵描きで分野の違いはあれど、そういう文化への理解はあると思うんだ。(100MB 以上のファイルはアップロードできない、リポジトリ全体で 1G を超えると要請が来るそうです)

本当にろだとしてつかうだけなので、フォルダ管理したいとか、同期したいとかなったら、ちゃんとした Git の使い方紹介してるサイトなり見て下さい。あ、でも GitHub Desktop という公式アプリつかうと無知識でもいけそうだったので、そのへんの説明もします。

##最小限のうpろだとしてブラウザだけで使う

###登録

  1. https://github.com/
  2. ユーザー名とメールアドレスとパスワードを決めて Sing up します
  3. 確認メールがくるのでリンク踏んで確認を完了します

###Web ページ公開用のリポジトリの作成 GitHub では特定の名称のリポジトリを作ることで、それを Web ページとして公開できます。本来はプロジェクトの公式サイト等を開設するのに使われている機能ですが、別に個人サイト作ったりファイル置き場にしても良いのです。

  1. Start a project 押します
  2. Repository name を ユーザー名.github.io とします
  3. パブリックにチェック
  4. Initialize なんとかにチェック

Initialize なんとかをチェックしないと Git 叩いて初期化しないと Web からアップロードできなくなっちゃう。ここで初期化しておけば、一切 Git 使わなくても Web で完結可能。

こうすることで、ユーザー名.github.io で Web ページとしてアクセスできるようになります。

リポジトリの作成

###アップロード

アップロード押して画像うpします。create だとテキストファイルとかその場でつくれるよ。

うpったファイルは ユーザー名.github.io/ファイル名 でアクセスできる。同じファイル名でうpると上書き更新。

アップロード

###ついき

ろだとして使うための最低限の説明はこれでおわりです。本当に最低限しか説明してないので、もっと詳しく知りたい場合は自分で調べてね。

本格的に使うには、プログラミングに縁がない人にはハードル高いですが、ろだとして使うだけでも利点かなりあります。まず非常に安定していてめちゃくちゃ利用されている大手サービスなので潰れる心配がまずないこと。GitHub Pages のそもそもの用途上、URL がかわったりしないこと。

本来は、ファイルを誰が何処をいつどういじったかとかわかったり、特定のバージョンに戻したり、そこから派生したり、こういう修正してほしいってリクエストしたりそういうプロジェクト管理に必要ないろんな機能があるのですが。まぁ、たまたまろだとして使えるっていう。

ろだとしてつかうだけならこういうことは一切ふれないでもブラウザだけで使えるので。ただブラウザからだとフォルダ作る方法がないっぽいかなー。フォルダ管理したくなったら Git 避けて通れないぽい?

と思ったら、公式アプリで知識 0 でもいけそーなので説明します。

##フォルダの管理とかしたい、既存の画像をフォルダ分類ごとまとめて移行したい

ここまでの登録やリポジトリの作成は終わってる前提で説明します。公式の GitHub Desktop を使います。

  1. https://desktop.github.com/ から DL
  2. Web のほうで作ったアカウントでログイン
  3. confugure git は skip

左上の + を押して Clone を選択します。そうすると、Web の方で作ったリポジトリが選択できるはずです。

リポジトリ選択

Clone すると、どこに Clone するかきかれるのでフォルダえらんでください。すると選んだところに Web でつくったリポジトリがまるまる落とされてきます。

以降は、ここのフォルダと Web のやつを同期するように作業するよ! ローカルのフォルダにファイルふやしたり、フォルダに移動したりすると変更を感知してこういう画面になる。

変更あった

そしたら、てきとうな文章 (変更の理由とか俺様メモとか) を書いて Commit to master を押します。そうすることで、この変更を大本に反映するよーって教えてあげます。

この時点では準備が整っただけで、まだ Web 側の大本に反映されてません。右上にある、Sync を押すと反映されます。

変更あった

これなら Git 知識なくても既存の置き場にあるやつフォルダ構造ごと移転とかもできそうかな。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment