View BasicScene.swift
import SpriteKit
// Fundamental class for scene in harp project
// Every scene should inherit BasicScene
class BasicScene<M: Model, V: View, C:Controller<M, V>>: SKScene {
let m: M
let v: V
let c: C
var rootView: View? {
View View.swift
import Foundation
import SpriteKit
class View: SKNode {
// Override if want to update views per frames
func update(_ currentTime: TimeInterval) {}
// Override if want to initialize properties of views on display
func constructView(sceneSize: CGSize) {}
}
View Model.swift
import Foundation
class Model {
}
View Controller.swift
import Foundation
import SpriteKit
class Controller<M: Model, V: View> {
let model: M
let view: V
init(model: M, view: V) {
self.model = model
self.view = view
View kuso_app_10.md

予定していた旅行をキャンセルして仕事をしていたらいつのまにか北海道を旅行していた話

こんにちは、gomachan_7と申します。 この記事はクソアプリAdvent Calendar 2016の10日目の記事です。

ところではいふりカメラってご存知ですか?

はいふりカメラ とは2016年春放送のアニメ、ハイスクールフリートの公式アプリのコンテンツの一部です。下に紹介する写真のように、はいふりのキャラを重ねてスマホで写真を撮ることができます。公式側がアニメに合わせてアプリを公開することは比較的珍しかったのですが,そこそこ人気のアプリのようで僕のtwitterのタイムラインでも利用者が毎日にようにはいふりカメラで撮ったであろう写真をシェアしていました。

haifuri02 haifuri03 haifuri01

View dtm.markdown

究極初心者がとりあえず聴けるレベルの曲を作れるようになるまで

@gomachan_77 です。これは,DTM Advent Calendar 2015の19日目の記事です。

はじめに

本記事はDTM究極初心者が「こういうことをしたらとりあえず前よりは聞ける曲が完成させられるレベルになれた」という思い出話を綴ります。あくまで思い出話です。思い出話。今現在DTMに興味があるけど,何をしたらいいかわからない,__センスがないのでは…__と悩んでる方に,センスがなくても,まぁ形にはなるということを示し,希望を持って頂くために書きます。

この記事を読んで幸せになる人物像は以下のような方(昔の僕)

  • DTMでオリジナル曲を作りたい
  • DTMによる曲がどういう風にできているか大体の想像はつく(DAWというソフトがあり,ピアノロールで打ち込んで曲を表現する等)