Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?

GLSL (OpenGL ES2.0)リファレンス

この文章は、日経BP社から出版されている「HTML5ゲーム開発の極意」付録PDFを元に、参照しやすいようmarkdown形式に書き起こした、個人的メモです。

WebGL リファレンス

GLSL (OpenGL ES2.0)リファレンス


##目次


データ型

名前 説明
void 関数が戻り値を持たないときや、引数リストが空だということを示すときに使われる特別なデータ型。
例:
void myFunc(void) {
   ...
}
int 符号付き整数値。
例:
int myInt1 = 14;
int myInt2 = -7;
float 単精度浮動小数点数。
例:
float myFloat = 3.14159;
bool true、falseの論理値。
例:
bool myBool = true;
vec2、vec3、vec4 それぞれ2、3、4個の浮動小数点数要素を持つベクトル。
例:
vec3 myVec = vec3(1.0, 2.5, 0.25);
bvec2、bvec3、bvec4 それぞれ2、3、4個の論理値要素を持つベクトル。
例:
bvec3 myBoolVec = bvec3(true, false, false);
ivec2、ivec3、ivec4 それぞれ2、3、4個の整数要素を持つベクトル。
例:
ivec3 myIntVec = ivec3(12, -4, 84);
mat2、mat3、mat4 それぞれ2×2、3×3、4×4の浮動小数点数行列。
例:
mat2 myMat = mat2(
  1.0, 0.5,
  2.7, 1.5
);
sampler2D texture2D関数でアクセスできる2DテクスチャのID。
例:
sampler2D uTexture;
vec4 color = texture2D(uTexture, texCoords);
samplerCube textureCube関数でアクセスできるキューブにマッピングされるテクスチャのID。
例:
samplerCube uSkyMap;
vec4 color = textureCube(uSkyMap, texCoords);

スウィズル演算子

vec系の変数に対して、便利にアクセスできる記法。{x,y,z,w}の他、{r,g,b,a}、{s,t,p,q}という書き方も可能。

vec4 one = vec4(0.0, 1.0, 2.0, 3.0);
vec2 two = one.xy;                    // vec2(0.0, 1.0)
vec3 three = one.yzw;                 // vec3(1.0, 2.0, 3.0)
vec4 four = one.xyxy;                 // vec4(0.0, 1.0, 0.0, 1.0)
vec3 five = vec3(four.zz, three.z);   // vec3(0.0, 0.0, 3.0)

組み込み関数

ジェネリックなgenType型で宣言された戻り値と引数は、float、vec2、vec3、vec4型にすることができる。

ただし、1つの関数呼び出しで使われるすべてのgenType引数は、みな同じ型でなければならない。

戻り値の型は、引数の型によって決まる。

数学関数

関数 説明
genType pow(
  genType x,
  genType n
)
xのn乗。
例:
vec2 result = pow(vec2(2.0, 3.0), vec2(4.0, 5.0));
// result == vec2(16.0, 243.0)
genType exp(
  genType n
) The constant e(2.718...)
定数e(2.718...)のn乗。
例:
vec2 result = exp(vec2(2.0, 3.0));
// result == vec2(7.39, 20.09)
genType exp2(
  genType n
)
2のn乗。
例:
vec2 result = exp2(vec2(2.0, 3.0));
// result == vec2(4.0, 8.0)
genType log(
  genType x
)
xの自然対数。
例:
vec2 result = log(vec2(4.0, 8.0));
// result == vec2(1.39, 2.08)
genType log2(
  genType x
)
xの2を底とする対数。
例:
vec2 result = log2(vec2(4.0, 8.0));
// result == vec2(2.0, 3.0)
genType sqrt(
  genType x
)
xの平方根。
例:
vec2 result = sqrt(vec2(9.0, 25.0));
// result = vec2(3.0, 5.0)
genType inversesqrt(
  genType x
)
xの平方根の逆数、つまり1 / sqrt(x)を計算する。
例:
vec2 result = inversesqrt(vec2(9.0, 25.0));
// result = vec2(0.33..., 0.04)
genType abs(
  genType x
)
xの絶対値。
例:
vec2 result = abs(vec2(-4.0, 8.0));
// result = vec2(4.0, 8.0)
genType sign(
  genType x
)
xの符号。
例:
vec2 result = abs(vec2(-4.0, 8.0));
// result == vec2(-1.0, 1.0)
genType floor(
  genType x
)
x以下の最大の整数。
例:
vec2 result = floor(vec2(2.7, 14.0));
// result == vec2(2.0, 14.0)
genType ceil(
  genType x
)
x以上の最小の整数。
例:
vec2 result = ceil(vec2(2.7, 14.0));
// result == vec2(3.0, 14.0)
genType fract(
  genType x
)
xの小数部分。
例:
vec2 result = fract(vec2(2.7, 14.0));
// result == vec2(0.7, 0.0)
genType mod(
  genType x,
  genType y
)
genType mod(
  genType x,
  float y
)
除算 x / y の剰余。
例:
vec2 result = mod(vec2(5.0, 19.5), vec2(2.0, 5.0));
// result == vec2(1.0, 4.5)
vec2 result = mod(vec2(5.0, 19.5), 2.0);
// result == vec2(1.0, 1.5)
genType min(
  genType x,
  genType y
)
genType min(
  genType x,
  float y
)
x、yの最小値。
例:
vec2 result = min(vec2(4.0, 15.5), vec2(2.5, 20.0));
// result == vec2(2.5, 15.0)
vec2 result = min(vec2(4.0, 15.5), 10.7);
// result == vec2(4.0, 10.7)
genType max(
  genType x,
  genType y
)
genType max(
  genType x,
  float y
)
x、yの最大値。
例:
vec2 result = max(vec2(4.0, 15.5), vec2(2.5, 20.0));
// result == vec2(4.0, 20.0)
vec2 result = max(vec2(4.0, 15.5), 10.7);
// result == vec2(10.7, 15.5)

三角関数

関数 説明
genType radians(
  genType degrees
)
ラジアンに変換されたdegrees。
radians(degrees) == degrees * π / 180
genType degrees(
  genType radians
)
度に変換されたradians。
degrees(radians) == radians * 180 / π
genType sin(
  genType angle
)
angle(単位ラジアン)の正弦。
genType cos(
  genType angle
)
angle(単位ラジアン)の余弦。
genType tan (
  genType angle
)
angle(単位ラジアン)の正接。
genType asin(
  genType x
)
xの逆正弦。[-π/2, π/2]の範囲の値を返す。
genType acos(
  genType x
)
xの逆余弦。[0, π]の範囲の値を返す。
genType atan(
  genType r
)
rの逆正接。[-π/2, π/2]の範囲の値を返す。
genType atan(
  genType y,
  genType x
)
y/xの逆正接。[-π, π]の範囲の値を返す。

ベクトル、行列関数

関数 説明
float length(
  genType v
)
ベクトルvの長さ。
length(v) == sqrt(v.xv.x + v.yv.y + ...)
float distance(
  genType p0,
  genType p1
)
点p0、p1の距離。
distance(p0, p1) == length(p1 - p0)
float dot(
  genType v0,
  genType v1
)
ベクトルv0、v1のドット積。
dot(v0, v1) == v0.x*v1.x + v0.y+v1.y + ...
vec3 cross(
  vec3 v0,
  vec3 v1
)
ベクトルv0、v1のクロス積。
cross(v0, v1) == vec3(
  v0.y * v1.z - v1.y * v0.z,
  v0.z * v1.x - v1.z * v0.x,
  v0.x * v1.y - v1.x * v0.y
)
genType normalize(
  genType v
)
単位長に正規化されたベクトルv。
normalize(v) == v / length(v)
genType faceforward(
  genType N,
  genType I,
  genType Nref
)
サーフェス法線Nrefが生成ベクトルIと反対向きになっているなら、ベクトルNを反転する。
if (dot(Nref, I) < 0)
   return N
else
   return -N
genType reflect(
   genType I,
   genType N
)
生成ベクトルIが法線Nを持つサーフェスで反射したもの。
reflect(I, N) == I - 2 * dot(N, I) * N
genType refract(
  genType I,
  genType N,
  float eta
)
生成ベクトルIが屈折率etaで法線Nを持つサーフェスに対して起こす屈折のベクトル。
屈折ベクトルは次のようにして計算する。
k = 1.0 - eta * eta * (1.0 - dot(N, I) * dot(N, I))
if (k < 0.0)
  return genType(0.0)
else
  return eta * I - (eta * dot(N, I) + sqrt(k)) * N
mat matrixCompMult(
  mat m0,
  mat m1
)
行列m0、m1の要素ごとの乗算。ここで、matはmat2、mat3、mat4のいずれかである。

ベクトルの関係演算

関数 説明
bvec lessThan(
  vec v0,
  vec v1
)
v0 < v1の要素ごとの評価。
lessThan(vec2(1.0, 2.0), vec2(4.0, 2.0)) == bvec2(true, false)
bvec lessThanEqual(
  vec v0,
  vec v1
)
v0 <= v1の要素ごとの評価。
lessThanEqual(vec2(1.0, 2.0), vec2(4.0, 2.0)) == bvec2(true, true)
bvec greaterThan(
  vec v0,
  vec v1
)
v0 > v1の要素ごとの評価。
greaterThan(vec2(1.0, 2.0), vec2(4.0, 2.0)) == bvec2(false, false)
bvec greaterThanEqual(
  vec v0,
  vec v1
)
v0 >= v1の要素ごとの評価。
greaterThanEqual(vec2(1.0, 2.0), vec2(4.0, 2.0)) == bvec2(false, true)
bvec equal(
  vec v0,
  vec v1
)
bvec equal(
  bvec v0,
  bvec v1
)
v0 == v1の要素ごとの評価。
equal(vec2(1.0, 2.0), vec2(4.0, 2.0)) == bvec2(false, true)
equal(bvec2(true, false), bvec2(false, false)) == bvec2(false, true)
bvec notEqual(
  vec v0,
  vec v1
)
bvec notEqual(
  bvec v0,
  bvec v1
)
v0 != v1の要素ごとの評価。
notEqual(vec2(1.0, 2.0), vec2(4.0, 2.0)) == bvec2(true, false)
notEqual(bvec2(true, false), bvec2(false, false)) == bvec2(true, false)
bool any(
  bvec v
)
ベクトルvの任意の要素がtrueならtrue。
any(bvec3(false, false, false)) == true
any(bvec3(false, true, false)) == true
bool all(
  bvec v
)
ベクトルvのすべての要素がtrueならtrue。
all(bvec3(false, true, false)) == false
all(bvec3(true, true, true)) == true
bvec not(
  bvec v
)
!vの要素ごとの評価。
not(bvec2(true, false)) == bvec2(false, true)

ヘルパー関数

関数 説明
genType clamp(
  genType x,
  genType minVal,
  genType maxVal
)
genType clamp(
  genType x,
  float minVal,
  float maxVal
)
xの値を[minVal,maxVal]の範囲、つまりmax(minVal,min(maxVal, x))に制限する。
clamp(
  vec2(0.5, 1.7),
  vec2(1.0, 1.2),
  vec2(1.3, 1.5)
) == vec2(1.0, 1.5)
clamp(vec2(0.5, 1.7), 0.7, 1.3) == vec2(0.7, 1.3)
genType mix(
  genType x,
  genType y,
  genType a
)
genType mix(
  genType x,
  genType y,
  float a
)
xとyの間の線形補間。
mix(x, y, a) == x * (1.0 - a) + y * a
genType step(
  genType edge,
  genType x
)
genType step(
  float edge,
  genType x
)
xの要素のうち、edgeよりも小さいものは0.0、そうでないものは1.0にする。
genType smoothstep(
  genType edge0,
  genType edge1,
  genType x
)
genType smoothstep(
  float edge0,
  float edge1,
  genType x
)
xの要素のうち、edge0以下のものは0.0、edge1以上のものは1.0にする。
xがedge0とedge1の間にあるときには、3次エルミート補間を返す。
t = clamp((x - edge0) / (edge1 - edge0), 0.0, 1.0)
return t * t * (3 - 2 * t)

組み込み変数と定数

定数

定数 データ型 最小値 説明
gl_MaxVertexAttribs int 8 頂点属性の最大個数。
gl_MaxVertexUniformVectors int 128 Uniform頂点ベクトルの最大個数。
gl_MaxFragmentUniformVectors int 16 Uniformフラグメントベクトルの最大個数。
gl_MaxVaryingVectors int 8 Varyingベクトルの最大個数。
gl_MaxVertexTextureImageUnits int 0 頂点シェーダ内のテクスチャイメージユニットの最大個数。
gl_MaxCombinedTextureImageUnits int 8 頂点シェーダとフラグメントシェーダ全体でのテクスチャイメージユニットの最大個数。
gl_MaxTextureImageUnits int 8 テクスチャユニットの最大個数。
gl_MaxDrawBuffers int 1 フラグメントシェーダ内のgl_FragData配列に含まれる出力カラーの最大個数。

頂点シェーダ変数

変数 データ型 入出力(R/W) 説明
gl_Position vec4 出力(※必須) 頂点シェーダが計算した現在の頂点の変換、射影された位置。
gl_PointSize float 出力 gl.POINTSタイプのジオメトリを描画する際、点のサイズを指定するために使われる。デフォルトの値は1.0。

フラグメントシェーダ変数

変数 データ型 入出力(R/W) 説明
gl_FragColor vec4 出力 現在のフラグメントに与えられたカラー値。基本的に、こちらに値を指定しないと描画がされない。
gl_FragCoord vec4 入力 現在のフラグメントのウィンドウからの相対座標。
gl_FragData
[gl_MaxDrawBuffers]
vec4 出力 現在のフラグメントのフラグメントデータの配列。gl_FragColorと同じ機能を持ち、原則としてgl_FragColorを使用する。
gl_PointCoord vec2 入力 ポイントスプライトの場合のみ使用可。ポイントスプライトを描くときに、gl_PointCoordは、フラグメントのポイントからの2次元相対座標を保持する。座標は、0.0から1.0までである。
gl_FrontFacing bool 入力 フラグメントがポリゴンの表裏どちらに属するかを示す論理値。
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.