Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Avatar
🥦
Create node.js app for developer

Yoshiyuki Hisamatsu hisasann

🥦
Create node.js app for developer
View GitHub Profile
@hisasann
hisasann / 1on1-template.md
Last active Aug 1, 2022
1on1の1回分の雛形です
View 1on1-template.md
Markdown として使う場合は以下のままお使いください。
Google Docs などで使う場合は、日付の部分を「見出し2」として使うとキレイに使えます。

各項目は、箇条書きで書いていきましょう。

エンジニア目標は、3ヶ月以内で達成できるボリュームで1〜3個ほど書いてみましょう。
難易度にもよるので、1個でも全然問題ありません。
やっていき!
@hisasann
hisasann / BrightnessController.cs
Created Jul 31, 2017
windows上で輝度を変更するコード
View BrightnessController.cs
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Management;
namespace DeviceManager.Brightness
{
class BrightnessController
View gist:8138c76a7a27380a3970e8bb3f41aa7d
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title></title>
<style>
canvas {
width: 500px;
height: 500px;
}
@hisasann
hisasann / webpack5.config.js
Last active Nov 19, 2021
webpack v5系 のCSS・JavaScriptの画像パスを解決してくれるサンプル
View webpack5.config.js
const webpack = require('webpack')
const ReactRefreshWebpackPlugin = require('@pmmmwh/react-refresh-webpack-plugin')
const path = require('path')
const environment = process.env.NODE_ENV || 'development'
process.noDeprecation = true
// 共通の設定
let config = {
@hisasann
hisasann / webpack2.config.js
Last active Nov 19, 2021
webpack v2系 のCSS・JavaScriptの画像パスを解決してくれるサンプル
View webpack2.config.js
let config = {
mode: environment,
entry: {
main: ['./src/index.jsx'],
},
output: {
filename: '[name].js',
path: path.resolve(__dirname, 'public'),
},
resolve: {
@hisasann
hisasann / old-webstorm-command-line.python
Created Nov 24, 2020
WebStorm2019までのwebstormコマンドの中身、2020からはめちゃくちゃシンプルになった
View old-webstorm-command-line.python
#!/usr/bin/env python
# Copyright 2000-2019 JetBrains s.r.o. Use of this source code is governed by the Apache 2.0 license.
# -*- coding: utf-8 -*-
import os
import socket
import struct
import sys
import traceback
@hisasann
hisasann / 別のdocsから議事録や日報をコピーするGAS.js
Last active Oct 20, 2020
Google Document でテンプレートとなる docs からひな形をコピーする Google Apps Script
View 別のdocsから議事録や日報をコピーするGAS.js
// Google Apps Scriptで議事録テンプレ作成を楽にした - Qiita - https://qiita.com/wiroha/items/5ce99d7bfc56e3270be6
function onOpen() {
// Google Apps Scriptを使った独自メニューの作り方 - Qiita - https://qiita.com/howdy39/items/46ca1f2fd9d27eaba0c3
const ui = DocumentApp.getUi(); // Uiクラスを取得する
const menu = ui.createMenu('日報'); // Uiクラスからメニューを作成する
menu.addItem('1日分を新たに作成', 'insertTemplate'); // メニューにアイテムを追加する
menu.addToUi(); // メニューをUiクラスに追加する
}
@hisasann
hisasann / 聖杯ダンジョンがだるい人たちに攻略まとめ【Bloodborne】.md
Last active Sep 23, 2020
聖杯ダンジョンがだるい人たちに攻略まとめ【Bloodborne】
View 聖杯ダンジョンがだるい人たちに攻略まとめ【Bloodborne】.md

聖杯だるい人たちにまとめ

【共通聖杯ダンジョンの概要】

※足りない素材は探索や一部の敵から集めること

①血の乾いた獣から「トゥメルの聖杯」を入手

②トゥメルの聖杯から「中央トゥメルの聖杯」を入手(以下全て最上層のボスを倒すと次の聖杯を入手できる)

View Reflector.js
(function(){
/*
* Reflector JavaScript Library version 1.0
* http://lab.hisasann.com/reflector/
*
* Copyright (c) 2009 hisasann http://hisasann.com/
* Dual licensed under the MIT and GPL licenses.
*/
var Reflector = function(){}
@hisasann
hisasann / electron-fullscreen-main.js
Created Feb 3, 2016
Windows でフルスクリーンする方法
View electron-fullscreen-main.js
app.on('ready', function() {
var Screen = require('screen');
var size = Screen.getPrimaryDisplay().size; // ディスプレイのサイズを取得する
// Create the browser window.
mainWindow = new BrowserWindow({
left: 0,
top: 0,
// この方法がいまのところ確実、これだと padding が発生しない