Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

What would you like to do?
iroiro school 2015.08.29 code samples
//--------------------------------------------------------------------------------
//
// promptを2回出して、それぞれ入力された数字を足した答えをalertで出す
//
//--------------------------------------------------------------------------------
var num1 = prompt('1つめの数字を入力してください');
var num2 = prompt('2つめの数字を入力してください');
var result = num1 * num2;
alert('答えは' + result + 'です');
//--------------------------------------------------------------------------------
//
// Math.random()とifを使って、
// 「今日の運勢は大吉です」
// 「今日の運勢は中吉です」
// 「今日の運勢は小吉です」
// のいずれかを出す
//
//--------------------------------------------------------------------------------
var randomNum = Math.random() * 3;
if(randomNum < 1){
console.log('今日の運勢は大吉です');
}else if(randomNum < 2){
console.log('今日の運勢は中吉です');
}else{
console.log('今日の運勢は小吉です');
}
// // 均等な確率ならこんな感じで。確率を変えたいなら例えばですけど
var randomNum = Math.random() * 4;
if(randomNum < 1){
console.log('今日の運勢は大吉です');
}else if(randomNum < 2){
console.log('今日の運勢は中吉です');
}else{
console.log('今日の運勢は小吉です');
}
// // こんな感じにしたら小吉が他の2倍出ますね。
// // まあやり方は色々あるとおもうので、一例です。
//--------------------------------------------------------------------------------
//
// prompt()で入力プロンプトを表示して、入力された値をそのままalertするスクリプトを書いてみましょう
//
//--------------------------------------------------------------------------------
var userInputValue = prompt('何か入力してください');
alert(userInputValue);
//--------------------------------------------------------------------------------
//
// prompt()で入力プロンプトを表示
// 入力された値に100を掛けてconsole.logに表示してみましょう
//
//--------------------------------------------------------------------------------
// ちょっと授業でやってない内容ではあるけど
// 入力が数字だったかっていうエラーチェックがあったほうがよいかなとおもうので
// 以下のようにしてみました
var num = prompt('数字を入れてください');
if(isNaN(num)){ // 変数に入っているのが数字かどうか確認してくれる(数字っぽい文字列も数字として判定してくれる)
console.log('数字ではない');
}else{
var result = num * 100;
console.log(result);
}
//--------------------------------------------------------------------------------
//
// prompt()で入力プロンプトを表示して名前を入力してもらいましょう
// alertで"こんにちわ[入力された名前]さん"と表示してみましょう 表示の仕方はalertでもconsole.logでもかまいません
//
//--------------------------------------------------------------------------------
var userName = prompt('名前を入力してください');
console.log('こんにちは' + nuserName + 'さん');
//--------------------------------------------------------------------------------
//
// 三角形の底辺を入力するpromptを表示します
// 三角形の高さを入力するpromptを表示します
// 三角形の面積を計算します
// 計算結果を「三角形の面積は[計算結果]です」と表示してみましょう
//
//--------------------------------------------------------------------------------
var teihen = prompt('底辺を入力してください');
var takasa = prompt('底辺を入力してください');
var menseki = teihen * takasa / 2;
console.log('三角形の面積は' + menseki + 'です');
//--------------------------------------------------------------------------------
//
// prompt("今日の講師の名前は?")として質問を入力してもらいます
// 内容がイケダコウセイであれば「正解!」と表示し、それ以外の場合は「不正解!」と表示してみましょう
//
//--------------------------------------------------------------------------------
var teacherName = prompt("今日の講師の名前は?");
if(teacherName == 'イケダコウセイ'){
console.log('正解!');
}else{
console.log('不正解!');
}
//--------------------------------------------------------------------------------
//
// 「グー、チョキ、パー」を入力するpromptを表示します
// 0から2までの乱数を発生させます
// 0をグー、1をチョキ、2をパーとして
// 入力が勝ったら「あなたの勝ちです」入力が負けたら「あなたの負けです」と表示してください
//
//--------------------------------------------------------------------------------
var userChoice = prompt('グー、チョキ、パーのいずれかを入力してください');
// グー、チョキ、パーのいずれか以外が入力されていないか確認
if(userChoice != 'グー' && userChoice != 'チョキ' && userChoice != 'パー'){
// 間違い
console.log('入力が不正です');
}else{
// 正しい手が入力されていた時だけこっちにくる
// コンピューターの手を決める
var npcChoiceNum = Math.random()*3;
var npcChoice;
if(npcChoiceNum < 1){
npcChoice = 'グー';
}else if(npcChoiceNum < 2){
npcChoice = 'チョキ';
}else{
npcChoice = 'パー';
}
// 勝敗判定
if(userChoice == npcChoice){
console.log('あいこ');
}else if(
(userChoice == 'グー' && npcChoice == 'チョキ') ||
(userChoice == 'チョキ' && npcChoice == 'パー') ||
(userChoice == 'パー' && npcChoice == 'グー')
){
console.log('あなたの勝ちです');
}else if(
(userChoice == 'グー' && npcChoice == 'パー') ||
(userChoice == 'チョキ' && npcChoice == 'グー') ||
(userChoice == 'パー' && npcChoice == 'チョキ')
){
console.log('あなたの負けです');
}
}
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment