Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Avatar

Kakutani Shintaro kakutani

View GitHub Profile
@kakutani
kakutani / reading-polished-ruby-translation.md
Last active Nov 3, 2021
Polished Ruby Programming翻訳査読書(のようなもの)
View reading-polished-ruby-translation.md

"Polished Ruby Programming" by Jeremy Evans

-- Build better software with more intuitive, maintainable, scalable, and high-performance Ruby code

「Rubyの磨きかた -- わかりやすくてメンテナンスしやすい、スケール可能で高性能なRubyコードでソフトウェアを上手につくろう」みたいな感じ?

https://www.packtpub.com/product/polished-ruby-programming/9781801072724

  • Publication date: June 2021
  • Publisher: Packt
  • Pages: 381
@kakutani
kakutani / oedo09.md
Created Oct 27, 2021
私家版大江戸Ruby会議09開催趣旨
View oedo09.md

『発掘されたRubyKaigi展 (2021)』

2006年からほぼ毎年RubyKaigiは実施されていますが、初期の開催については当時の動画アーカイブの保存形式や格納場所の問題のため、講演動画にアクセスできるRubyistは限られていました。

このたび、松田明メンバーの尽力により発掘調査が行われた結果、出土した講演動画のなかでも特に注目に値するRubyKaigi 2006と2007の基調講演動画を中心とした展示を構成し、Asakusa.rb主催の地域Ruby会議として大江戸Ruby会議09をDiscord上で「出前エディション」として開催いたします。 当時の運営チームの主要メンバーである高橋氏と島田氏をゲストに迎え、RubyKaigi 2006〜2008を解説する企画も予定しています。 企画展ではRubyKaigiの過去の講演動画とあわせて発掘された大江戸Ruby会議01,大江戸Ruby会議04の基調な講演動画も紹介する予定です。

この企画展は、Rubyistが埋蔵文化財に親しみ、RubyKaigiの歴史の重要性に関する理解を深めることを目的としています。祝日である翌11月3日(水)の文化の日を迎えるのふさわしい催しとなることに期待しています。なお、この地域Ruby会議はAsakussa.rbの第634回の記念した開催でもあります。

@kakutani
kakutani / README.md
Created Jul 16, 2021
『ユニコーン企業のひみつ』レビューワー向けREADME
View README.md

🦄 competing-with-unicorns-ja

[build Re:VIEW PDF]

『ユニコーン企業のひみつ - Spotifyで学んだソフトウェアづくりと働き方(仮)』のためのリポジトリです。原書はJonathan Rasmusson著「Competing with Unicorns - How the World’s Best Companies Ship Software and Work Differently」です。 訳書は2021年にオライリー・ジャパンより刊行予定です。

📢 レビューに参加いただく皆さまへ

このリポジトリに来て書名を知ったら、「ああ、なんだSpotifyモデルの話か……」 という印象を持つ方が多少なりともいらっしゃるかもしれません。

@kakutani
kakutani / competing-unicorns-talk.md
Last active Jul 15, 2021
Spaces番組「『ユニコーン企業のひみつ』のひみつ」 🦄
View competing-unicorns-talk.md

🦄 「『ユニコーン企業のひみつ』のひみつ」番組概要

🗓 いつ・どこで?

🗳 島田さんへの質問を事前に受け付けているよ!

  • kakutaniのマシュマロまで。匿名で質問できます
@kakutani
kakutani / bowling.rb
Last active Feb 24, 2021
end-less methods bowling (object-oriented)
View bowling.rb
# frozen_string_literal: true
module Bowling
class Game
def initialize(marks) = (@frame_builder = Frame.builder(marks))
def score = frames.sum(&:score)
private
def frames = (@frames ||= Array.new(10){ build_frame(final?(_1)) })
def build_frame(final) = @frame_builder.call(final)
@kakutani
kakutani / ruby-jp-for-rubyistist.md
Last active Nov 5, 2020
Rubyist-istのためのruby-jpチャンネルガイド
View ruby-jp-for-rubyistist.md

Rubyist-istのためのruby-jpチャンネルガイド

ruby-jpには大量にチャンネルがあります。 rubyist-istの観点から少し整理してみました。

Rubyistの集まりに関するチャンネル

  • [#regional_rb][0]: 地域のRubyist同士の集まり(ミートアップ)に関する話題が中心
  • [#rubykaigi][1]: RubyKaigiの話題
  • [#rubyworld-conference][2]: 毎年11月に松江で開催されるRubyWorld Conferenceの話題
View Asakusa.rbキーボードミッション.md

ついうっかりAsakusa.rbの火曜日のミートアップでキーボードの話をしてしまうので、火曜日じゃないところでキーボードの話をすればよいのでは?という仮説を検証します。

目的

Rubyをよりよくしていくための活動を存在意義とする地域RubyistコミュニティAsakusa.rbのメンバーの使うキーボードをよくすることを通じてRubyをよりよくしていくことに貢献する

到達したい状態

  • メンバーのキーボードがよくなる
  • ミートアップでRubyの話題をするにあたって「すみません、Rubyの話をしてもいいですか」というエクスキューズをなくす
View keymap.c
const uint16_t PROGMEM keymaps[][MATRIX_ROWS][MATRIX_COLS] = {
[_QWERTY] = LAYOUT( \
//,-----------------------------------------------------. ,-----------------------------------------------------.
KC_TAB, KC_Q, KC_W, KC_E, KC_R, KC_T, KC_Y, KC_U, KC_I, KC_O, KC_P, KC_MINS,\
//|--------+--------+--------+--------+--------+--------| |--------+--------+--------+--------+--------+--------|
KC_LCTL, KC_A, KC_S, KC_D, KC_F, KC_G, KC_H, KC_J, KC_K, KC_L, KC_SCLN, KC_QUOT,\
//|--------+--------+--------+--------+--------+--------| |--------+--------+--------+--------+--------+--------|
LSFT_T(KC_ESC), KC_Z, KC_X, KC_C, KC_V, KC_B, KC_N, KC_M, KC_COMM, KC_DOT, KC_SLSH, KC_RSHIFT,\
//|--------+--------+--------+--------+--------+--------+--------| |--------+--------+--------+--------+--------+------
@kakutani
kakutani / Annotation.md
Last active Sep 26, 2019 — forked from ursm/Gemfile
Raw Gemfile on Idobata (master - 5adeddb)
View Annotation.md

Idobata Gemfile プレゼント

tl;dr IdotabaのGemfileは"全プレ"になりました。ご笑納ください。→ Gemfile

プレゼントについてのお詫び

rebuild.fmのep36でお知らせさせていただきました、Idobataの最新版Gemfileプレゼントをお届けいたします。 過日はIdobata会議01への多数のご参加ありがとうございました。おかげさまで盛況なミートアップとなりました。 (当日会場を提供いただいたEngine Yardさまのブログにて、Idobata会議01当日の様子がまとめられています。ありがとうございます!)

@kakutani
kakutani / pragprog-sec-dot.png
Last active Dec 21, 2016
WIP: Visualize the related sections in "The Pragmatic Programmer" (ja)