Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
keyremap4macbookで"Control_L to Control_L (+When you type Control_L only, send Escape)"と"Escape to EISUU+Escape"を両立する設定
<?xml version="1.0"?>
<root>
<item>
<name>Control_L to Control_L</name>
<appendix>(+ When you type Control_L only, send Escape + EISUU)</appendix>
<identifier>remap.controlL2controlL_escape_orig</identifier>
<autogen>--KeyOverlaidModifier-- KeyCode::CONTROL_L, KeyCode::CONTROL_L, KeyCode::JIS_EISUU, KeyCode::ESCAPE</autogen>
</item>
</root>
Control_Lを単独で押した時にEscapeとみなす"Control_L to Control_L (+When you type Control_L only, send Escape)"はVim(SublimeのVintableなどそれっぽいものも含む)を使用しているユーザーには大変便利な設定です。
これを有効にすると、Aの横にあるキーを押すだけで簡単にinsert modeから抜けられます。
また、"Escape to EISUU+Escape"はVimと日本語入力をあわせて使うユーザには大変便利な設定です。
insert modeから抜けるとき、日本語入力出来る状態になっていると各種キーが動かなくなりますが、この設定によりinsert modeを抜けると同時にEISUUに切り替わります。
大変残念なことに、これらを同時に有効にしても、Control_Lを単独で押しただけではEISUUが送信されず、悲しい思いをします。
そのため、上記2つの設定が実現する設定を改めて書いた次第です。
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment