Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
映画版のles miserablesの割愛されてた展開
映画版では、「マリウスがジャンバルジャンが囚人であるということを知り軽蔑する」という要素が消えていた。
テナルディエ夫妻が結婚式に来た時に初めてマリウスは軽蔑していたジャンバルジャンに自身が助けてもらったということを知り、
「軽蔑していた自分が恥ずかしい」みたいなことを死に際のジャンバルジャンに伝えることになるのだが、
映画版だとその軽蔑していたという部分が割愛されてて「え?マリウスは何が恥ずかしいの?」みたいな感じになってしまってた。
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.