Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
Translate to Japanese to Azure DevOps release notes from https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/release-notes/2019/sprint-147-update

NuGet, npmやそのほかのArtifacts関連のタスクでproxyをサポート - Sprint 147の更新

この記事の内容

Azure DevOpsのSprint 147の更新では、プロキシをサポートするためにさまざまなアーティファクト関連のPipelinesタスクを更新しました。 このアップデートにより、プロキシはnpm、NuGet、.NET Core、Universal Packagesの各タスクで機能するようになりました。

詳細は以下の機能一覧をご覧ください。

Features

Azure Repos:

Azure Pipelines:

Azure Artifacts:

Wiki:

Administration:

Azure Repos

pull requestのファイルを右か左に表示する

現在、pull requestでファイルの変更を表示するときには、Side-by-side diff(訳注:差分を横に並べてみる方法)またはインライン差分モードを使用できます。比較せずに、元のファイルまたは変更されたファイルを見たいという方が多いというフィードバックをいただきました。そこで、左側のファイルまたは右側のファイルを個別に表示できるようにするための新しいオプションを追加しました。

Badge

Azure Pipelines

削除したリリースパイプラインの復元

未使用のリリースパイプラインを削除すると、リリースパイプラインリストをきれいにできますが、誤って何かを削除することがあります。今回の機能強化により、過去30日以内に削除されたリリースパイプラインを復元することが可能になりました。削除されたリリースパイプラインのリストを表示する新しいタブをリリースページの左側パネルに追加しました。このビューから、リストからパイプラインを選択してRestoreボタンをクリックすると、削除したリリースパイプラインの復元ができます。

Badge

新しいパイプラン用のYAMLファイルを私たちのbotではなく、あなたのアイデンティティでコミットします

パイプラインを作成している間、Azure PipelinesはオプションでYAMLファイルをリポジトリにコミットしてからパイプラインのpull requestを作成します。リポジトリがGitHub上にあり、Azure Pipelines GitHub Appがインストールされている場合、以前はコミットとpull requestは"Azure Pipelines [bot]"のように、GitHub Appによって作成されたように見えました。今回の更新で、GitHub Appの代わりに、あなたのGitHub IDをパイプラインの作成者として表示します。

パイプライン作成時、任意のブランチもしくは、パスから既存のYAMLファイルを指定する

現時点では、Azure Pipelinesは新しいパイプラインを作成するときにデフォルトブランチのリポジトリのルートにあるazure-pipelines.ymlまたは.azure-pipelines.ymlという既存の名前のYAMLファイルを自動的に検出して使用します。 今回の更新では、別の名前またはパスを持つ、または既定以外のブランチにある既存のAzure Pipelines YAMLファイルを選択できるようになりました。

既存のファイルを選択するには、New build pipelineウィザードの構成ページからExisting Azure Pipelines YAML fileを選択します。次に、ブランチを選択してYAMLファイルパスを選択して選択します。

Badge

GitHub pull requestコメントを使ったパイプラインの実行

今回の機能強化では、PRのコメントセクションからGitHub pull requestを検証するためのパイプラインまたはテストスイートを実行できます。すべてのownerまたはcontributorは、ビルドをトリガーするために/AzurePipelines runまたは/AzurePipelines run <pipeline_name>を使用してpull requestにコメントできます。

/AzurePipelinesモニカーを/azpと省略することもできます。この機能タイプの詳細については、/azpヘルプを参照してください。

Badge

pull requestの検証ビルドの開始をチームメンバーの承認を必要とするように制限をかける

ブランチの品質を保護するために、pull request検証ビルドを使うのは良い習慣です。今までは、これらの検証ビルドはGitHubのpull requestによって自動的に起動されていましたが、レビューがない状態でビルドが開始されていたためリスクがありました。

今回の更新で、pull requestの検証ビルドの開始を自分のチームに承認してもらうように要求できます。これを行うには、パイプラインの設定でTriggerタブを選択します。 次に、Pull request validationで、Only trigger builds for collaborators' pull request commentsを有効にして、パイプラインを保存します。

こうすることにより、pull requestの検証ビルドは自動的には起動されません。pull requestのコメントに/AzurePipelines runまたは/AzurePipelines run <pipeline_name>を書くことで、リポジトリのownerまたは、contributorは検証ビルドをトリガーできます。

Badge

長いファイルパスのビルド成果物を発行する

これまで、233文字を超えるパスを持つビルド成果物をアップロードできないという制限がありました。このため、LinuxおよびmacOSビルドでのコードカバレッジ結果を制限よりも長いファイルパスを使っていた場合、アップロードできなくなる可能性がありました。今回の機能強化で、ロングパスをサポートするように制限を拡張しました。

パイプラインのTestタブでの拡張機能用の新しいコントリビューションポイント

このスプリントでは、PipelinesのTest Resultsタブに2つの新しいコントリビューションポイントを追加して、拡張フレームワークをより強力にしました。これにより、Marketplaceの拡張機能は、よりカスタマイズされたレポート作成エクスペリエンスを提供し、さらに対話機能を追加することができます。

2つのコントリビューションポイントは以下のとおりです。

  1. ツールバーのカスタムアクションボタン

テスト結果のメタデータを使用してAPIのデータを更新したり、カスタムツールを実行したりするなどのアクションを実行したい場合があります。このコントリビューションポイントを使用して、選択したテスト結果の直接のコンテキストを使用して *Custom Action-ボタンにカスタムアクションを追加する拡張機能を作成できます。

Badge

  1. 詳細ペインのCustom Detailsタブ

あなたは多種多様なテストレポート消費ワークフローを持っているかもしれず、デバッグと分析のために失敗したテストに対して異なるデータポイントを見たいと思うかもしれません。このコントリビューションポイントを使用することで、チームはデータグリッドでテスト結果行を選択したときに表示される新しいタブを詳細ペインに追加できます。この新しいタブでは、内部APIまたは外部APIを使用して取得された静的コンテンツまたは動的データを含むビューを表示できます。

Azure Artifacts

Artifacts関係のタスクでProxyのサポート

これまで、多くのアーティファクト関連のビルドタスクではAzure Pipelinesのプロキシインフラストラクチャが完全にサポートされていなかったため、オンプレミスエージェントのタスクを使用するのは困難でした。今回の更新で、以下のタスクにプロキシのサポートを追加しました。

フィードを管理できる人への委任

Azure Artifactsでは、Project Collection Administrators(PCA)は常にAzure DevOps組織のすべてのフィードを管理できました。今回の更新により、PCAは他のユーザーやグループにもこの機能を付与できるようになるので、フィード管理機能の委任ができます。

Wiki

Wikiページの固有リンク

今まで、リンクされたページの名前が変更されたり移動されたりすると、共有Wikiページリンクが壊れていました。今回の更新では、URLにページIDを追加することで、永続的なリンクの作成ができるようになりました。これにより、Wikiが時間の経過とともに変化しても、共有するリンクが損なわれないようになります。

この機能は、この提案チケットに基づいて優先されました。

Wikiページでの作業項目の状態表示

今回の更新では、作業ページのステータスとそのIDおよびタイトルをページに追加することで、Wikiページでの作業項目への言及を強化しました。

Badge

pull requestのコメントやボードディスカッションでの作業項目の参照にもステータスが表示されます。

この機能はこの提案に基づいて優先順位がつけられました。

Administration

すべてのユーザーにNew Navigationを提供開始

このスプリントで、すべてのユーザーが新しいナビゲーションに移行しました。ユーザーが以前のナビゲーションモデルに戻ることができるようにするプレビュー機能の切り替えを削除しました。Webポータル内の移動の詳細については、Web portal navigation in Azure DevOpsを参照してください。

Next steps

注意事項

ここで議論されている機能は今後二~三週にわたって順次展開されます。

これらの新機能を読んだ後、次のリンクからぜひご自身でAzure DevOpsサービスを体験してみてください。

Go to Azure DevOps Services

Feedback

これらの機能についてどう思っているかお聞きしたいと思います。 フィードバックメニューを使用して問題を報告するか、提案を提出してください。

Make a suggestion

アドバイスや回答を必要とする質問がある場合、Stack Overflowコミュニティで聞いてください。

ありがとうございました。

Alex Mullans

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment