Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

What would you like to do?
translate to Japanese toVSTS release notes from https://www.visualstudio.com/news/2016-jul-7-vso

チャートのサイズ変更,PRコメント追跡,RM更新そのほか - 7/7

注意事項:この実装は今週にわたって順次適用されます。展開の進行状況はhttp://blogs.msdn.com/b/vsoservice/をみてください。

Work

ダッシュボードのWITチャートを可変に

顧客から大きなチャートを表示してよりたくさんの情報を表示したいという多くの依頼をいただいたので、WITチャートガジェットを可変にしました。付け加える点として、lightboxにチャートを開くことができるようになりました。元のサイズに関係なく、ダッシュボードのWITグラフの拡張ビューを表示することができます。

親の作業項目をボードでフィルタできるように

チームメンバーは今特定の親作業項目に関連した作業項目の進捗状況のみをボード上に表示することができます。たとえば、ユーザーはユーザーストーリーに関連したフィーチャーのみとか、epicに関連した二つかそれ以上のフィーチャーを表示させることができます。チェックリストと同様、この機能は異なるバックログレベルに可視性をもたらすための最初の一歩です。

フロントとセンターにリンク

新しいRelated Workのリンクコントロールを含む、Work itemを更新しました。フォームのフロントページで作成、編集、作業項目の関連付けを行うことができます。

カンバン用テスト環境設定

カンバンの共通環境設定で新しいテストページを使用して、その場でテスト計画のテストを作成することができるようになりました。これに先立ち、カード上に作成されたどんなテストでも、自動的に新しいテスト計画が作成され、イテレーションパスやエリアに一致するテスト計画が作成されます。 既存のテスト計画の構成のふるまいを上書きするという選択が発生します。すべてのテストが選択したテスト計画に追加されます。注意事項として、この機能はテストアノテーションの機能が有効になっている場合のみ有効です。

基盤となるテスト計画及び、テストスィートにテストがカンバンボードのカードから直接作成されたとき、簡単にスキャンができます。このリンクをクリックすると、自動的にテストハブに移動し、正しいテスト計画が開き、特定のスィート内にあるテストを選択します。

Code

プルリクエストのコメント追跡

コメント最新の改良により、ユーザーが期待するものを表示するコードに従う-コメントを 10 号線に追加された 2 つの新しい行をファイルの先頭に追加された後、12 行目のコメントが表示されます。

ここでは例として、13 行目のコメントを変更してみます。

VSTSでのプルリクエストを強化して、もしもファイルが変更され、コメントが追加されたとしてもファイルの中のコメント表示を適切な行の位置に表示されるようになりました。 以前、コメントはファイルが変更されたとしても、いつも最初に追加された場所に表示されていましたーたとえば、コメントが10行目に追加されたとしたら、そのコメントはいつでも10行目に表示されていました。 最新の強化では、コメントはユーザーが期待するように、コメント行が自動的に追従するようになりました。もし、コメントが10行目にあり、新しく2行追加された場合、12行目にコメントが表示されます。

この例ではコメントは13行目に変更されています。

コードを変更して、オリジナルのコメントが13行目から14行目に変更されると、コメントも期待通りの場所に表示されます(14行目)。

我々はこの強化をプルリクエストのコードコメントエクスペリエンスをよりよくするための最初の重要なステップであると考えています。近い将来、我々はファイルの移動やリネームのコメント位置をより強化させます。

継続的インテグレーション

Webでコードカバレッジのレポートを参照

ビルド概要ページで新しいコードカバレッジタブが使用可能になりました。ユーザーはJacocoかCobertura形式でコードカバレッジデータをアップロードすると、コードカバレッジタブでHTML形式のレポートが生成され、閲覧することができます。

SonarQube分析実行時、MavenとGradleのタスクをビルド概要で表示

MavenとGradleのビルドタスクでSonarQube分析オプションを有効にすると、SonarQubeプロジェクトへのリンクが生成されます。これは最初のステップです。我々は品質ゲートをビルド概要 ページでよりリッチに表示させるように取り組んでいます。

リリース

エージェントキューのロールベースのセキュリティ

エージェントプールとキューをユーザーとグループにアクセス許可を制御するには、プールとそれ以上の制限がないキューの二つの定義済みグループに割り当てる必要がありました。今、エージェントプールかキューにリーダー,ユーザー,管理者というグループを選択することができ、どのようなアクセス許可が割り当てられているか明確になります。

タスクレベルのタイムアウト

ユーザーが個々のタスクにおいて、タイムアウトを有効に設定できます(追加すると、デプロイごとのタイムアウトは既に追加されています)。これはビルドとリリースの双方のタスクで同じように動きます。

リリース定義のimport/export/clone

一般的な要求に基づき、我々は拡張機能のインストールをすることなく、Team ServicesのReleaseハブから、リリース定義のclone,export,importを行えるようにしました。もしも、Team Foundation Server 2015 Update2以降を使用しているなら、marketplaceから拡張機能をダウンロードして使用することができます。

ARMを使用したWebアプリケーションのデプロイ

これはをMSDeployとAzure Resource Manager Service Connectionを使用したAzure Web Appの新しいバージョンのデプロイタスクです。この新しい機能は既存の機能の一つがありません。たとえば、ASP.NET 4,Node.js, PythonベースのWebアプリでのAzure Web JobsとAzure API appsのデプロイです。 我々は"Retain App Data"、”App Offiline"と"Remove additional files at destination”の共通発行オプションもサポートします。我々は将来のスプリントで変換構文も計画しています。

デプロイの一部成功

この機能は"Continue on error"フラグで失敗がマークされ、一部分だけデプロイが成功した時に有効になります。デプロイが一部分だけ成功した時、ほかの環境への展開を継続することができます。

リリースに関連付けられた添付ファイルの閲覧とダウンロード

リリース内のタスクで実行された追加ログか分析か、イメージをアップロードしたいと思ったことはありませんか?この機能はデプロイ中にファイルの追加アップロードを行うことができます。新しいファイルのアップロードはスクリプト中にエージェントに以下の指示を出すことができます。このファイルはリリースログの一部として使用可能です。
リリースに関連付けられたすべてのログをダウンロードするとき、これらの関連するファイルも同様に取得することができます。

RM用のGitHub成果物

我々は直前のスプリントでRMでGitとTFVCのソースを直接成果物とできるようにしました。このスプリントでは、GitHubも同様に扱うようになりました。 もし、Node.js, JS, PHPアプリケーションのデプロイが必要で、ビルドステップが必要ではない場合、そしてもしあなたのコードをGitHubで管理しているとき、GitHubのソースを成果物として、直接リリース定義に指定することができます。

.NET SQL Extension

MarketplaceのIIS Web App deployment using WinRM extensionはデータベースへのDACPACデプロイのサポートを拡張しました。このリリースでは、ユーザーがIISのWebとデータベースアプリをTFSおよび、Team Servicesの両方に展開できるようになります。

Test

Webテストランナーでの画像ログ

WebランナーをChromeで使っているとき、Webアプリケーション実行中のスクリーンショットと操作の動画に追加して、必要があれば、操作ログを記録できます。 特定のブラウザウィンドウにおいて、あなたの操作ーウィンドウのすべての操作(あなたが開いたウィンドウ内の既存もしくは新しいタブ)もしくは、Webランナーでのテストステップ実行中に起動したブラウザの新しい子ウィンドウを自動的にキャプチャおよび、収集します。これらのイメージで記録されたアクションログはどんなバグのファイルも、現在の実行したテスト結果に添付されます。 この能力を活用するにはChromeベースの探索テスト拡張機能を使用してください。

Order tests in Test hub

テストチームは必要であれば、テストスィートの順番を変更することができます。以前のスィートではアルファベット順に並べるしかできませんでした。今では、Testハブにドラッグアンドドロップが実装され、スィートは階層内でほかのスィート間で移動できるようになりました。この議論はUser Voiceで手動テストケースおよび、テストマネージメントのスレッドを見てください。

Pick a build to test with

Testハブで"Run with option"を使用して、Webランナーを起動し、テストするビルドを選択することができます。どんなバグも選択されたビルドに自動的に関連付けられて実行されます。付け加えるなら、テスト出力もまた特定のビルドに関連付けられます。我々はMicrosoft Test Manager 2016(MTM)クライアントをリリースするとき、同じ仕組みで、特定のビルドと、データ収集をMicrosoft Test Runner(MTR)クライアントを使用して、最初にMTMを構成することなく実施することができます。詳細は今後のお楽しみです。

今回のスプリントは以上です。もしもよいアイディアがあったり、あなたの希望で優先順を変更したい場合、UsersVoiceに投票してください。

ありがとうございました。

Jamie Cool

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment