Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

What would you like to do?
translate to Japanese to VSTS release notes from https://www.visualstudio.com/ja-jp/articles/news/2017/jan-25-team-services

Delivery Plansとモバイルワークアイテムフォーム - 2017/1/25

注意事項: これらの更新は来週にわたって順次展開されます

このスプリントでいくつかの新しい機能を用意したので紹介します。さぁ、始めましょう。

Delivery plans

Delivery Plansのプレビュー開始をお知らせします。 Delivery Plansは、配布スケジュール(イテレーション)に複数のバックログを重ね合わせることでチーム間の連携を促進します。表示したいバックログ、チーム、および作業項目を含めます。 100%インタラクティブプランでは、あなたが行っているように調整することができます。 マーケットプレースで、新しいDelivery Plans拡張機能をインストールしてください。

delivery plans

より詳細な情報はブログを読んでください。

モバイルwork itemフォームのプレビュー

私たちは、Visual Studio Team Services用のモバイルフレンドリーなワークアイテムフォームのプレビューをリリースしています! このモバイルワークアイテムフォームは、モダンで便利な最適化されたルックアンドフィールをもたらします。

mobile form

モバイルデバイス上のモバイルフォームにアクセスするには、あなたの@mentions内にあるリンクをクリックして電子メールを送信するか、新しいアカウントページ内の作業項目にアクセスします。 このプレビューでは、状態表示、領域と繰り返しセレクタ、複数行のテキストフィールド、タグの作成/削除、履歴などをモバイルに最適化させたコントロールを提供しています。

mobile form state

今後のスプリントでは、ディスカッションをモバイルフレンドリーにする予定ですので、楽しみにしていてください。 フィードバックをご希望の場合は、フォーム上部のバナーにあるSend Feedback機能を使用してください。 フィードバックをお待ちしています!

mobile form feedback

より詳細な情報はブログを読んでください。

Build エディタのプレビュー

今月は、ビルド定義の作成と編集を容易にするための新しいデザインのプレビューを提供しています。 スイッチをクリックして試してください。

build editor switch

もし、あなたが気に入らなければ、切ることができます。 しかし、最終的には準備が整ったと感じた時にはプレビューエディタが現在のエディタを置き換えます。意見がある場合、早めにフィードバックをください

新しいエディタには、古いエディタのすべての機能と、既存の機能に対するいくつかの新機能と拡張機能があります。

テンプレートの検索

必要なテンプレートを検索して適用するか、空のプロセスから開始します。

build editor new build definition

あなたが必要な時、すぐにタスクを探して、素早く追加

使用するタスクを検索し、見つかったら左側にある現在選択されているタスクの後に追加するか、移動したい場所にドラッグアンドドロップします。

build editor add task

タスクをドラッグ&ドロップして移動するか、Ctrlキーを押しながらドラッグ&ドロップしてタスクをコピーすることもできます。

プロセスパラメータであなたのタスクに重要な引数を渡す

プロセスパラメータを使うことで、ユーザーがビルド定義やテンプレートのタスクに深入りすることなく、最も重要なデータを簡単に指定できるようになりました。

build editor process parameters

組み込みのテンプレート(Visual StudioやMavenなど)から新しいビルドを作成した場合、その動作の例を見ることができます。

より深く学ぶ

新しいエディタには、ソース設定にすばやくアクセスできるなど、いくつかの拡張機能が追加されています。 詳細は、新しいビルドエディタのプレビューを参照してください

Repo 管理者権限の変更

Git reposのAdminister権限をいくつかのより細かい権限に分けました。 これにより、誰がどのような操作を実行できるかを柔軟に判断できます。 たとえば、アカウント内の誰もが新しいリポジトリを作成することを許可することはできますが、リポジトリを削除したり、新しいユーザーをリポジトリに追加することはできません。 新しい権限はこれだけあります。

  • Administer: ユーザーの追加と権限を追加、削除
  • Create: 新しいレポジトリを作成
  • Delete: レポジトリを削除
  • Rename: レポジトリの名前を変更
  • Edit policies: ブランチポリシーを構成
  • Remove others’ locks: 他のユーザーにブランチロックの設定を削除

これらの権限は、プロジェクト内のすべてのリポジトリまたは個々のリポジトリに適用できます。

Branch policyの強化

このスプリントでは、ブランチポリシーにいくつかの強化を行いました。 Policiesセクションでは、必須およびオプションのポリシーがsectionにまとめられ、PRを完了するために必要なポリシーが明確になっています。 必要とされるレビューアは、requiredセクションに集約され、承認が必要なすべてのレビューアから承認された場合にのみマージ承認とマークされます。

policies

ポリシーをバイパスして(権限が必要なユーザーの場合)、Completeダイアログボックスに新しいエクスペリエンスが表示されます。 何も満たされていないポリシーに警告メッセージが表示され、ポリシーを無効にするオプトインオプションが新たに提示されます。 上書きオプションをチェックすると、Override & Completeアクションが有効になると、PRが完了し、失敗したポリシーが上書きされます。

bypass

PR コメント強化

ユーザーがPRの新しいコメントをよりわかりやすく識別できるように、既存のディスカッションスレッドの新しい回答にいくつかの装飾を追加しました。 ファイルビューのコメントは、新しいコメントを持つスレッドを強調表示します。

PR comments

ディスカッションコントロールツールバー

Markdownは、pull requestのコメントを追加する際の強力なツールですが、構文を覚えにくい場合があります。 これを簡単にするため、ディスカッションコントロールにツールバーを追加しました。このツールバーは、適切なMarkdown構文を挿入して一般的な書式を追加します。 見出し、太字、斜体、リンク、コード、リストはすべて新しいツールバーコントロールを使用して追加することができ、@や#などの機能はツールバーを使って入力することもできます。 太字(CTRL + B)、イタリック(CTRL + I)、およびリンクの作成(CTRL + K)のキーボードショートカットを使用できます。

discussion toolbar

View PRs for a commit

commit detailsページで、コミットに関連するすべてのpull requestを表示できるようになりました。 下の画像から、動作が確認できます。

  • 関連するpull requestドロップダウンには、このコミットに関連する2つのpull requestがあります。
  • pull request #2は、masterにcommitします。
  • 同じコミットがpull request #1からbranch4に送られました。 PR in commits

Package Management のリリースビュー

Package Management に、リリースビューと呼ばれる新しい機能を追加しました。 リリースビューは、そのリリースビューに昇格されたフィード内のパッケージバージョンのサブセットを表します。 リリースビューを作成してパッケージの利用者と共有することで、依存関係があるバージョンを制御できます。 これは、頻繁に更新されたパッケージバージョンを公開する継続的な統合シナリオでは特に有効ですが、公開された各バージョンを告知もしくは、サポートしたくない場合があります。

始めるにはこのドキュメントを読んでください。

npmjs.com のアップストリームパッケージをキャッシュできるように

Package Management でのnpmフィードは、npmjs.comに対してキャッシュ付きのアップストリームソースとしてサポートするようになりました。 このオプションを有効にすると、フィードは透過的にnpmjs.comのパッケージに対してプロキシ、およびキャッシュとして動作します。つまり、npmjs.comからは特定のpackage@versionを一度入手するだけです。 そのパッケージの今後のリクエストは、Team Servicesアカウントから直接配信されます。 パッケージがnpmjs.comから削除されても、Team Servicesからキャッシュされたバージョンを引き続き入手できます。 詳細については、npmjs.comのパッケージを使用するを参照してください。

Visual Studio 2017を使用してテストを実行する

CI / CDパイプラインでDeploy Test AgentRun Functional Testsタスクを使用すると、Visual Studio 2017 RC用のテストエージェントをインストールし、Visual Studio 2017を使用してビルドされたテストを実行できるようになりました。

run tests

テスト手順の変更追跡

以前、テスト項目の作業項目が変更された時であっても、作業項目の履歴において、変更内容を整形されなかったため、テスト手順の作業項目でどのテスト手順が変更されたかを理解することは困難でした。 このデプロイから、作業項目履歴にテスト手順の変更されたことを示す書式を追加したので、手順が編集、追加、または削除されたことがわかりやすくなりました。 編集されたステップについては、更新されたステップと前のステップを調べて、変更の比較ができます。 既存のステップを共有ステップに変換するもしくは、新しい共有ステップを追加しても、新しい履歴ビューに取り込まれます。

test steps

work itemの検索結果の並び替え

これまでは、作業項目の検索結果は常に関連性によって並べられていました。 割り当て済み、変更日、作成日、ID、関連性、状態、タグ、タイトル、および作業項目タイプによって結果をソートできるようになりました。 作業項目の検索結果の既定の並び替え順は関連性のままであることに注意してください。

search

Marketplaceの変更履歴のリンク

拡張機能の提供者は拡張機能の変更履歴を特定の書式で作成することにより、マーケットプレースへリンクできます。

Team Services拡張機能向け

拡張機能内のChangelogをmarkdownで書いて、マニフェストのcontentセクションのpathプロパティで該当ファイルを指定すれば、changelogオブジェクトを含めることができます。

VS Code 拡張機能向け:

CHANGELOG.mdが拡張機能のワークスペースルートに置かれている場合、それはvsce公開ツールによって自動的にインクルードされます。 詳細は、VS Codeのドキュメントを参照してください。

Build 概要ページからRelease実行

Build概要ページのアクションバーでRelease実行をサポートしたので、ビルドのリリースを簡単に作成できます。

release action

variable groupsでのセキュリティ

Variable groupsのセキュリティは、CreatorAdministratorなどの一連のロールによって管理されるようになりました。

既定では、以下のロールに割り当てられています。

  • Creator role to Contributors- Creator ロールがContiributorsに
  • Administratorロールが、Project Collection Administrators, Project Administrators, Build Administrators & Release Administratorsに
  • Reader ロールが Valid Project Usersに

variable groupsの既定の設定は特定のロールによって上書きされます。

variable group

Azure ポータルでのWeb appデプロイ履歴

Release Managementは、App Serviceデプロイメントタスクを使用してデプロイメントが完了したときにAzure App Serviceのデプロイメントログを更新するようになりました。 ユーザーは、App Serviceブレードの**[継続配信]**オプションをクリックして、Azureポータルで展開履歴を表示できます。

いつも通り、もしもUsersVoiceにあるアイディアの優先順位を変えたい場合、ぜひ投票してください。

ありがとうございました。

Aaron Bjork

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment