Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
translate Visual Studio Team Services new feature from VSTS's release note.

よりよい探索テスト、リリースマネージメントのテスト環境、squash merge

すべてのリリース環境のテスト結果を表示

リリース単位でテスト結果とテスト品質を閲覧できる機能を追加しました。リリース概要のTestハブではテストを実行したそれぞれの環境のテスト状況を表示することができます。テスト状況では特定の環境やリリースにおけるテストの成功と失敗、成功パーセンテージ、テスト間隔といった情報がすべてのテスト環境を相互に参照することができます。失敗したテスト結果のエラーメッセージをドリルダウンして、スタックとレースやテストの添付ファイルを概要ページから参照することができます。ここから失敗したテストのバグを作成し、関連するバグとして登録します。

トリガー:デプロイを起点にした複数環境作成

複数の環境に展開が成功した後、リリース定義を(例えばProd/Productionの意味)自動的に作成することができます。これは複数の複雑な環境(QA1やQA2という環境)に自動的にリリース環境を構築するという機能セットの拡張に便利です。

EpicとFeatureをボードでドリルダウン

昨年の夏、私たちはfeatureをリリースし、カンバンのユーザーストーリーからタスクを直接作るという機能を提供しました。私たちはこのボードの機能を拡張して、EpicやFeatureといったボードからでも作れるようにしました。チェックリスト形式は予定されていた作業が終わったことをわかりやすく表示し、外部から俯瞰的に参照することができます。

作業項目から直接探索テストを実施

特定の作業項目から探索テストを実施することができるようになりました。私たちはすべてのカードにエントリを作成し、Test Hubに表示されます。これにより、選択したタスクから一貫した追跡が可能になります。探索テスト拡張機能をマーケットプレイスから追加してください。

データ集計:イメージアクションのログ

探索テスト拡張機能はワンクリックで自動的にバグと再現手順を追加する機能を提供します。"Include image action log"オプションを選択すると、マウスやキーボード、タッチ操作といったアクション、テキストやイメージを直接バグもしくはタスクに記録することができます。

テストケースベースのイメージログデータ採取

探索テスト機能からテストケースを作成することができ、その手順を自動的に登録します。手順はテキストとして編集、キャプチャとして追加することができます。それぞれの手順が成功したか、失敗したか、と記録することができます。

テスト計画、テストスィート、テスト手順の割り振り

テスト計画の構成をより簡単に割り当てるための機能を有効にしました。Testハブからテストスィートもしくはテストケースを直接作成できます。アイテム上で右クリックして、"Assign configurations to..."を選んで、実行のチェックを付けてください。この機能は将来Testハブのテスト構成とテスト構成の値を編集できるようになります。

プルリクエストのsquash merge対応

pull requestを完了するときにsquash mergeを選択できるようになりました。この新しいオプションはトピックブランチからターゲットブランチへ一つのコミットとして適用できます。通常のマージとsquash mergeが最も異なる点は、squash mergeでは親は一つのコミットになるという点です。これが意味するところは、履歴グラフがシンプルになり、トピックブランチからコミットグラフを容易に追跡できるようになるということです。

IntelliJやAndroid Studio他でのクローン

あなたのWebのレポジトリからIntelliJやAndroid Studioなどの他のIDEにクローンできるようになりました。新しいレポジトリを始める場合、最新版のVS Team Servicesプラグインが必要になります。

Team Foundation Version Control(TFVC)でのゲートチェックイン

TFVCレポジトリに対して、ビルド定義にゲートトリガーの作成をサポートしました。詳細はこちらを見てください。

Azure環境での自動テスト

"Azure Resource Group"タスクを更新しました。以前のAzure Resource(仮想マシンなど)のテンプレートファイルはそのまま利用でき、最新のリソースエクステンションを使用することができます。例えば、DSC Resource Extensionなどです。同様に、Azure Resourceは"Visual Studio Test Agent Deployment"と"Run Functional Tests"でテストを素早く、効果的に福栖の環境で実行することができます。

Nuget package delist

feedからdelist packagesを永続的に廃止する機能を追加しました。パッケージを廃止すると、どんなパッケージリストや、Web、Visual Studioの拡張機能、NuGet.exeでも表示されません。パッケージは特定のバージョンを除くこともできます。

nuget.exe delete package ID package version -source << Nuget v2 endpoint URL>> -ApiKey VST

Office Connector

今週、私たちは新しいOffice 365のコネクタを提供しました、これはOffice 365 のあなたのプロジェクトから重要なイベントをGroupに通知してくれるというものです(新しい作業項目、ビルド完了など)。今週中にもmarketplaceにリリースされます。

これで素晴らしい機能のリストは全部です!もしなにか質問があれば@aaronbjorkにご自由にどうぞ。もし、新しいアイディアや、優先すべき項目があれば、UserVoiceに投稿してください。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment