Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?

Ruby開発環境の構築

rvmのインストール

liyaml-develをインストール〜方法1〜

gemを利用する際にlibyaml-develがないとWarningが出る。 デフォルトのyumリポジトリではliyaml-develがインストールできないため、epelリポジトリを追加してインストール。 ただ、常にepelリポジトリを有効にしたくはないため、設定でenabled=0へ変更する。

cd /opt
wget http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm
vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
    < 6 enabled=1
    > 6 enabled=0
yum --enablerepo=epel install libyaml-devel -y

libyaml-develをインストール〜方法2〜

cd /opt
curl -O http://pyyaml.org/download/libyaml/yaml-0.1.4.tar.gz
tar xzvf yaml-0.1.4.tar.gz
cd yaml-0.1.4
./configure #(--prefix=/usr/local)
make && make install

rvmのインストール

\curl -#L https://get.rvm.io | bash -s stable --autolibs=3

rvmの有効化

source /etc/profile.d/rvm.sh    # rootの場合, 各ユーザの場合も該当する設定ファイルをsourceする。

Ruby1.9.3のインストール

Rubyをインストールした段階で、gemも利用できるようになっている。 また、よく出る問題としてのgemで「libyamlないぞエラー」の出現があるが、
それを回避するために明示的にインストールしたlibyamlディレクトリを指定する方が好ましい。

rvm install 1.9.3 --with-libyaml-dir=/usr/local

※参考までに
うまくいかない場合の回避として以下みたいなコマンドも調べつつ再挑戦する必要があるときもあるかも。

rvm pkg install libyaml
rvm reinstall all --with-libyaml-dir=[libyaml-installed-dir] --force

デフォルトで利用するRubyのバージョンを指定

rvm use --default 1.9.3 
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.