Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
2016年を振り返る

2016年を振り返る

はじめに

るろです。現在は大学4年生で卒業研究まっしぐらです。化学を学んでいますが、基本的に雑食なので気になることは何でも勉強します。なかでもプログラミングは昔からちょっとずつかじっていて、最近ようやく本格的?に使うようになってきたというところです。

私がメインで使っているのはCommon Lispで、数あるLisp方言の中の1つです。Lispは()の多い言語なので、これを嫌う人も多いと思いますが、慣れてくるともはや()無しでは生きられないレベルになります。

今回の記事では、これまでの振り返りをしていきたいと思います。振り返りがメインになるので、コードとかは出てきません。

Common Lispを学び始めた理由

Common Lispは2大Lisp方言の1つで、現在でも多方面で使われています。数あるプログラミング言語の中でも、なぜこれを選んだのかと聞かれると、いろいろ入門してる中で一番これがしっくり来たからとしか言えません。何より入門に使ったLand of Lispの表紙が可愛い。Lispエイリアンほんとにかわいい。これを公言すると9割の人に「お、おう…」っていうリアクションをされるのがとても悲しいです。そんなわけで入門をサクッと終えてなんかやろうとしたんですけど、ちょうど忙しい時期も重なってなんだかんだ卒業研究で使うまではほとんど書けませんでした。

そして卒業研究ではひたすらにプログラム書いてます。最初のうちは調べる時間の方が多かったけど、最近はそれも減ってきて自然と書けるようになってきてとてもうれしいです。これからもどんどんいいプログラム書けるように、いろんな人のいろんなプログラムを見て勉強していきたいと思います。マクロとかももっと使いこなしたい…

これまでの経緯

Common Lisp以外にも、最近だとPyHorseのPython入門に参加して、群馬産Pythonistaになれたので、Pythonも書いていきたいと思います。またLispかといわれそうな気がするんですけど、その昔、人工知能の研究にはLispが使われていたそうなので、最近なにかと話題の機械学習をPythonとCommon Lispとで勉強していきたいと思っているところです。

あとは、とある団体の参加登録ページを作るためにPHPを触ったこともありました。今では全然かけないと思いますが。その他だと、最近はUbuntuからArch Linuxに乗り換えたのもあったのと、プログラミングをやる時間が増えたのでちょっとしたシェルスクリプトを書いたりもしてます。シェルは便利だなぁと思っている日々です。

これからはじめたいこと

最近は先生からこういうプログラムがほしいみたいな相談をされて、調べたらJavaだったので、Clojureを勉強しようかなと思ってます。なんやかんやでLisp楽しいので、必要最低限のJavaの知識をつけたらClojureをバンバン書きたいです。あとは、単純に興味あってOCamlとかRustを触ってみたいです。書いたプログラムの公開とかもやってみたいけどまだ怖くてできてません。。。。

それと根本的な数学の知識とかが抜けているので、情報系のシラバスを参照しつつ少しずつでも勉強していきたいと思ってます。

あとはガルパンの影響で始めたロシア語の勉強も少しずつ進めていきたいです。

配信再開されて見まくっています。ガルパンはいいぞ~

以上です。ありがとうございました。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.