Instantly share code, notes, and snippets.

@otofune /UEC_K.md
Last active Dec 25, 2018

Embed
What would you like to do?
【報告】UEC K課程に合格しました - whywaita Advent Calendar 2018 9日目

【報告】UEC K課程に合格しました

こちらは whywaita Advent Calendar 2018 9日目 の記事です。実際には25日目です。大変遅れました。

はじめに

初めまして。音船といいます。普段は通信高校生をしながらウェブサービスに関するアルバイトをしています。

whywaita氏とはこれまで関わりがなかったものの

やろうかと思ったけど知り合いではないので終わりです、誰かやって

— アドカレ書きます (@sonarship) 2018年12月5日

別に知り合いじゃなくても良いですよ!!!!まあいま知り合ったってことで!!!!!

— why/橘和板 (@whywaita) December 5, 2018

という流れで、知り合いになりました。ぜひ友人になりたい。

ご報告

タイトル通りではありますが、電気通信大学(UEC)の先端工学基礎課程(K課程)に合格しました。

今年度のはじめに受験か就職か選ぶところで就職を選びならが突然9月に方針を変えて、色々と迷惑をかけました。
奔走してくださった先生方、母に感謝です。

来年から入学する方もすでに UEC にいる方も、これからよろしくお願いします 🙏

ところで、どなたか高校数学・化学・物理の復習をするのに適切な参考書を教えてくれませんか……!
レベルとしては一度やったがぱっと思い出せない状態です。段階が 0 ~ 10 まであるとしたら前半くらいを抑えたいと思っています。
現在所属している高校には高専から編入で入っており、これらの教科をあまりやらずに年単位で過ごした状態です。お願いします 🙇


ここから付録です


平成31年度 K課程 AC入試 の流れ

事前に通達されているスケジュールと異なるため、記します。今年は次の通りでした。

  1. 総合問題(数学・物理・化学)
  2. 小テスト(数学)
  3. 集団面接
  4. 個人面接

小テストはスケジュールにないもの、解くスピードを問われる類のものです。
ページを時間ごとに進め、ページを進める毎に問題の難度が上昇します。
問題の難度は最後まで総合問題を超えていないくらいでした。

集団面接は5人 (受験生) - 3人 (面接官) という形でした。

  • UEC の選択動機、夜間課程の選択動機
  • 総合問題・小テストの出来はどうだったと思うか
  • UEC では数学が重視されている。あなたの数学への印象は?

が聞かれたことです。

私は

  • 「仕事をしていく中で知識がもっと欲しくなった。仕事の範囲から出ている分野も知りたい。ただ大学と仕事で得られる知見はそれぞれ被らないと考えていて両立したかった」
  • 芳しくないと答え、どこがダメそうみたいな話もした
  • 「活用例がわかると面白い。公式だけ覚えさせるようなものだとあまり面白くない」

と答えています。

個人面接では集団面接時の先生方と変わらずで、こちらが一人になる格好でした。 集団面接時の深堀りや、提出書類なんかを絡めた質問をされます。わたしは動機について深堀りはされなかったものの、友人によるとされる場合もあるようです。

受験に至るまで

過去に高専を退学しており、学業への自信が喪失したままだったのでもともとは就職希望でした。
バックエンドエンジニアとして働いており、仕事は好きだったのでそのまま業界に就職するのも無理ではないと考えたためです。
独り立ちして家族にこれ以上迷惑を掛けたくないなという意図もありました。

そう決めて取り組みながらも、触れている開発も好きではあるものの、ずっと分野に関する広い知識が欲しいという気持ちが燻っていました。
コンピューターのことが大好きだから、できればウェブ界隈が潰えてもエンジニアのような職で生きていく道を探したいなと。
高専をやめたコンプレックスもあったかもしれない。当初は必要になったタイミングで大学に進学しよう、と考えていたことを覚えています。

考えが変わったのは働いていたベンチャーの雲行きが怪しくなり、逃げると同時に大きい企業を体験するためインターンに行ってからでした。
思ったよりたくさん褒めて頂いて自尊心を回復できたり、マネージャーが親身に人生相談を乗ってくれたりと人に恵まれました。
仕事をしている自己のイメージがつくようになったこともあり、今すぐの就職をしなくてもいいだろうという結論になり、考え直すことができました。

夜間大学は仕事と両立でき、家族に迷惑をかけないことが可能だと知った時はこれしかない!と。
苦手意識が克服できたわけじゃないものの、もし学業にコケても仕事があると気が楽になり、挑戦することができたと言えます。

インターンとして拾ってくれた株式会社メルカリ、感謝をしても仕切れないくらいです。

初心

大学に行く目的

分野全般の知識を広く知れる状態になること、もっと面白いと思える分野を探すこと。   現状だとウェブに近い分野しかわからないし、それを支えているところがあまりわかっていない実感がある。   コンピュータが大好きなので、数年後に仕事がなくなりコンピュータから離れてしまうという事態を避けたい。

なぜ夜間課程にしたのか

仕事と両立できることで経済の自由が得られるところに魅力がある。また、共倒れにならなければ死なないだろうという意図もある。

現段階では実務は面白いと思っている。大学で得るものと実務で得るものは異なるとも予想しており、平行したかった。   また、加えてそこまで家庭が裕福ではないということもあった。

なぜUECにしたのか

一概に良いと言える材料かはわからないが、メディアに露出が多い。ラボサーチを見るに、研究について基礎から応用までやっている印象を受けた。複数の課程があることもあって、シラバスを見てもカリキュラムは幅広かった。

そんなことを情報科学が学べる夜間課程のある大学に絞って考えると、もっとも良いが高いと感じた。夜間課程でも昼間の単位をいくつか選択できるから嬉しい。

また現在京王沿線に住んでいるということもあった。乗り換えがないのはとても利便性が高い。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment