Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

@tokuhirom
tokuhirom / epoch
Created May 16, 2014
The epoch command
View epoch
#!/usr/bin/env perl
use strict;
use warnings;
use Time::Piece;
use Pod::Usage;
&main; exit;
sub show($) {
my $time = shift;
View yapc_tote.pl
#!/usr/bin/env perl
use strict;
use warnings;
my @array = ( 115, 117, 112, 112, 111, 114, 116, 101, 100, 32, 98, 121, 32, 76, 105, 118, 101, 115, 101, 110, 115, 101, 32, 73, 110, 99, 46, 10);
for my $c (@array){
printf "%c",$c;
}
View javascript-yuphonia.js
/*
* Use like below
*
* var div = Hoge.create('div', {id: 'hoge'})
* .create('ul')
* .create('li')
* .end()
* .create('li')
* .end()
* .create('li')
@debility-zz
debility-zz / gist:3911223
Created Oct 18, 2012
mysqlcf2 log 20121018
View gist:3911223
mysqlcf2 log 20121018
MySQL Casual Talks Fukuoka #2
---
@Spring_MT はじめに
発表すること(内容じゃなくて)をcasualに
椅子もまさかりも飛んでこない
情報共有≠事業価値の欠損
View a264.md

以下は https://codeiq.jp/ace/maeda_takeshi/q264 に対する解答として記述したものです。

--

  1. このHTML文書はheader要素やsection要素を含んでおりHTML 5で書かれていると想像する事が出来るが、ルート要素であるhtml要素がxmlns:og属性を持っており、仕様違反となっている。一行目の <!DOCTYPE html> を取り除き、拡張子が .html となっているのであれば .xhtml と変更させ、Content-Typeを application/xhtml+xml として送出させるべきである。だが、動作保証環境中にあるIE 7に対応する為に該当する処理は避けなければならず、またxmlns:og属性はこのHTML文書中では必ずしも必要となっている物ではないので、単純に取ってしまえば良いであろう。

  2. description」という値が入れられているname属性を持つmeta要素のcontent属性の値の文書中に「CodeIQ」という文字が出現しており、他の箇所との整合性が取れなくなってしまっている。他の箇所は大半が「Coder IQ」となっており、また前提での記載から鑑みて「Coder IQ」という文字で統一させるべき物であろうと想像出来る。

  3. description」という値が入れられているname属性を持つmeta要素と、「og:description」という値が入れられているproperty属性を持つmeta要素と二つ存在するが、どちらも同様の意味を有す物であると想像する事が出来るが双方でcontent属性の値が相違えてしまっている。どちらか一方に内容を合わせる、もしくは片方を削除するべきであろう。「description」という値が入れられているname属性を持つmeta要素は現在多くのウェブ検索エンジンを提供するサービスに於いて無視されてしまう物となっており、現在有効に使われている例はそうない。だが他方、「og:description」という値が入れられているproperty属性を持つmeta要素は、Facebookという現在広く使われているウェブサービスに於いてURIの共有が行われた際に該当するウェブページの内容を説明する

@shunirr
shunirr / app.rb
Created Apr 8, 2016
LINE Bot API Proxy
View app.rb
require 'sinatra'
require 'httpclient'
CALLBACK_URI = URI.parse('http://example.com/callback')
configure do
set :httpclient, HTTPClient.new
end
post '/callback' do
View config.ru
require 'rubygems'
require 'rack/reverse_proxy'
use Rack::ReverseProxy do
reverse_proxy '/callback', 'http://example.com/'
end
app = proc do |env|
[ 200, {'Content-Type' => 'text/plain'}, ["OK"] ]
end
View gist:3ad43349c4e0202ec147
public class HomePresenterImpl implements HomePresenter {
private static final String TAG = HomePresenterImpl.class.getSimpleName();
private final HomeScreen screen;
private final DataProvider provider;
private Subscription subscription1;
public HomePresenterImpl(HomeScreenImpl screen, DataProvider dataProvider) {
this.screen = screen;
this.provider = dataProvider;
}
View MainActivity.java
package test.fragment;
import android.app.Activity;
import android.app.Fragment;
import android.app.FragmentTransaction;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.view.View.OnClickListener;
public class MainActivity extends Activity {
@mala
mala / gist:457a25650950d4daf4144f98159802cc
Last active Sep 28, 2016
CVE-2016-7401 CSRF protection bypass on a site with Google Analytics の解説
View gist:457a25650950d4daf4144f98159802cc

CVE-2016-7401

多くのcookie parserは、pairsの区切りとして ; と , を許容しているのでdjango以外にも影響がある。 ブラウザが使用するcookie pairの区切りは実際には ;