Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

What would you like to do?
情報システム実験 組み込みオペレーティングシステム 環境構築メモ

[K-13] 情報システム実験 : 組み込みオペレーティングシステム 環境構築

Mac OS X 10.9.2 で、主専攻実験の GBA 開発環境を構築した際のメモ。

なにか間違ってたらごめんなさい (╹◡╹ )

ARM 開発環境

TA さんの非公式マニュアルを参考に devkitPro なるものをインストールした。

devkitARMupdate.pl を実行し、指示に従って環境変数を設定。

GBA プログラムをビルドする際に使用する、名前に「arm」がつくコマンド類(gcc-arm や ld-arm など)は、devkitPro のディレクトリ内の devkitPro/devkitARM/bin/ にあるものを使用した。

optusb のビルド

GBA への転送用プログラム optusb をビルドする。

libusb-compat

libusb-compat のインストールに Homebrew を使用した。

$ brew install libusb-compat

optusb

ソースはここから引っ張ってくる http://www.skyfree.org/jpn/unixuser/optusb.html

Makefile を brew でインストールした libusb-compat を使用するよう書きかえ、 make する。

GBA への転送

$ ./optusb 転送したいファイル

GBA エミュレータで動作させる

毎回ビルドして GBA を接続して転送して... という作業を繰り返すのは面倒なので、開発したゲームを GBA エミュレータで動作させられるようにした。

Mac Boy Advance

Windows で人気のある Visual Boy Advance の Mac OS X 版というものがあったので利用した。

Mac Boy Advance

上記リンクから VisualBoyAdvance_1.7.6.dmg をダウンロードし、 Applications ディレクトリにインストール。

ビルドしたゲームは、拡張子を ".mb" としないと正常に起動することができなかった。

Makefile の修正

拡張子 .mb で実行ファイルが生成されるように Makefile を修正する。

また、エミュレータの起動のためのタスクを追記し、 make run で起動するようにした。

VBA = /Applications/Visual\ Boy\ Advance/VisualBoyAdvance.app/Contents/MacOS/VisualBoyAdvance
run: main.mb
  $(VBA) main.mb 1>/dev/null 2>/dev/null &
# optusb Makefile
# brew でインストールした libusb-compat 向け
optusb: optusb.c usb.h libusb.a
gcc -I `brew --prefix libusb-compat`/include/usb.h -L `brew --prefix libusb-compat`/lib -lusb -Wall -o optusb optusb.c
clean:
rm -rf optusb *.o
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment