Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

@shirokuro331 shirokuro331/gist:5135506
Last active Dec 14, 2015

Embed
What would you like to do?
jekyll の導入手順(jekyll Bootstrap)

jekyll インストール

terminal.app を起動し、下記コマンドを入力。

$ gem install jekyll

※ Ruby 1.9.1 が必要っぽい
Install

jekyll bootstrap のファイルをローカルにクローンする。

$ git clone https://github.com/plusjade/jekyll-bootstrap.git wcaf.github.com

http://wcaf.github.com の場合
jekyll bootstrap

クローンしたファイル一式を確認

$ cd wcaf.github.com
$ jekyll --server

http://localhost:4000 で確認できる。

テーマを変更する

themes n stuff から変更したいテーマを選択する。
選択したら、下記のようにterminal.appでコマンド入力する。

$ rake theme:install git="https://github.com/jekyllbootstrap/theme-the-program.git"

入力したらテーマ用のファイルをクローンしてくれて、自動的にインストールされる。最後に「テーマ変更しますか?」みたいなことを聞かれるので、問題なければ y を入力する。テーマ変更完了、
※ git="URL" は変更したいテーマの git URL。

ページを作る

『sample.html』というページを作る

$ rake page name="sample.md"

『dir』というディレクトリを作って、その中に『sample.html』を作る

$ rake page name="dir/about.md"

ユニークなページを作る

あるページだけテーマと違うデザインにしたいときとかに。
『_layouts』フォルダに違うデザイン用のファイルを作る(他のファイルから複製すると楽)
include させるテーマファイルのパスを書く。(ex. {% include themes/twitter/page.html %})
パスの先のファイルを編集する。
.md ファイルの先頭にある layout: に、読み込ませたいincludeファイル名を書く。

要は、『_layouts』と『_includes』にある、関連するファイルを編集して、.md の頭にどれを読み込ませたいかを書くだけ。文章わかりにくい。。

パーツ(モジュール)を include させる

{% include themes/twitter/parts.html %}

みたいな感じで include させたいファイルへのパスを通すだけ。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.