View GitHub-GraphQLAPISample.ps1
#
# PowerShell/PowerShellリポジトリのリリース情報を取得するクエリ
# 取得件数は適当
#
$header = @{
'content-type' = 'application/json';
Authorization = 'bearer YOUR_GITHUB_API_TOKEN'
}
$query = @'
{
View Start-FileWatch.ps1
<#
.Synopsis
指定したパスにあるファイルの変更を監視します。
.DESCRIPTION
指定したパスにあるファイルの変更を監視します。
監視を止める場合はCtrl+Cを押してください。
.PARAMETER Path
監視するディレクトリを指定します。
.PARAMETER Filter
監視するファイル名(に対するフィルタ)を指定します。
View poweshell_updates_for_6.1.0.md

PowerShell 6.1に向けた機能変更を勝手にまとめ

PowerShell 6.0.0リリースからのコミットを追って適当にピックアップ。

  • 2018/06/15 : コミット8805ca20aae583b1e63d9cfd2a2a3b24e0862428まで。

ランタイム

  • Make Select-Object/ForEach-Object/Where-Object see dynamic properties (#6898)
  • .NET Core 2.1-rc1に更新 (#6873)
View Test-MixedContent.ps1
#Requires -Version 5.0
# パスチェック
# カレントディレクトリにWebDriver.dllとchromedriver.exeがある前提
if ( -not (Test-Path -LiteralPath '.\WebDriver.dll')) {
Write-Error 'WebDriver.dllがありません。'
return
}
if ( -not (Test-Path -LiteralPath '.\chromedriver.exe')) {
Write-Error 'chromedriver.exeがありません。'
View Get-HatenaBlogEntries.ps1
#
# AtomPub APIを使うバージョン
#
# 設定
# 面倒なのでBasic認証
$hatenaId = 'はてなID'
$blogId = 'ブログID'
$cred = Get-Credential -UserName $hatenaId
View Write-BOMlessUTF8Sample.ps1
# 例1
"書き込み内容" `
| % { [Text.Encoding]::UTF8.GetBytes($_) } `
| Set-Content -Path ".\BOMlessUTF8.txt" -Encoding Byte
# 例2
Get-Content -Path ".\Source.txt" -Raw -Encoding Default `
| % { [Text.Encoding]::UTF8.GetBytes($_) } `
| Set-Content -Path ".\BOMlessUTF8.txt" -Encoding Byte
View PSCloudShellStartup.ps1
# Startupscript for PowerShell Cloud Shell
$script:Startuptime=[System.DateTime]::Now
# User profile script location
$script:AzureRMProfileModule = if($PSVersionTable.PSEdition -eq 'Core'){'AzureRM.Profile.NetCore'}else{'AzureRM.Profile'}
$script:AzureADModule = 'AzureAD'
# On WindowsPowerShell, $PSVersionTable.PSEdition is Desktop; On pscore, $IsWindows is true; On Linux, all false
$script:IsWindowsOS = ($PSVersionTable.PSEdition -eq 'Desktop') -or $IsWindows
$script:CustomProfileTimeConsumption = 0
View Update-SystemDateFromNICT.ps1
<#
.SYNOPSIS
NICTからJSONで公開されている現在時刻を取得してシステム時刻を更新します。
.DESCRIPTION
NICTで公開されているJSON形式の時刻情報を取得してシステムの現在時刻を更新します。
-WhatIf、-Verboseオプションをサポートしています。
システム時刻を更新するには昇格している必要があります。
また、時刻の取得に時間がかかりすぎた場合は処理を中断する様にしています。
.PARAMETER URI
View PowerShellMemoOnWin10-1803.md

バージョン情報

PS C:\> $PSVersionTable | sort Name

Name                           Value
----                           -----
PSVersion                      5.1.17134.1
PSEdition                      Desktop
View about_Execution_Policies_memo.md

実行ポリシー

設定値 内容
Restricted 個別のコマンドは許可されますが、スクリプトは実行されません。
AllSigned ローカル コンピューター上で記述されたスクリプトを含むすべてのスクリプトと構成ファイルが、信頼された発行元によって署名されている必要があります。