Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

What would you like to do?
# 適当にディレクトリを作る
mkdir cpuex2016D
cd cpuex2016D
# コンパイラ
git clone https://github.com/cpuex2016D/min-caml.git
cd min-caml
make
ln -s rayracer/globals.ml ./
./min-caml -inline 100 rayracer/minrt
# コンパイル開始後5秒ほどで、並列化する関数を選択するよう促される (please choose one function for parallelize...) ので、0、Enterを入力する
# 十数分待つ
# rayracer/minrt.sに親コアのコード、rayracer/minrtchild.sに子コアのコードが生成される
cat libmincaml.S >> rayracer/minrt.s
cat libmincaml.S >> rayracer/minrtchild.s
cd ..
# アセンブラ
git clone https://github.com/cpuex2016D/simulator.git
cd simulator/assembler/2nd
make
./ass ../../../min-caml/rayracer/minrt.s parent.n.s
# textに命令、dataにデータ、pcにプログラムカウンタの初期値、parent.n.sにはminrt.sの各命令にアドレスを付けたものが出力される
mv text parent.text
./ass ../../../min-caml/rayracer/minrtchild.s child.n.s
# warningが出るが問題ない
# textに命令、dataにデータ、child.n.sにはminrtchild.sの各命令にアドレスを付けたものが出力される
# (dataは先のものと同じ)
mv text child.text
# シミュレータ
cd ../../sim2/2nd
make
./sim ../../assembler/2nd/parent.text ../../assembler/2nd/child.text ../../assembler/2nd/data ../../assembler/2nd/pc ../../1st_parallel/contest.sld.bin > output
# 各種状態が表示され、コマンド入力待ちになる。コマンドの説明はreadme.txtにある。単純に実行する場合は、c、Enterを入力する
# 入力(contest.sld.bin)の終わりに達した状態でin, fin命令が呼ばれると、命令数の統計等を表示してコマンド入力待ちになる。control-cで終了する
# 出力の最初の0xaaを取り除く
tail -c +2 output > output.ppm
# シミュレータでの(仮想的な)コア数を変更するには、sim.hの最初の方にあるマクロ N_CORE の値を変更する
cd ../../..
# コア
git clone https://github.com/cpuex2016D/computer.git
# acc命令の順序制御をしない7コアのバージョンがmasterブランチになっている
# 以下の操作により、バイナリの命令とデータをテキストに変換する (変換後のファイルは既に computer/2nd/ に含まれているので、この操作は不要)
# cd computer/2nd/program
# gcc -o convert_text convert_text.c
# gcc -o convert_data convert_data.c
# ./convert_text < ../../../simulator/assembler/2nd/parent.text > ../parent.text.hex
# ./convert_text < ../../../simulator/assembler/2nd/child.text > ../child.text.hex
# ./convert_text < ../../../simulator/assembler/2nd/data > ../data.hex
# ./convert_data < ../../../simulator/assembler/2nd/data > ../data.coe
vivado
# 以下、Vivado 2015.4.2 GUIでの操作手順
# Create New Project
# Next
# Project nameを適当に設定し、Project locationに computer/2nd を選び、Create project subdirectoryのチェックを外し、Next
# RTL Projectを選び、Do not specify sources at this timeのチェックを外し、Next
# (Add Sources) Add Filesで、computer/2nd/ 直下にある、下の3つを除く全ての.sv, .vhファイルを選び、Next
# _data_mem.sv
# add_sub_tb.sv
# top_tb.sv
# (Add Existing IP) Add Directories で computer/2nd/computer.srcs/sources_1/ip を選び、Next
# (Add Constraints) Add Filesで computer/2nd/computer.xdc を選び、Next
# (Default Part) Boardsの Kintex-Ultrascale KCU105 Evaluation Platform を選び、Next
# Finish
# (プロジェクトが開く)
# Implementation SettingsのStrategyで Performance_Exploreを選び、OK
# 左上の窓の下のタブで IP Sources を選び、全てのIPを選択し、右クリックで Generate Output Products を選び、Out of context per IP で Generate
# なぜかエラーになるが、もう一度同じ操作をするとうまくいく
# (数分待つ)
# Generate Bitstream (おそらく1時間以上かかる)
# acc命令の順序制御をする6コアのバージョンを試す場合
cd computer
git checkout 2nd/minrt_par_ord/6core_noring
# 再度 Generate Bitstream (30分程度かかる)
# 実行方法
# オリジナルのcserverは/dev/ttyUSB0から使おうとするが、/dev/ttyUSB1を使ってほしいので、
# com_linux.cの103行目 for (i = 0; i < 5; ++i) を for (i = 1; i < 5; ++i) に書き換える
./cserver -B 460800 contest.sld output.ppm
# 0xaaを待ち受けている状態で Program Device する (プログラムはROMに内蔵されているので、Program Deviceが完了次第動作する)
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment