Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

@taka-hkd taka-hkd/putty-gce.md forked from feczo/putty-gce.md
Last active Mar 30, 2018

Embed
What would you like to do?
Compute Engine の使い方 - Google Compute Engine をPuTTYで使う

準備: http://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/download.html に行き, http://the.earth.li/~sgtatham/putty/latest/x86/putty.exe 及び http://the.earth.li/~sgtatham/putty/latest/x86/puttygen.exe をダウンロードする

puttygen を実行し鍵を生成する

  1. 'Generate'をクリックし,指示されたとおりにマウスを動かし,待つ

  2. 希望のユーザー名を入力

  3. パスワードを入力

  4. 秘密鍵を保存する

  5. 'Public key for pasting into OpenSSH authorized_keys file' ウインドウの中身をすべてコピーする 最初から最後まで,一文字も漏らさずコピーしたことを確かめてください!

  6. コンソールを表示する https://cloud.google.com/console プロジェクトを選択し,Compute Engine / VMインスタンス から「インスタンスを作成」を選ぶ 「管理,ディスク,ネットワーク,SSH認証鍵」から,ステップ5でコピーしたSSH認証鍵を貼り付ける (訳注:下のスクリーンショットが古いか,日本語コンソールページが違う内容を表示しているのかわかりませんが,2018/03/30時点では少し画面が異なります)

7. 終わったらインスタンスの外部IPアドレスをメモする

  8. PuTTYを起動し, 左側のメニューから Connection / SSH / Auth を選び,ステップ4で保存した秘密鍵を指定する  

  9. 左側のメニューから Connection / Data を選びステップ2と同じユーザー名を入力する

10. ステップ7でメモしたIPアドレスを入力する 11. この接続に"GCE"と名前を付けて Save をクリック

12. ちょうど今作成した 'GCE' をダブルクリックする 13. 接続先ホストのIDを確認する

  14. ステップ3で決めたパスワードを使ってログインする

  15. sudo su - をして準備完了

注意:この記事はフォーク元の https://gist.github.com/feczo/7282a6e00181fde4281b の日本語翻訳です。 Note: This fork is an Japanase translation of original article https://gist.github.com/feczo/7282a6e00181fde4281b

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.