Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Avatar

Tio Iis tio-iis

View GitHub Profile
View 131.go
package main
import "log"
func main() {
//---ログパッケージの使い方---
//基本となるログ出力
//log.Print("hello")
//ファイル名を出力するように設定を変更する。
View 122.go
package main
import "fmt"
func main() {
//一文字でサイズがたまたま1になっている文字
//message1 := "AB"
//fmt.Println(len(message1))
//一文字だけど、サイズは1じゃない文字
View 119.go
package main
import "fmt"
func main() {
//Array
//格納できるstringの個数は2個である。
//型推論で定義している。
arr := [2]string{}
fmt.Println(arr)
View 118.go
package main
import "fmt"
func main() {
pointerUser := &User{
name: "tio",
}
fmt.Println(pointerUser.name)
View 117.go
package main
import "fmt"
func main() {
//構造体を値として宣言する
//ataiUser := User{
// name: "tio",
//}
//fmt.Println(ataiUser.name)
View 116.go
package main
import "fmt"
func main() {
//今までのプログラミング(型推論を利用している)
//str := "tio"
//fmt.Println(str)
//型推論なしの変数宣言
View 109.js
class User {
//staticなプロパティ
//Userクラスによって生成されたオブジェクトから利用することはできない。
static staticProperty = "this is staticProperty"
constructor(name) {
//通常のプロパティ
this.name = name
}