Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

View Scala2.11.md
@tcnksm
tcnksm / docker_cheat.md
Last active Aug 5, 2021 — forked from wsargent/docker_cheat.md
Docker 虎の巻
View docker_cheat.md

Docker 虎の巻

何故Dockerを使うべきか

Why Should I Care (For Developers)

> "Dockerが面白いのはシンプルな環境に隔離性と再現性をもたらしてくれることだ.ランタイムの環境を一度作れば、パッケージにして別のマシンでも再利用することできる.さらに,すべてはホスト内の隔離された環境で行われる(VMのように).最も素晴らしい点は,シンプルかつ高速であることだ."

View SHOW CREATE TABLE REDSHIFT
#!/bin/bash
SOURCEINSTANCE=${SOURCEINSTANCE:-''}
SOURCEUSER=${SOURCEUSER:-'admin'}
SOURCEPORT=${SOURCEPORT:-'5439'}
SOURCEDB=${SOURCEDB:-'db'}
SOURCESCHEMA=${SOURCESCHEMA:-'public'}
SCHEMA=${SCHEMA:-'public'}
echo "CREATE TABLE ${SCHEMA}.${TABLE} ("
psql -h ${SOURCEINSTANCE} -U ${SOURCEUSER} -p ${SOURCEPORT} ${SOURCEDB} -t -c "select (\"column\" || ' ' || type || ' ENCODE ' || encoding || ',' ) from pg_table_def where schemaname='$SCHEMA' and tablename = '$TABLE'" | sed 's/ENCODE none/ENCODE RAW/' | sed '$d' | sed '$ s/,$//'
echo ")"
@kitak
kitak / doc.md
Last active Oct 4, 2021
コマンドによる「負荷」の原因切り分け
View doc.md

コマンドによる「負荷」の原因切り分け

この文章では、Linuxコマンド、sar, top, psを使って、一般的に負荷といわれるものの原因を切り分けることを目的とする。

そもそも負荷とは

「複数のタスクによるサーバリソースの奪い合いの結果に生じる待ち時間」を一言で表した言葉。OSのチューニングとは負荷の原因を知り、それを取り除くことにほかならない。

ボトルネックの見極め作業の大まかな流れ

  • ロードアベレージ(処理を実行したくても、実行できなくて待たされているプロセス(CPUの実行権限が与えられるのを待っている、またはディスクI/Oが完了するのを待っている)の数)を見る
@mitukiii
mitukiii / zsh_completion.md
Last active Apr 29, 2022
zsh の補完関数の自作導入編
View zsh_completion.md

zsh の補完関数の自作導入編

あまり深く理解してないので識者のツッコミ大歓迎

補完を有効にする

取り敢えず最低限だけ

# 補完を有効にする
@majek
majek / README.md
Created Apr 26, 2012
Passing TCP socket descriptors around
View README.md

Passing TCP socket descriptors around

In linux, normally, it is impossible to "bind()" to the same TCP port twice. If you try to bind to the same port from second proces unix processes you'll see:

socket.error: [Errno 98] Address already in use