Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

uupaa uupaa

Block or report user

Report or block uupaa

Hide content and notifications from this user.

Learn more about blocking users

Contact Support about this user’s behavior.

Learn more about reporting abuse

Report abuse
View GitHub Profile
@uupaa
uupaa / package.json.md
Last active Aug 29, 2015
The own field add to package.json.
View package.json.md

npm の設定ファイル package.json は、 https://www.npmjs.org/doc/files/package.json.html で定義されているフィールドの他にも、 貴方好みの独自のフィールドを追加した状態で、 npm publish が可能です(単にエラーにならないという話です)。

たとえば、npm モジュールの雛形 Xxx.js の package.json では、 "build": { ... } フィールドを追加しています。

{
  "name":           "uupaa.xxx.js",
  "version":        "0.8.3",
  "description":    "",
@uupaa
uupaa / XHR Lv2 act.md
Last active Aug 29, 2015
XHR Lv2 act
View XHR Lv2 act.md
<script>
function successCase() {
  var href = location.href;

  console.log(href);

  var xhr = new XMLHttpRequest();

  xhr.onreadystatechange = function(event) {
@uupaa
uupaa / Help.js and WebModule slide introduction.md
Last active Aug 29, 2015
Help.js and WebModule slide introduction.
View Help.js and WebModule slide introduction.md

折角の 4/1 なので、スライドを2つご紹介します。

Help.js

1つ目は、 [Help.js][] です。

これは、リア充だったり家族サービスが忙しかったり、マルチタスクが下手だったりで、
「あれもこれもやらないと」
「あとドキュメントも書かなきゃなんだけど… もっと優先度が高いものがありすぎて…」と、
常に時間不足で、ドキュメントを書けないような状態の人が、

@uupaa
uupaa / Perry.md
Created Apr 16, 2014
ゆっくりペリーさん2010
View Perry.md

Copy from http://pigs.sourceforge.jp/blog/20100821/demo/LT/20100821/

// === Global namespace pollution ==========================
var uu, // core and class namespace
    UU, // const and config namespace
    uudoc = document; // document cache

// === Core ================================================
@uupaa
uupaa / gist:7d02cdbe4cc3576a4abb
Created May 8, 2014
node repl mode, command line
View gist:7d02cdbe4cc3576a4abb

node コマンドの引数

node コマンドの引数は $ node -h で見ることができます。

node -h

Usage: node [options] [ -e script | script.js ] [arguments]
       node debug script.js [arguments]
@uupaa
uupaa / CanvasProfiles.md
Last active Aug 29, 2015
Chrome Canvas Profile Capture
View CanvasProfiles.md

Canvas Profiles の使い方

Chrome の DevTools に搭載されている Canvas Profiles (Canvas Capture) を使うと、Canvas API の発行状況が可視化されます。

Canvas Profiles を使うための準備

chrome://flags/#enable-devtools-experiments を開き、
デベロッパー ツールのテストを有効にする をクリックし、Chrome を再起動してください。

DevTools の設定(歯車のアイコン)をクリックして、 左側の Experiments から Canvas inspection をチェックし、設定画面を閉じます。

@uupaa
uupaa / MobileSafari.ChangeLog.md
Last active Aug 29, 2015
Mobile Safari ChangeLog
View MobileSafari.ChangeLog.md

iOS 5 MobileSafari

  • Web Workers が実装されました
  • XMLHttpRequest Lv2 が実装されました
  • CSS Position: fixed が実装されました
  • Appnize(Homeに追加)したページでもJITが有効になりました
  • <meter>, <detail>, <summary> が実装されました
  • <input type="..."> が range, date, time, datetime, month, datetime-local をサポートしました
  • Inline SVG をサポートしました
  • Token List API を実装しました。 body.classList.add("CSS-CLASS-NAME") が可能になりました
@uupaa
uupaa / __dirname.md
Created Jun 12, 2014
node current dir __dirname
View __dirname.md
var path = require("path");
var fs = require("fs");

var package = JSON.parse( fs.readFileSync( path.resolve( __dirname, "../package.json"), "utf8"));

console.log(package);
@uupaa
uupaa / game.fps.js
Created Sep 3, 2014
Game fps setTimeout setInterval requestAnimationFrame
View game.fps.js
(function(global) {
function Game(after) { // @arg Boolean = false
this.init();
this._vsync.tick = _loopVsync.bind(this);
this._timer.tick = after ? _loopAfter.bind(this) : _loopBefore.bind(this);
this._interval.tick = _loopInterval.bind(this);
document.body.innerHTML +=
"<br />" +
(after ? "--- After ---" : " ---Before ---");
@uupaa
uupaa / getAllNodeEventListeners.md
Last active Aug 29, 2015
getAllNodeEventListeners
View getAllNodeEventListeners.md

以下の snippet を Chrome の DevTools で使うと、ページ内に仕掛けられた全てのEventListenersの設定元の一覧をダンプし、コードの位置を辿ることや、<scoped> な Closure Object(スコープ内の変数等) を参照することができます。

(ა✘﹏✘)ა イベントリスナーが沢山あってもう何がなんだかわからないんですー

な、状況や、パフォーマンス・チューニングで泣きつかれた時に、

(ε・◇・)з o O ( なるほど… お困りのご様子…
(ε・◇・)з o O ( では、ちょっとキーボードをお借りしますね…

と、華麗に console にタイプするのが、以下のコードになります。

You can’t perform that action at this time.