Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

@uupaa
uupaa / image.resize.in.github.flavored.markdown.md
Last active Jul 6, 2020
image resize in github flavored markdown.
View image.resize.in.github.flavored.markdown.md

Image source

https://gyazo.com/eb5c5741b6a9a16c692170a41a49c858.png

Try resize it!

  • ![](https://gyazo.com/eb5c5741b6a9a16c692170a41a49c858.png | width=100)
@uupaa
uupaa / fp.now.md
Last active Jun 24, 2020
いまどきのガラケー事情
View fp.now.md

いまどきのガラケーと Flash Lite 開発事情

いまどきのガラケーコーディングがどうなっているか確認してみました。

ガラケーを取り巻く環境の変化

  • 停波による古い端末の一掃
    • docomo
      • 2006春モデル以前の端末が mova の停波により 2012/03/31 から利用不能に
    • au
@uupaa
uupaa / get.path.for.node.js.md
Last active Jun 16, 2020
node.js で絶対パスや相対パスを取得する方法 npm __dirname
View get.path.for.node.js.md

node.js でパスを取得する方法についてのメモ

$ node ~/hoge/Foo.js/a.js

を実行したときに、

  • process.argv[1] から、node コマンドに指定された a.js のパス( ~/hoge/Foo.js/a.js )を取得できます
@uupaa
uupaa / image.onload.error.md
Last active Jun 2, 2020
image.onload.error
View image.onload.error.md

「ブラウザで画像を先読みしたい、簡単な方法はないか?」と聞かれたら、
(new Image()).src = URL; がお勧めです。

この一行で、ブラウザに画像をキャッシュさせる事ができます。

ただ、ブラウザに任せっきりではなく、細かくハンドリングしたい場合もあります。
このエントリはそのような場合に、どういった情報が利用できるかのメモです。

テストコード

@uupaa
uupaa / nginx.conf
Last active May 26, 2020
nginx: Avoid CORS and reverse proxy settings
View nginx.conf
http {
server {
listen 8080;
server_name localhost;
charset UTF-8;
# Avoid CORS and reverse proxy settings
# [1] xhr request: http://localhost:8080/api/xxx/yyy/zzz
# [2] /api/xxx/yyy/zzz
# [3] http://your-dev-server.example.com/api/xxx/yyy/zzz
@uupaa
uupaa / TS2488.md
Last active May 9, 2020
How to fix and fine tune TypeScript compilation errors: TS2488, TS7053
View TS2488.md

Before

  static split_semver(s:string) {
    // @arg String - "version-99.88.77"
    // @ret NumberArray - [ 99. 88, 77 ]
    try {
      const [, major, minor, patch] = Array.from(s.match(/(\d{1,2})\.(\d{1,2})\.(\d{1,2})/)); // [, "99", "88", 77" ]
      return [
        parseInt(major, 10),
@uupaa
uupaa / AVCDecoderConfigurationRecord.md
Last active Apr 4, 2020
parse AVCDecoderConfigurationRecord example
View AVCDecoderConfigurationRecord.md

以下は、AVCDecoderConfigurationRecord のバイトデータです。

ADDR    0  1  2  3  4  5  6  7  8  9  A  B  C  D  E  F
------ -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
000000 00 00 00 2e 61 76 63 43 01 42 c0 1e ff e1 00 16
000010 67 42 c0 1e d9 02 04 68 40 00 00 03 01 40 00 00
000020 03 00 83 c5 8b 92 01 00 05 68 cb 83 cb 20
@uupaa
uupaa / offscreen_canvas_image_decode_and_shapre_detection.md
Last active Feb 18, 2020
OffscreenCanvas, image.decode(), createImageBitmap(), WebWorker, transferToImageBitmap(), transferFromImageBitmap(), zero copy, Shape Detection API
View offscreen_canvas_image_decode_and_shapre_detection.md

個人的に 2012年頃(?)から渇望していた OffscreenCanvas と一連のAPIがついに Chrome に実装されました。

このエントリでは、UIの応答性を改善する OffscreenCanvas の仕組みと、 OffscreenCanvas を有効活用するための周辺APIについて、概要とサンプルコードを紹介していきます。

ネタ元はこちらです https://www.youtube.com/watch?time_continue=159&v=wkDd-x0EkFU

既存の <canvas> は DOM と強く結びついている事から UI Thread(= ブラウザにおける Main Thread) の影響をうけますし、反対に影響を与えてしまいます。

影響: UI Thread で重い処理を走らせてしまうと、アニメーションのフレームスキップが発生し、なめらかにスクロールしなくなり、UIの応答性が悪くなるなどの弊害が発生してしまいます。

@uupaa
uupaa / ios.xcode.md
Last active Jan 28, 2020
iOS device spec, versions and Xcode deployment target information
View ios.xcode.md

iOS Devices

Device CPU GPU Display OpenGL
iPod touch 4 A4 PowerVR SGX535 960 x 640 2.1
iPod touch 5 A5 PowerVR SGX543MP2 1136 x 640 2.1
iPad 1 A4 PowerVR SGX535 1024 x 768 2.1
iPad 2 A5 PowerVR SGX543MP2 1024 x 768 2.1
iPad 3 A5X PowerVR SGX543MP4 2048 x 1536 2.1
iPad 4 A6X PowerVR SGX554MP4 2048 x 1536 2.1
View ngconf at 2020
#user nobody;
#user nginx;
worker_processes 2;
# error_log logs/error.log;
# error_log logs/error.log notice;
# error_log logs/error.log info;
#pid logs/nginx.pid;
You can’t perform that action at this time.