Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

@voluntas /shiguredo.rst Secret
Last active Aug 29, 2015

What would you like to do?
時雨堂と MQTT と WebRTC

MQTT と WebRTC と時雨堂

バージョン:0.0.2
URL:https://shiguredo.jp

目的

良く会社説明するときに話をしている内容をざっくりとまとめておく

自社紹介

自己紹介

  • 元々は携帯キャリアや大手 ISP 向けの RADIUS 認証サーバの設計/開発/マネージメントを担当
  • Erlang/OTP という開発言語をメインとして落ちにくいシステムを開発
  • 最近は Erlang/OTP + Lua という構成で、ネットワークは Erlang/OTP でロジックを Lua で開発する仕組みも取り入れている
  • 自動負荷試験や自動障害試験に興味あり

MQTT

概要

  • 接続環境が悪い環境向けの PubSub プロトコル
  • MQ と間違われるが、MQ 機能は持っていない
  • ヘッダーは少ないがペイロードは変わらないので、データが大きいと HTTP と特に変わらない
  • サーバ実装が大変
  • クライアントはシンプル
  • セッションや切断時の通知、QoS など、便利な機能がある

強み

  • サーバが面倒な部分を全て吸収するためクライアント側の開発コストが低い
  • MQTT プロトコル自体が枯れている
  • あくまで土管なので、機能をアプリ側に寄せられる
  • サーバからの配信が可能

弱み

  • 動的なパーミッションを管理する必要がある
  • アプリ開発に強い会社が必要
  • 配信だけだとあまりメリットがない
    • fluentd や fluent-bit など安定している配信ツールが存在する
  • クライアントがまだまだ成熟しきっていない
    • 企業が付いて応援しているわけではない

MQTT-SN

センサーネット向けのプロトコル

  • MQTT は TCP だが MQTT-SN は UDP または no-IP 前提
  • MQTT-SN over BLE や MQTT-SN over XBee など

WebRTC

興味あれば

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment