Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

Google Cardboard作成時に得たノウハウを記録しておく。

Google Cardboard 作成の覚書き

2014年7月8日 山城潤

概要

Google Cardboard作成時に得たノウハウを記録しておく。

https://twitter.com/yamajun_ofug/status/486373754096717824

2時間半かけてようやく Google #Cardboard できた。 #台風ソン https://pic.twitter.com/hPUNqCKvBF

事前準備

基礎編

  • Cardboard - Google Play の Android アプリ が使えるAndroidマシンが無いと全く意味がない。 作り始めてから後悔する前にこのアプリをインストールして起動できることを確認しておこう。
    • タブレットやファブレットはそもそも大きすぎて使えないはず。
    • 磁気センサーは必要。
  • https://developers.google.com/cardboard/ を熟読し、必要なものを確認すること。
  • B4印刷できる環境を用意したほうがいい。A4だと小柄な人にしか使えない。
    • 印刷環境が無いならコンビニで拡大コピー。
  • 段ボールは「薄くて強い」ものを用意すること。厚めのものは加工が辛くなる。
  • ダイソーで「ミニルーペ」を1つ買えば2枚レンズがついてくる。 ルーペをひねるだけで簡単にレンズが取れる。
    • ダイソーなら磁石(ネオジム+フェライト)や接着タイプの「ファスナーテープ」も買える。もちろんどの店にもあるわけではないので、複数店舗回ること。

応用編

  • シール型のNFCタグは愛三電機の店頭や通販で買えるが、Cardboard アプリを起動するためだけにしか使わないので、必須ではない。
    • 私は東京に行った時に一通り買っていたのでNFCタグを貼った。
    • 使いたい場合にはNFCタグにURLcardboard://v1.0.0を書き込みできる環境が必要。
    • HTC J Oneには最初からNFCタグにURLの書き込みができるアプリケーション「NFCタグリーダー」が付いている(多分KDDI向けAndroidスマートフォンには入っている)。

制作

  • カッターナイフは作業前に刃を折って切れやすくしておくこと。
  • 型紙をダンボールに固定するときにはゴーグルとして「使わない方」に糊を付けてからカットすると、カットされた型紙を再利用して2台目のゴーグル作成がすぐにできるようになる。
  • レンズ受け部分の穴の中の出っ張りをスムースに作成するには、無理に丸く切ろうとせずに、上辺→脚の順序で台形状に切るようにするとうまくいく。

https://twitter.com/yamajun_ofug/status/486313205786873857

Google #Cardboard のレンズ部を切り抜く時には無理に丸く切ろうとしないで1→2の順序で台形状に切るのが大事。 #台風ソン http://p.twipple.jp/vNf68

  • 磁石を固定するときには、内側が磁力が弱いフェライト磁石、外側にネオジム磁石を置くようにする。

使用時の注意

  • アプリのホーム画面に戻るときにはゴーグル/携帯電話を縦に傾けて tilt させる。
  • 磁石をずらしてクリックする。ただし、コツが必要。

参考資料

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment