Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

@todorok1
todorok1 / project.pbxproj_pre.txt
Created Jun 22, 2020
プロジェクトのローカライズの情報を変更する前
View project.pbxproj_pre.txt
developmentRegion = English;
hasScannedForEncodings = 1;
knownRegions = (
English,
French,
German,
en,
ja,
"ja-JP",
Base,
@todorok1
todorok1 / localize_sample.txt
Created Jun 22, 2020
iOSのアプリ名をローカライズする
View localize_sample.txt
/* Localized versions of Info.plist keys */
CFBundleDisplayName = "ローカライズ後のアプリ名";
@todorok1
todorok1 / float_example_05.cs
Created May 14, 2020
Mathf.Approximately()を使用したfloatの比較結果
View float_example_05.cs
足した値 1 と目標の値 1 は 同じです。
View float_example_04.cs
/// <Summary>
/// 数値を足す場合と目標となる数値そのものを近似的に比較した場合で同じになるか確認するメソッドです。
/// 値はメソッド内で直接指定します。
/// </Summary>
void CompareAddedValueToTargetApproximately()
{
// 値を変数にセットします。
float valueA = 0.1f;
// 値を10回足します。
@todorok1
todorok1 / float_example_03.cs
Created May 14, 2020
足し合わせると誤差が出る
View float_example_03.cs
足した値 1 と目標の値 1 は 異なっています。
足した値 1.00000012
ビット列 : 00111111100000000000000000000001
目標の値 1
ビット列 : 00111111100000000000000000000000
View float_example_02.cs
using UnityEngine;
using System;
using System.Collections;
/// <Summary>
/// 浮動小数点数をビット列で表示します。
/// </Summary>
public class FloatBit : MonoBehaviour
{
void Start()
@todorok1
todorok1 / float_example.cs
Created May 14, 2020
floatの計算には誤差がつきもの
View float_example.cs
float valueA = 0.1f;
float added = 0;
for (int i = 1; i <= 10; i++)
{
added += valueA;
}
float targetValue = 1.0f;
if (added == targetValue)
{
@todorok1
todorok1 / float_example_01.cs
Created May 13, 2020
floatの計算には誤差がつきもの
View float_example_01.cs
float a = 0.1f;
float b = 0.2f;
if (a + b == 0.3f)
{
// ここにたどり着けない……。
}
@todorok1
todorok1 / DocComment_3.cs
Created Apr 29, 2020
typeparamタグの例
View DocComment_3.cs
/// <Summary>
/// typeparamタグを使うとメソッドの型パラメータの説明を表示してくれます。
/// </Summary>
/// <typeparam name="T">型パラメータの説明がここに表示されます。</typeparam>
T[] TypeparamMethod<T>()
{
// 指定された型で大きさが5の配列を返します。
return new T[5];
}
View DocComment_3.cs
/// <Summary>
/// paramタグを使うとメソッドの引数の説明を表示してくれます。
/// </Summary>
/// <param name="paramId">引数の説明がここに表示されます。</param>
void ParamMethod(int paramId)
{
// 何らかの処理
}