Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Avatar

KUBOTA Yuji ykubota

  • Japan
View GitHub Profile
@ykubota
ykubota / mysql.sh
Created Jun 18, 2013
Setup MySQL@Fedora18 for redmine
View mysql.sh
#sudo yum install -y gcc ruby-devel libxml2 libxml2-devel libxslt libxslt-devel
sudo yum install -y mysql mysql-server
sudo vim /etc/my.cnf
---
# nihongo mojibake taisaku
character-set-server = utf8
---
@ykubota
ykubota / setup.sh
Created Jun 19, 2013
GlassFish for Redmine
View setup.sh
sudo yum install jruby
gem install warbler
cd redmine
gem install activerecord-jdbc-adapter -v '1.2.5'
warble config
vim config/warble.rb
warble war
@ykubota
ykubota / new_gist_file
Created Jun 21, 2013
glassfish redmine
View new_gist_file
$ jruby -v
jruby 1.7.4 (1.9.3p392) 2013-05-16 2390d3b on OpenJDK 64-Bit Server VM 1.7.0_25-mockbuild_2013_06_19_07_21-b00 [linux-amd64]
org.jruby.exceptions.RaiseException: (LoadError) load error: openssl -- java.lang.NoClassDefFoundError: Could not initialize class org.jruby.ext.openssl.ASN1
|A')?
$ vim Gemfile
32 # jruby-openssl is bundled with JRuby 1.7.0
33 gem "jruby-openssl" if Object.const_defined?(:JRUBY_VERSION) && JRUBY_VERS ION < '1.7.0'
|A')<usotuki-
@ykubota
ykubota / ClassHistrogram.groovy
Created Dec 9, 2013
ClassHistrogram集計用クラス。 クラスヒストグラムを1回以上出力させたログを読み込ませると、[クラス名][クラスヒストグラムインデックス] = [ランク, インスタンス, バイト数] となる二次元配列を取得する。
View ClassHistrogram.groovy
def static calc(filename){
def sheet = [:];
def h=[:];
def time = 0;
def seek = false
// ファイル読み込み
new File(filename).eachLine {
// 正規表現
if (it ==~ /^num\s+#instances\s+#bytes\s+class\sname/){
// Start of ClassHistogram
@ykubota
ykubota / result of tree.sh
Last active Aug 29, 2015
tree heapstats-analyzer-1.1.0
View result of tree.sh
heapstats-analyzer-1.1.0
├── filterDefine.xsd
├── heapstats.jar
├── heapstats.properties
├── howtouse_ja.txt
├── howtouse.txt
└── lib
├── jcommon-1.0.18.jar
├── jfreechart-1.0.15.jar
├── jgraphx.jar
@ykubota
ykubota / GCLimit.java
Last active Oct 18, 2016
reproduce sample: java.lang.OutOfMemoryError: GC overhead limit exceeded
View GCLimit.java
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;
import java.util.Random;
public class GCLimit {
static public void main(String[] args) {
Random random = new Random();
List<String> interned = new ArrayList<>();
while(true) {
int length = random.nextInt(100);
View psg.sh
#!/bin/bash
# custom favorite ps option(s)
ps='ps auxww'
this=$0
$ps | head --lines=1
for i in $*
do
# set [c]mmand to avoid grep
@ykubota
ykubota / run.sh
Last active Aug 29, 2015
Specify JVM options (-XX) by file.
View run.sh
java -XX:Flags=vm.option.txt XXX
View gist:e914aeb147cda7294a62
>IBMの@ashigeru
IBM さんや @ashigeru さんの資料でした。2資料です。ちなみにそれぞれ
http://www.ibm.com/developerworks/jp/websphere/library/java/j2ee_classloader/index.html
http://www.slideshare.net/ashigeru/classloader
です。
>YoungとOldは、参照があるかどうかの違い。不要になったタイミングでGCで回収される。
すみません、伝え方が悪かったようです。「参照がなくなったときに不要になる。不要になったタイミングでGCに回収される」です。主なYoungとOldの違いはオブジェクトの年齢で、参照云々は別の話でした。(参照され続けてオブジェクトが長生きしてたらYoungからOldへ移動する)
@ykubota
ykubota / Readme.md
Last active Aug 29, 2015
JJUG CCC 2015 Spring、M-3 HeapStats: Javaトラブルシューティング ハンズオン の参加にあたっての前準備
View Readme.md

JJUG CCC 2015 Spring

M-3 HeapStats: Javaトラブルシューティング ハンズオン への参加にあたって

本セッションは前半は HeapStats についての通常セッション、後半はハンズオン形式で HeapStats を実際に使用して簡単なトラブルシューティングを行う形式になっています。後半のハンズオンセッションは大きく以下の内容を実施します。

  1. HeapStats agent を利用して情報収集。
  2. 講師が用意した HeapStats 出力ファイルを元に、HeapStats analyzer を利用して解析。

このため、後半のハンズオンに参加される方は、十分に充電したノート PC をご持参頂く必要があります。

You can’t perform that action at this time.