Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
package com.mc.sample.timbersample.Logs;
import android.util.Log;
import timber.log.Timber;
/**
* ログの出力先を制御するための機能クラスです。
* @remarks 基本的にリリースモードはこのように独自のログ出力機構が必要になる。
*/
public class OriginalTree extends Timber.Tree {
/**
* 指定した宛先にログを出力します。
* @param priority ログレベル。android.util.Log のログレベルが設定される。
* @param tag 明示タグもしくは推定タグ。Nullの場合もある。
* @param message フォーマットされたログメッセージ。Timber.d()などでしていたメッセージをフォーマットした内容。
* @param t 付随する例外。Timber.e()で指定するとここに設定される。
*/
@Override
protected void log(int priority, String tag, String message, Throwable t) {
// これで簡易のログ出力はできる。
// 以下で出力したログは、[6: Android Monitor]の"LogCat"で確認することができる。
Log.println(priority, tag, message);
}
}
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment