Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

@KeenS

KeenS/memo.txt

Last active Dec 21, 2019
Embed
What would you like to do?
Rustの並列コンパイラを試してみた See also https://qiita.com/qnighy/items/b0aa66749ad7a31ecbf9
手元のコード(4万行くらい)をThreadripper 1950x(16コア32スレッド)でビルドしてみた
# 並列化してないやつ
cargo +nightly-2019-12-17 build 882.25s user 49.92s system 468% cpu 3:19.16 total
cargo +nightly-2019-12-17 build --release 2988.11s user 52.70s system 1149% cpu 4:24.54 total
cargo +nightly-2019-12-17 check 199.58s user 14.22s system 413% cpu 51.731 total
# 並列化したやつ
cargo +nightly-2019-12-18 build 1061.89s user 75.08s system 618% cpu 3:03.70 total
cargo +nightly-2019-12-18 build --release 3135.03s user 74.32s system 1247% cpu 4:17.21 total
cargo +nightly-2019-12-18 check 283.43s user 25.87s system 951% cpu 32.496 total
メモ:
`cargo build` が10%、 `cargo build --release` が誤差程度、 `cargo check` が40%高速化している。
usersを見ると使用時間が増大しているので、並列化が効いているのが分かる。CPU使用率を観察してても並列化したやつの方がCPUをよく使っていた
それでもあんまり高速化していないのはsystemが増えているため。要するに並列化したときの同期コストで並列化による高速化の大部分を相殺している。
`build --release` については最後のリンクなどが遅いので結局並列化してもあんまり速くならないみたい。
測りようがないのでやってないが、軽く動かしてみた感じrlsも並列化してるっぽい。ちゃんとは試してないけど気持ち軽くなった気がする。
ひとまず `cargo check` が速くなってるので日頃の開発は速くなりそう。
因みにテストを動かしてみた感じデグレなどはなさそうだった
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment