Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?

この記事は mstdn.maud.io Advent Calendar 2019 19日目の記事です。

自己紹介

MulticolorWorldです。普段は:don:にいます。野球とLoLとFF14メインのオタク。

League of Legendsについて

世界で一番遊ばれているオンラインゲーム。詳しくは省略。みんなもやろうな。
以下は世界大会の話です。前提として、LoLでは大きな世界大会が春と夏の年2回あり、夏のほうが大きな大会です。

世界大会雑感 韓国一強のくずれとEU・中国の隆盛

League of Legendsでは5大リージョンと呼ばれる中国・韓国・NA・EU・台湾香港マカオが強く、その中でも韓国は抜きん出ており、それまでの世界大会でも結果を残していました。
しかし2018年の世界大会では、春のMSI(Mid Season Invitational)では中国のチームが優勝し、夏のWCS(World Chanpionship)では4強の中に一チームも残れないなど、韓国一強のイメージが徐々に消えつつありました。
代わりに、前述の中国・優勝こそできていないものの4強以上にコンスタントに入ってくるEUの強さが印象付けられつつありました。
今年の大会でも同様に、春のMSIではEUが優勝し、夏のWCSでは4強にこそ1チーム残れましたが準決でEUのチームに破れ、決勝はEUvs中国になり、中国のチームが優勝しました。
自分はほぼリアルタイムで各試合を見ていましたが、革新的な戦術を生み出すEUやアグレッシブさを常に持ち続け戦う中国のチームに対して、韓国チームの戦術には古臭さが否めない感じがしました。

おわりに

League of Legendsは、プレイするだけではなく観戦という楽しみもあるんだよというのが伝われば幸いです。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.