Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

@greymd
greymd / sudo新一.md
Last active July 17, 2024 07:23
sudo新一

 オレは高校生シェル芸人 sudo 新一。幼馴染で同級生の more 利蘭と遊園地に遊びに行って、黒ずくめの男の怪しげな rm -rf / 現場を目撃した。端末をみるのに夢中になっていた俺は、背後から近づいてきたもう1人の --no-preserve-root オプションに気づかなかった。 俺はその男に毒薬を飲まされ、目が覚めたら・・・ OS のプリインストールから除かれてしまっていた!

sudo がまだ $PATH に残っていると奴らにバレたら、また命を狙われ、他のコマンドにも危害が及ぶ』

 上田博士の助言で正体を隠すことにした俺は、 which に名前を聞かれて、とっさに『gnuplot』と名乗り、奴らの情報をつかむために、父親がシェル芸人をやっている蘭の $HOME に転がり込んだ。ところが、このおっちゃん・・・とんだヘボシェル芸人で、見かねた俺はおっちゃんになりかわり、持ち前の権限昇格能力で、次々と難タスクを解決してきた。おかげで、おっちゃんは今や世間に名を知られた名エンジニア、俺はといえばシェル芸 bot のおもちゃに逆戻り。クラスメートの convertojichattextimg にお絵かきコマンドと誤解され少年ワンライナーお絵かき団を結成させられる始末。

 ではここで、博士が作ってくれたメカを紹介しよう。最初は時計型麻酔 kill 。ふたについた照準器にあわせてエンターを押せば、麻酔シグナルが飛び出し、プロセスを瞬時に sleep させることができる。 次に、蝶ネクタイ型 banner 。裏についているダイヤルを調整すれば、ありとあらゆる大きさのメッセージを標準出力できる。必殺のアイテムなら fork 力増強シューズ。電気と磁力で足を刺激し、 :(){ :|:& };: でプロセステーブ

@roalcantara
roalcantara / XDG.cheat-sheet.md
Last active July 16, 2024 12:46
XDG cheat sheet

XDG - Base Directory Specification

Directories

Base

The intended use-case for BaseDirectories is to query the paths of user-invisible standard directories that have been defined according to the conventions of the operating system the library is running on.

@nirasan
nirasan / calc_repl.rs
Created May 3, 2019 08:10
Rust でつくる四則演算インタプリンタ
use core::borrow::Borrow;
use std::io::{self, Write};
use std::mem;
fn main() {
loop {
print!(">> ");
io::stdout().flush().unwrap();
let mut code = String::new();
@r-darwish
r-darwish / theme.yml
Created December 27, 2018 08:25
Alacritty One Dark Theme
colors:
# Default colors
primary:
background: '0x1e2127'
foreground: '0xabb2bf'
# Bright and dim foreground colors
#
# The dimmed foreground color is calculated automatically if it is not present.
@afig
afig / customBadges.md
Last active June 19, 2024 18:47
Creating a Custom Badge for GitHub Projects

Custom Badges

The Shields service (at shields.io) provides a way to create custom badges for your projects. These are badges are very common and are frequently used to show status information about the project, or demonstrate tools that were used for the development of your project.

Example badge:

Creating a badge

fizz = function f() {
fizz = function () {
fizz = function () {
fizz = f
return "Fizz"
}
}
}
buzz = function f() {