Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
SpringBootハンズオン事前準備

SpringBootハンズオン事前準備

Javaの開発環境構築

Javaの環境構築をしていない人はOracleJDKもしくはOpenJDKのSE8最新版をダウンロードし、Mac,Windowsの端末にインストールして環境変数の設定を行う。

JDKインストール

OracleJDKのインストーラーダウンロードページで「Accept License Agreement 」にチェックを入れ各環境ごとのインストーラをダウンロードする。

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックしインストールを完了させる。

環境変数の設定

※ターミナルやコマンドプロンプトで以下のコマンドを実行して失敗しない場合は不要

$ java -version
$ javac -version

JAVA_HOME, PATHの環境変数を設定する。WindowsとMacで設定方法が違うので注意。

Macの場合

ターミナルなどでホームディレクトリの.bash_profileなどを編集し以下を追記する。

export JAVA_HOME = `/usr/libexec/java_home`
export PATH = $JAVA_HOME/bin:$PATH

Windowsの場合

ユーザ環境変数もしくはシステム環境変数にJAVA_HOME,Pathを編集(なければ新規で追加)し以下の環境変数を追加する。

環境変数名
JAVA_HOME C:¥Program Files¥Java¥jdkバージョン
(jdkバージョンはインストールしたバージョンを元にフォルダ名を確認)
Path %JAVA_HOME%¥bin

※フォルダ名「Program Files」は「Program Files(x64)」や「Program Files(x86)」かもしれません

STS(Spring Tool Suite)のインストール

STSのダウンロードサイトから各環境ごとのインストーラをダウンロード。

ダブルクリック・展開などしてインストールを完了する。

※Windowsの場合はインストール時に展開先のパス指定が長すぎると失敗する可能性があるので注意
Cドライブ直下(C:¥)などにしておくと無難です。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.