Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
Identify Eagle version in your ULP. (ULPからEAGLEのバージョンを知る方法)
CadsoftのEagleでは、ユーザープログラム(User Language Program,ULP)内で#requireディレクティブを使うことにより、ULPの動作するEagleのバージョンを制限することができます。
EagleのバージョンごとにULPの動作を変えたいときなどにバージョン番号が必要となるため、取得する方法を載せておきます。
定数EAGLE_VERSION、EAGLE_RELEASE、EAGLE_SIGNATUREを参照して文字列を作り、ダイアログボックスに表示します。
Eagleが提供している組み込み定数の詳細はulpマニュアル(ulp640_en.pdf.pdf)の67ページ以降(Builtin Constantsの章)を参照してください。
#usage "<b>Eagle Version identification test program.</b>"
"<p>"
"EAGLE_VERSION<br>"
"EAGLE_RELEASE<br>"
"EAGLE_SIGNATURE<br>"
"are Builtin Constants."
"<p>"
"For details Eagle ulp manual. See page 67 in 'ulp640_en.pdf.pdf'\n"
string txt;
sprintf (txt,"Version is %u.%u\nProgram name is '%s'",EAGLE_VERSION,EAGLE_RELEASE,EAGLE_SIGNATURE);
dlgMessageBox(txt);
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment