Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

@bouzuya /shuburi.md
Last active Aug 29, 2015

What would you like to do?
bouzuya 版週ぶり (bouzuya's shuburi) / 旧・週ぶり (shuburi) 初期コンセプト

週ぶり (shuburi)

  • 「週 (shu) 」 + 「素振り (suburi) 」 = 「週ぶり (shuburi) 」
  • 定期的に有納期で練習をして成果を公開する取り組み

週ぶり (shuburi) の Pros

  • 定期的である : 1 週間ごとに定めることで、練習を習慣づけることができる。不定期に開催されるイベントはいつか失われる。
  • 有納期である : 1 週間という期間(納期)を定めることで、成果の公開を習慣づけることができる。だらだらと公開されないサービスは無価値である。
  • 練習である : 失敗が許されることで、自由な挑戦が可能である。失敗が許されない環境では誰もチャレンジしない。
  • 公開する : 公開を必須にすることで、外部からの評価が可能である。外部からの評価は最大のモチベーションになり得る。

週ぶり (shuburi) の Cons

  • 定期的である : 1 週間ごとに定められることで、自分のタイミングではじめることができない。往々にしてそのタイミングは二度と来ない。
  • 有納期である : 1 週間という期間(納期)を定めることで、規模の限界ができる。その対象は大きすぎないか、プロトタイプをそのまま業務で使うべきだろうか。
  • 練習である : 失敗が許されることで、甘えが生じる。多くの人間にとって最初から本番は厳しいものだ。
  • 公開する : 公開を必須にすることで、中途半端なものがつくれなくなる。中途半端の線引きに迷って公開できなくなる、中途半端かどうかは相手が決める、まず公開せよ。

bouzuya 版週ぶり (bouzuya's shuburi)

  • 5 週を 1 サイクルとする。
  • 各サイクルの 1 週目にバックエンド(の基礎)をつくり、その他の週はフロントエンドをつくる。
  • OSS License (MIT) を付与する。
  • GitHub の public リポジトリに公開する。
  • Heroku Button の設置またはDocker イメージの提供またはその両方を実施する。
  • The Twelve-Factor App (日本語訳)になるべく従う。
  • デモページを必ず設置する。
  • 26 週目および 52 週目はふりかえりとする。
  • 1 サイクルごとにルールの見直しを行う。
Owner

bouzuya commented Dec 26, 2014

ゴールが明確でない

Owner

bouzuya commented Jan 11, 2015

サイクル単位での題材変更は、アイデアを出す側は楽だが、見ている側はつまらないと思う。
あと他のものが作りたくなる誘惑にかられる。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment