Instantly share code, notes, and snippets.

View test.js
class Test {
constructor() {}
getInfo() { // 拡張機能の各種情報
return {
id: 'test',
name: 'Test', // 拡張機能の名前
blocks: [ // 各ブロックの定義
{
View gist:d091d8b81fdfdad33c7106eb0995bd37
- 案内板は文字が消えてしまっていくけど、デジタルでとっておけばずっと保存できそう。
- OCR -> 翻訳 手間がかからない。
- どれが monumen.to として適切な案内板なのかわからないのがあった。
- 橋の由来とか好きなのであとから写真をアップロードしたい
- AR 的に表示したい 例. https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nianticproject.scout&hl=ja
- 現在地がとれなかった
- 観光地で広めたい
- ガイドに紹介する。直接来ている人に宣伝する
- あとで場所が確認しづらい
- 直接スマホでできるようにしたい
View export.geojson
Sorry, something went wrong. Reload?
Sorry, we cannot display this file.
Sorry, this file is invalid so it cannot be displayed.
View monumento.md

プロフィール

石原淳也

みんなでつくる案内板データベースモニュメントや、スマートフォンでクイズラリーが楽しめるまちクエストなど 位置情報を活かしたサービスを開発・運営しています。他にも様々なWebサービスやiPhone・Androidアプリの開発を行うかたわら、子供たちにプログラミングを教える活動もおこなっています。東京大学工学部機械情報工学科卒。

» 写真

モニュメントの説明

View aikido.py
import speech
import time
import random
def finish_speaking():
# Block until speech synthesis has finished
while speech.is_speaking():
time.sleep(0.1)
wazas = [
View import_obj.py
import bpy
import sys
if __name__ == "__main__":
# Get object file path from 1st argument after "--".
# Get png file path from 2nd argument after "--".
argv = sys.argv
argv = argv[argv.index("--") + 1:] # get all args after "--"
obj_file = argv[0]
View cone.obj
v 0.000000 -1.000000 -1.000000
v 0.000000 1.000000 0.000000
v 0.195090 -1.000000 -0.980785
v 0.382683 -1.000000 -0.923880
v 0.555570 -1.000000 -0.831470
v 0.707107 -1.000000 -0.707107
v 0.831470 -1.000000 -0.555570
v 0.923880 -1.000000 -0.382683
v 0.980785 -1.000000 -0.195090
v 1.000000 -1.000000 -0.000000
View cube.obj
# cube.obj
#
g cube
v 0.0 0.0 0.0
v 0.0 0.0 1.0
v 0.0 1.0 0.0
v 0.0 1.0 1.0
v 1.0 0.0 0.0
View weather_api.rb
require 'net/http'
require 'uri'
require 'json'
require 'byebug'
require 'csv'
API_KEY = "xxxx"
# query by lat and lng
# 35.443708,139.638026 is the lat and lng of yokohama city hall
View speedtest.js
<html>
<head>
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
</head>
<body>
<h1>SpeedTest</h1>
<div id="speed"></div>
<script>
var imageAddr = "https://machique.st/assets/logo_s.png" + "?n=" + Math.random();