Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?

Magic:The Gathering ARENA の操作モード説明

操作モードとは

操作モードとは、どのタイミングにパス確認の操作を行うかを決めるモードである。

例えばフルコントロール・モードにすれば、ルール上優先権が発生するすべてのタイミングでパス確認の操作が発生するし、 フルスキップ・モードにすれば対戦相手が呪文を唱えたときに対応して唱えられる呪文があったとしてもパス確認の操作が発生せずに自動でパスされる。

MTGアリーナはベータ版なので、本当はパス確認が発生しなければならないタイミングでも自動パスされてしまうバグが発生することがある。 (2019年2月現在)

各モードの説明

試合開始時は通常モードになっている。

キーボード操作や右下[>>]ボタンでモードを変更できる。モードが解除されると通常モードに戻る。

モード名 モード移行操作 フェイズ/ステップ優先権パスの確認 攻撃指定 ブロック指定 呪文や能力への対応 自動解除タイミング
常にフルコントロール Shift+Ctrl すべて - (もう一度Shift+Ctrlを押して解除)
フルコントロール Ctrl すべて 次のステップに移ったとき
通常 - 一部 (詳細後述) -
スキップ Enter / 右下[>>]ボタン なし × 次ターンに移ったとき
フルスキップ Shift+Enter なし × × 次ターンに移ったとき

※ フルコントロール以外のモードでは、実行できる行動がない場合には優先権や戦闘のクリーチャー指定が自動でパスされる。(インスタントを持っていない、マナが無い、クリーチャーが居ないなど)

通常モードで、フェイズ/ステップの優先権パスの確認が行われるタイミング

フェイズ ステップ あなたのターン 対戦相手のターン 備考
開始フェイズ アンタップ - - ※1
アップキープ - -
ドロー - -
メインフェイズ - -
戦闘フェイズ 戦闘開始
攻撃指定 - ※2
ブロック指定
ダメージ解決 - -
戦闘終了 - -
メインフェイズ - -
最終フェイズ 終了 -
クリンナップ - -

※1 アンタップ・ステップには優先権が発生しないのでフルコントロールでも止められない。

※2 あなたのターンには、攻撃クリーチャー指定はするが優先権は自動パスされる。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.