Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?

Gitの説明

第一弾

このあとの動画では、実際に操作を行いますが、こちらの動画では書いてあることを淡々と読み上げていくだけです。

なので、先に行きたい方やテキストで良い方は、コメント欄にリンクを置いておきますので、移動していただければと思います。

注意事項

daijinloadが理解している範囲での説明となるため、間違っている可能性があります。

間違いはコメントをいただければ、修正いたしますので、よろしくおねがいいたします。

概要

Gitはソースコードのバージョン管理ツールです。

バージョン管理ツールとは?

ソースコード全体にバージョンを付けることにより、いつでもバージョンの状態に戻すことが出来るものです。

(バージョン管理ツールが無かった頃は、フォルダなどで管理していて、他の人に上書きされちゃったとか消えちゃったなどあり、大変だったと思います。)

バージョン管理ツールで僕が使ったことがあるもの

  • CVS(Concurrent Versions System)(シーブイエス)
  • SVN(Subversion)(サブバージョン)
  • Git(ギット)(今回説明するもの)

Gitの出自

GitはLinuxの生みの親であるLinus Torvaldsが、Linux開発のために作りました。

上記の開発経緯のため、大規模開発向けかつ多機能で、小規模開発では使わない機能も多いです。

また、多機能なことが原因で理解しづらい部分もあるので、かなり細かく説明していきたいと思います。

GitとGithubは違うもの

最初混同されるのですが、Gitはプログラムで、GithubはGitを使ったWebサービスです。

Githubのプルリクエスト機能が優秀で広まった経緯もあり、混同しがちですが違うものです。

Gitを使ったWebサービス

  • GitLab(ギットラブ or ギットラボ)
  • Bitbucket(ビットバケット)
  • GitHub(ギットハブ)(GitのWebサービスで1番有名だと思う)

実際に作業する場合の利用例

履歴管理

  • 本番に出したときと同じコードが見たい
  • 1個前のバージョンに戻したい
  • サーバ最新と同じバージョンがほしい

ソースコードの追加・修正・削除

  • 消した修正を復活させたい
  • 修正を無かったことにしたい(revert or rebase)
  • 同じファイルの同じ行を変更していた場合、気づいて判断したい(コンフリクト)
  • コードレビューを効率的に行いたい(Githubの機能:プルリクエスト)

権限管理

  • 誰が修正したのか?知りたい
  • 許可があるユーザしか修正できないようにしたい

※権限管理はGit自体に機能があるのではなく、Github(Webサービス)の機能となります。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment