Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
Open棟梁 Dao 自動生成のサンプル
-- DaoShippers_S1_Insert
-- 2013/1/10 日立 太郎
INSERT INTO
[Shippers]
(
[ShipperID],
[CompanyName],
[Phone]
)
VALUES
(
@ShipperID,
@CompanyName,
@Phone
)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<ROOT>
-- DaoShippers_S2_Select
-- 2013/1/10 日立 太郎
SELECT
[ShipperID],
[CompanyName],
[Phone]
FROM
[Shippers]
<WHERE>
WHERE
[ShipperID] = @ShipperID
</WHERE>
</ROOT>
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<ROOT>
-- DaoShippers_S3_Update
-- 2013/1/10 日立 太郎
UPDATE
[Shippers]
SET
<DELCMA>
<IF>[ShipperID] = @Set_ShipperID_forUPD,</IF>
<IF>[CompanyName] = @Set_CompanyName_forUPD,</IF>
<IF>[Phone] = @Set_Phone_forUPD,</IF>
</DELCMA>
WHERE
[ShipperID] = @ShipperID
</ROOT>
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<ROOT>
-- DaoShippers_S4_Delete
-- 2013/1/10 日立 太郎
DELETE FROM
[Shippers]
<WHERE>
WHERE
[ShipperID] = @ShipperID
</WHERE>
</ROOT>
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<ROOT>
-- DaoShippers_D1_Insert
-- 2013/1/10 日立 太郎
INSERT INTO
[Shippers]
(
<DELCMA>
<INSCOL name="ShipperID">[ShipperID],</INSCOL>
<INSCOL name="CompanyName">[CompanyName],</INSCOL>
<INSCOL name="Phone">[Phone],</INSCOL>
</DELCMA>
)
VALUES
(
<DELCMA>
<IF>@ShipperID,</IF>
<IF>@CompanyName,</IF>
<IF>@Phone,</IF>
</DELCMA>
)
</ROOT>
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<ROOT>
-- DaoShippers_D2_Select
-- 2013/1/10 日立 太郎
SELECT
[ShipperID],
[CompanyName],
[Phone]
FROM
[Shippers]
<WHERE>
WHERE
<IF>AND [ShipperID] = @ShipperID<ELSE>AND [ShipperID] IS NULL</ELSE></IF>
<IF>AND [ShipperID] LIKE @ShipperID_Like</IF>
<IF>AND [CompanyName] = @CompanyName<ELSE>AND [CompanyName] IS NULL</ELSE></IF>
<IF>AND [CompanyName] LIKE @CompanyName_Like</IF>
<IF>AND [Phone] = @Phone<ELSE>AND [Phone] IS NULL</ELSE></IF>
<IF>AND [Phone] LIKE @Phone_Like</IF>
</WHERE>
</ROOT>
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<ROOT>
-- DaoShippers_D3_Update
-- 2013/1/10 日立 太郎
UPDATE
[Shippers]
SET
<DELCMA>
<IF>[ShipperID] = @Set_ShipperID_forUPD,</IF>
<IF>[CompanyName] = @Set_CompanyName_forUPD,</IF>
<IF>[Phone] = @Set_Phone_forUPD,</IF>
</DELCMA>
<WHERE>
WHERE
<IF>AND [ShipperID] = @ShipperID<ELSE>AND [ShipperID] IS NULL</ELSE></IF>
<IF>AND [CompanyName] = @CompanyName<ELSE>AND [CompanyName] IS NULL</ELSE></IF>
<IF>AND [Phone] = @Phone<ELSE>AND [Phone] IS NULL</ELSE></IF>
</WHERE>
</ROOT>
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<ROOT>
-- DaoShippers_D4_Delete
-- 2013/1/10 日立 太郎
DELETE FROM
[Shippers]
<WHERE>
WHERE
<IF>AND [ShipperID] = @ShipperID<ELSE>AND [ShipperID] IS NULL</ELSE></IF>
<IF>AND [CompanyName] = @CompanyName<ELSE>AND [CompanyName] IS NULL</ELSE></IF>
<IF>AND [Phone] = @Phone<ELSE>AND [Phone] IS NULL</ELSE></IF>
</WHERE>
</ROOT>
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<ROOT>
-- DaoShippers_D5_SelCnt
-- 2013/1/10 日立 太郎
SELECT
COUNT(*)
FROM
[Shippers]
<WHERE>
WHERE
<IF>AND [ShipperID] = @ShipperID<ELSE>AND [ShipperID] IS NULL</ELSE></IF>
<IF>AND [ShipperID] LIKE @ShipperID_Like</IF>
<IF>AND [CompanyName] = @CompanyName<ELSE>AND [CompanyName] IS NULL</ELSE></IF>
<IF>AND [CompanyName] LIKE @CompanyName_Like</IF>
<IF>AND [Phone] = @Phone<ELSE>AND [Phone] IS NULL</ELSE></IF>
<IF>AND [Phone] LIKE @Phone_Like</IF>
</WHERE>
</ROOT>
//**********************************************************************************
//* クラス名 :DaoShippers
//* クラス日本語名 :自動生成Daoクラス
//*
//* 作成日時 :2014/2/9
//* 作成者 :棟梁 D層自動生成ツール(墨壺), 日立 太郎
//* 更新履歴 :
//*
//* 日時 更新者 内容
//* ---------- ---------------- -------------------------------------------------
//* 20xx/xx/xx XX XX XXXX
//* 2012/06/14 西野 大介 ResourceLoaderに加え、EmbeddedResourceLoaderに対応
//* 2013/09/09 西野 大介 ExecGenerateSQLメソッドを追加した(バッチ更新用)。
//**********************************************************************************
#region using
// System~
using System;
using System.IO;
using System.Data;
using System.Collections;
// フレームワーク
using Touryo.Infrastructure.Framework.Dao;
using Touryo.Infrastructure.Framework.Common;
// 部品
using Touryo.Infrastructure.Public.Db;
using Touryo.Infrastructure.Public.Util;
// 業務フレームワーク
using Touryo.Infrastructure.Business.Dao;
#endregion
/// <summary>自動生成Daoクラス</summary>
public class DaoShippers : MyBaseDao
{
#region インスタンス変数
/// <summary>ユーザ パラメタ(文字列置換)用ハッシュ テーブル</summary>
protected Hashtable HtUserParameter = new Hashtable();
/// <summary>パラメタ ライズド クエリのパラメタ用ハッシュ テーブル</summary>
protected Hashtable HtParameter = new Hashtable();
#endregion
#region コンストラクタ
/// <summary>コンストラクタ</summary>
public DaoShippers(BaseDam dam) : base(dam) { }
#endregion
#region 共通関数(パラメタの制御)
/// <summary>ユーザ パラメタ(文字列置換)をハッシュ テーブルに設定する。</summary>
/// <param name="userParamName">ユーザ パラメタ名</param>
/// <param name="userParamValue">ユーザ パラメタ値</param>
public void SetUserParameteToHt(string userParamName, string userParamValue)
{
// ユーザ パラメタをハッシュ テーブルに設定
this.HtUserParameter[userParamName] = userParamValue;
}
/// <summary>パラメタ ライズド クエリのパラメタをハッシュ テーブルに設定する。</summary>
/// <param name="paramName">パラメタ名</param>
/// <param name="paramValue">パラメタ値</param>
public void SetParameteToHt(string paramName, object paramValue)
{
// ユーザ パラメタをハッシュ テーブルに設定
this.HtParameter[paramName] = paramValue;
}
/// <summary>
/// ・ユーザ パラメタ(文字列置換)
/// ・パラメタ ライズド クエリのパラメタ
/// を格納するハッシュ テーブルをクリアする。
/// </summary>
public void ClearParametersFromHt()
{
// ユーザ パラメタ(文字列置換)用ハッシュ テーブルを初期化
this.HtUserParameter = new Hashtable();
// パラメタ ライズド クエリのパラメタ用ハッシュ テーブルを初期化
this.HtParameter = new Hashtable();
}
/// <summary>パラメタの設定(内部用)</summary>
protected void SetParametersFromHt()
{
// ユーザ パラメタ(文字列置換)を設定する。
foreach (string userParamName in this.HtUserParameter.Keys)
{
this.SetUserParameter(userParamName, this.HtUserParameter[userParamName].ToString());
}
// パラメタ ライズド クエリのパラメタを設定する。
foreach (string paramName in this.HtParameter.Keys)
{
this.SetParameter(paramName, this.HtParameter[paramName]);
}
}
#endregion
#region プロパティ プロシージャ(setter、getter)
/// <summary>ShipperID列(主キー列)に対するパラメタ ライズド クエリのパラメタを設定する。</summary>
/// <remarks>更新処理時のSET句で使用するパラメタを除く</remarks>
public object PK_ShipperID
{
set
{
this.HtParameter["ShipperID"] = value;
}
get
{
return this.HtParameter["ShipperID"];
}
}
/// <summary>CompanyName列に対するパラメタ ライズド クエリのパラメタを設定する。</summary>
/// <remarks>更新処理時のSET句で使用するパラメタを除く</remarks>
public object CompanyName
{
set
{
this.HtParameter["CompanyName"] = value;
}
get
{
return this.HtParameter["CompanyName"];
}
}
/// <summary>Phone列に対するパラメタ ライズド クエリのパラメタを設定する。</summary>
/// <remarks>更新処理時のSET句で使用するパラメタを除く</remarks>
public object Phone
{
set
{
this.HtParameter["Phone"] = value;
}
get
{
return this.HtParameter["Phone"];
}
}
/// <summary>Set_ShipperID_forUPD列に対するパラメタ ライズド クエリのパラメタを設定する。</summary>
/// <remarks>更新処理時のSET句で使用するパラメタ専用</remarks>
public object Set_ShipperID_forUPD
{
set
{
this.HtParameter["Set_ShipperID_forUPD"] = value;
}
get
{
return this.HtParameter["Set_ShipperID_forUPD"];
}
}
/// <summary>Set_CompanyName_forUPD列に対するパラメタ ライズド クエリのパラメタを設定する。</summary>
/// <remarks>更新処理時のSET句で使用するパラメタ専用</remarks>
public object Set_CompanyName_forUPD
{
set
{
this.HtParameter["Set_CompanyName_forUPD"] = value;
}
get
{
return this.HtParameter["Set_CompanyName_forUPD"];
}
}
/// <summary>Set_Phone_forUPD列に対するパラメタ ライズド クエリのパラメタを設定する。</summary>
/// <remarks>更新処理時のSET句で使用するパラメタ専用</remarks>
public object Set_Phone_forUPD
{
set
{
this.HtParameter["Set_Phone_forUPD"] = value;
}
get
{
return this.HtParameter["Set_Phone_forUPD"];
}
}
/// <summary>ShipperID_Like列に対するパラメタ ライズド クエリのパラメタを設定する。</summary>
/// <remarks>動的参照処理時のLIKE検索で使用するパラメタ専用</remarks>
public object ShipperID_Like
{
set
{
this.HtParameter["ShipperID_Like"] = value;
}
get
{
return this.HtParameter["ShipperID_Like"];
}
}
/// <summary>CompanyName_Like列に対するパラメタ ライズド クエリのパラメタを設定する。</summary>
/// <remarks>動的参照処理時のLIKE検索で使用するパラメタ専用</remarks>
public object CompanyName_Like
{
set
{
this.HtParameter["CompanyName_Like"] = value;
}
get
{
return this.HtParameter["CompanyName_Like"];
}
}
/// <summary>Phone_Like列に対するパラメタ ライズド クエリのパラメタを設定する。</summary>
/// <remarks>動的参照処理時のLIKE検索で使用するパラメタ専用</remarks>
public object Phone_Like
{
set
{
this.HtParameter["Phone_Like"] = value;
}
get
{
return this.HtParameter["Phone_Like"];
}
}
#endregion
#region クエリ メソッド
#region Insert
/// <summary>1レコード挿入する。</summary>
/// <returns>挿入された行の数</returns>
public int S1_Insert()
{
// ファイルからSQL(Insert)を設定する。
this.SetSqlByFile2("DaoShippers_S1_Insert.sql");
// パラメタの設定
this.SetParametersFromHt();
// SQL(Insert)を実行し、戻り値を戻す。
return this.ExecInsUpDel_NonQuery();
}
/// <summary>1レコード挿入する。</summary>
/// <returns>挿入された行の数</returns>
/// <remarks>パラメタで指定した列のみ挿入値が有効になる。</remarks>
public int D1_Insert()
{
// ファイルからSQL(DynIns)を設定する。
this.SetSqlByFile2("DaoShippers_D1_Insert.xml");
// パラメタの設定
this.SetParametersFromHt();
// SQL(DynIns)を実行し、戻り値を戻す。
return this.ExecInsUpDel_NonQuery();
}
#endregion
#region Select
/// <summary>主キーを指定し、1レコード参照する。</summary>
/// <param name="dt">結果を格納するDataTable</param>
public void S2_Select(DataTable dt)
{
// ファイルからSQL(Select)を設定する。
this.SetSqlByFile2("DaoShippers_S2_Select.xml");
// パラメタの設定
this.SetParametersFromHt();
// SQL(Select)を実行し、戻り値を戻す。
this.ExecSelectFill_DT(dt);
}
/// <summary>検索条件を指定し、結果セットを参照する。</summary>
/// <param name="dt">結果を格納するDataTable</param>
public void D2_Select(DataTable dt)
{
// ファイルからSQL(DynSel)を設定する。
this.SetSqlByFile2("DaoShippers_D2_Select.xml");
// パラメタの設定
this.SetParametersFromHt();
// SQL(DynSel)を実行し、戻り値を戻す。
this.ExecSelectFill_DT(dt);
}
#endregion
#region Update
/// <summary>主キーを指定し、1レコード更新する。</summary>
/// <returns>更新された行の数</returns>
/// <remarks>パラメタで指定した列のみ更新値が有効になる。</remarks>
public int S3_Update()
{
// ファイルからSQL(Update)を設定する。
this.SetSqlByFile2("DaoShippers_S3_Update.xml");
// パラメタの設定
this.SetParametersFromHt();
// SQL(Update)を実行し、戻り値を戻す。
return this.ExecInsUpDel_NonQuery();
}
/// <summary>任意の検索条件でデータを更新する。</summary>
/// <returns>更新された行の数</returns>
/// <remarks>パラメタで指定した列のみ更新値が有効になる。</remarks>
public int D3_Update()
{
// ファイルからSQL(DynUpd)を設定する。
this.SetSqlByFile2("DaoShippers_D3_Update.xml");
// パラメタの設定
this.SetParametersFromHt();
// SQL(DynUpd)を実行し、戻り値を戻す。
return this.ExecInsUpDel_NonQuery();
}
#endregion
#region Delete
/// <summary>主キーを指定し、1レコード削除する。</summary>
/// <returns>削除された行の数</returns>
public int S4_Delete()
{
// ファイルからSQL(Delete)を設定する。
this.SetSqlByFile2("DaoShippers_S4_Delete.xml");
// パラメタの設定
this.SetParametersFromHt();
// SQL(Delete)を実行し、戻り値を戻す。
return this.ExecInsUpDel_NonQuery();
}
/// <summary>任意の検索条件でデータを削除する。</summary>
/// <returns>削除された行の数</returns>
public int D4_Delete()
{
// ファイルからSQL(DynDel)を設定する。
this.SetSqlByFile2("DaoShippers_D4_Delete.xml");
// パラメタの設定
this.SetParametersFromHt();
// SQL(DynDel)を実行し、戻り値を戻す。
return this.ExecInsUpDel_NonQuery();
}
#endregion
#region 拡張メソッド
/// <summary>テーブルのレコード件数を取得する</summary>
/// <returns>テーブルのレコード件数</returns>
public object D5_SelCnt()
{
// ファイルからSQL(DynSelCnt)を設定する。
this.SetSqlByFile2("DaoShippers_D5_SelCnt.xml");
// パラメタの設定
this.SetParametersFromHt();
// SQL(SELECT COUNT)を実行し、戻り値を戻す。
return this.ExecSelectScalar();
}
/// <summary>静的SQLを生成する。</summary>
/// <param name="fileName">ファイル名</param>
/// <param name="sqlUtil">SQLユーティリティ</param>
/// <returns>生成した静的SQL</returns>
public string ExecGenerateSQL(string fileName, SQLUtility sqlUtil)
{
// ファイルからSQLを設定する。
this.SetSqlByFile2(fileName);
// パラメタの設定
this.SetParametersFromHt();
return base.ExecGenerateSQL(sqlUtil);
}
#endregion
#endregion
}
'**********************************************************************************
'* クラス名 :DaoShippers
'* クラス日本語名 :自動生成Daoクラス
'*
'* 作成日時 :2014/2/9
'* 作成者 :棟梁 D層自動生成ツール(墨壺), 日立 太郎
'* 更新履歴 :
'*
'* 日時 更新者 内容
'* ---------- ---------------- -------------------------------------------------
'* 20xx/xx/xx XX XX XXXX
'* 2012/06/14 西野 大介 ResourceLoaderに加え、EmbeddedResourceLoaderに対応
'* 2013/09/09 西野 大介 ExecGenerateSQLメソッドを追加した(バッチ更新用)。
'**********************************************************************************
#Region "using"
' System~
Imports System
Imports System.IO
Imports System.Data
Imports System.Collections
' フレームワーク
Imports Touryo.Infrastructure.Framework.Dao
Imports Touryo.Infrastructure.Framework.Common
' 部品
Imports Touryo.Infrastructure.Public.Db
Imports Touryo.Infrastructure.Public.Util
' 業務フレームワーク
Imports Touryo.Infrastructure.Business.Dao
#End Region
''' <summary>自動生成Daoクラス</summary>
Public Class DaoShippers
Inherits MyBaseDao
#Region "インスタンス変数"
''' <summary>ユーザ パラメタ(文字列置換)用ハッシュ テーブル</summary>
Protected HtUserParameter As New Hashtable()
''' <summary>パラメタ ライズド クエリのパラメタ用ハッシュ テーブル</summary>
Protected HtParameter As New Hashtable()
#End Region
#Region "コンストラクタ"
''' <summary>コンストラクタ</summary>
Public Sub New(dam As BaseDam)
MyBase.New(dam)
End Sub
#End Region
#Region "共通関数(パラメタの制御)"
''' <summary>ユーザ パラメタ(文字列置換)をハッシュ テーブルに設定する。</summary>
''' <param name="userParamName">ユーザ パラメタ名</param>
''' <param name="userParamValue">ユーザ パラメタ値</param>
Public Sub SetUserParameteToHt(userParamName As String, userParamValue As String)
' ユーザ パラメタをハッシュ テーブルに設定
Me.HtUserParameter(userParamName) = userParamValue
End Sub
''' <summary>パラメタ ライズド クエリのパラメタをハッシュ テーブルに設定する。</summary>
''' <param name="paramName">パラメタ名</param>
''' <param name="paramValue">パラメタ値</param>
Public Sub SetParameteToHt(paramName As String, paramValue As Object)
' ユーザ パラメタをハッシュ テーブルに設定
Me.HtParameter(paramName) = paramValue
End Sub
''' <summary>
''' ・ユーザ パラメタ(文字列置換)
''' ・パラメタ ライズド クエリのパラメタ
''' を格納するハッシュ テーブルをクリアする。
''' </summary>
Public Sub ClearParametersFromHt()
' ユーザ パラメタ(文字列置換)用ハッシュ テーブルを初期化
Me.HtUserParameter = New Hashtable()
' パラメタ ライズド クエリのパラメタ用ハッシュ テーブルを初期化
Me.HtParameter = New Hashtable()
End Sub
''' <summary>パラメタの設定(内部用)</summary>
Protected Sub SetParametersFromHt()
' ユーザ パラメタ(文字列置換)を設定する。
For Each userParamName As String In Me.HtUserParameter.Keys
Me.SetUserParameter(userParamName, Me.HtUserParameter(userParamName).ToString())
Next
' パラメタ ライズド クエリのパラメタを設定する。
For Each paramName As String In Me.HtParameter.Keys
Me.SetParameter(paramName, Me.HtParameter(paramName))
Next
End Sub
#End Region
#Region "プロパティ プロシージャ(setter、getter)"
''' <summary>ShipperID列(主キー列)に対するパラメタ ライズド クエリのパラメタを設定する。</summary>
''' <remarks>更新処理時のSET句で使用するパラメタを除く</remarks>
Public Property PK_ShipperID() As Object
Get
Return Me.HtParameter("ShipperID")
End Get
Set
Me.HtParameter("ShipperID") = value
End Set
End Property
''' <summary>CompanyName列に対するパラメタ ライズド クエリのパラメタを設定する。</summary>
''' <remarks>更新処理時のSET句で使用するパラメタを除く</remarks>
Public Property CompanyName() As Object
Get
Return Me.HtParameter("CompanyName")
End Get
Set
Me.HtParameter("CompanyName") = value
End Set
End Property
''' <summary>Phone列に対するパラメタ ライズド クエリのパラメタを設定する。</summary>
''' <remarks>更新処理時のSET句で使用するパラメタを除く</remarks>
Public Property Phone() As Object
Get
Return Me.HtParameter("Phone")
End Get
Set
Me.HtParameter("Phone") = value
End Set
End Property
''' <summary>Set_ShipperID_forUPD列に対するパラメタ ライズド クエリのパラメタを設定する。</summary>
''' <remarks>更新処理時のSET句で使用するパラメタ専用</remarks>
Public Property Set_ShipperID_forUPD() As Object
Get
Return Me.HtParameter("Set_ShipperID_forUPD")
End Get
Set
Me.HtParameter("Set_ShipperID_forUPD") = value
End Set
End Property
''' <summary>Set_CompanyName_forUPD列に対するパラメタ ライズド クエリのパラメタを設定する。</summary>
''' <remarks>更新処理時のSET句で使用するパラメタ専用</remarks>
Public Property Set_CompanyName_forUPD() As Object
Get
Return Me.HtParameter("Set_CompanyName_forUPD")
End Get
Set
Me.HtParameter("Set_CompanyName_forUPD") = value
End Set
End Property
''' <summary>Set_Phone_forUPD列に対するパラメタ ライズド クエリのパラメタを設定する。</summary>
''' <remarks>更新処理時のSET句で使用するパラメタ専用</remarks>
Public Property Set_Phone_forUPD() As Object
Get
Return Me.HtParameter("Set_Phone_forUPD")
End Get
Set
Me.HtParameter("Set_Phone_forUPD") = value
End Set
End Property
''' <summary>ShipperID_Like列に対するパラメタ ライズド クエリのパラメタを設定する。</summary>
''' <remarks>動的参照処理時のLIKE検索で使用するパラメタ専用</remarks>
Public Property ShipperID_Like() As Object
Get
Return Me.HtParameter("ShipperID_Like")
End Get
Set
Me.HtParameter("ShipperID_Like") = value
End Set
End Property
''' <summary>CompanyName_Like列に対するパラメタ ライズド クエリのパラメタを設定する。</summary>
''' <remarks>動的参照処理時のLIKE検索で使用するパラメタ専用</remarks>
Public Property CompanyName_Like() As Object
Get
Return Me.HtParameter("CompanyName_Like")
End Get
Set
Me.HtParameter("CompanyName_Like") = value
End Set
End Property
''' <summary>Phone_Like列に対するパラメタ ライズド クエリのパラメタを設定する。</summary>
''' <remarks>動的参照処理時のLIKE検索で使用するパラメタ専用</remarks>
Public Property Phone_Like() As Object
Get
Return Me.HtParameter("Phone_Like")
End Get
Set
Me.HtParameter("Phone_Like") = value
End Set
End Property
#End Region
#Region "クエリ メソッド"
#Region "Insert"
''' <summary>1レコード挿入する。</summary>
''' <returns>挿入された行の数</returns>
Public Function S1_Insert() As Integer
' ファイルからSQL(Insert)を設定する。
Me.SetSqlByFile2("DaoShippers_S1_Insert.sql")
' パラメタの設定
Me.SetParametersFromHt()
' SQL(Insert)を実行し、戻り値を戻す。
Return Me.ExecInsUpDel_NonQuery()
End Function
''' <summary>1レコード挿入する。</summary>
''' <returns>挿入された行の数</returns>
''' <remarks>パラメタで指定した列のみ挿入値が有効になる。</remarks>
Public Function D1_Insert() As Integer
' ファイルからSQL(DynIns)を設定する。
Me.SetSqlByFile2("DaoShippers_D1_Insert.xml")
' パラメタの設定
Me.SetParametersFromHt()
' SQL(DynIns)を実行し、戻り値を戻す。
Return Me.ExecInsUpDel_NonQuery()
End Function
#End Region
#Region "Select"
''' <summary>主キーを指定し、1レコード参照する。</summary>
''' <param name="dt">結果を格納するDataTable</param>
Public Sub S2_Select(dt As DataTable)
' ファイルからSQL(Select)を設定する。
Me.SetSqlByFile2("DaoShippers_S2_Select.xml")
' パラメタの設定
Me.SetParametersFromHt()
' SQL(Select)を実行し、戻り値を戻す。
Me.ExecSelectFill_DT(dt)
End Sub
''' <summary>検索条件を指定し、結果セットを参照する。</summary>
''' <param name="dt">結果を格納するDataTable</param>
Public Sub D2_Select(dt As DataTable)
' ファイルからSQL(DynSel)を設定する。
Me.SetSqlByFile2("DaoShippers_D2_Select.xml")
' パラメタの設定
Me.SetParametersFromHt()
' SQL(DynSel)を実行し、戻り値を戻す。
Me.ExecSelectFill_DT(dt)
End Sub
#End Region
#Region "Update"
''' <summary>主キーを指定し、1レコード更新する。</summary>
''' <returns>更新された行の数</returns>
''' <remarks>パラメタで指定した列のみ更新値が有効になる。</remarks>
Public Function S3_Update() As Integer
' ファイルからSQL(Update)を設定する。
Me.SetSqlByFile2("DaoShippers_S3_Update.xml")
' パラメタの設定
Me.SetParametersFromHt()
' SQL(Update)を実行し、戻り値を戻す。
Return Me.ExecInsUpDel_NonQuery()
End Function
''' <summary>任意の検索条件でデータを更新する。</summary>
''' <returns>更新された行の数</returns>
''' <remarks>パラメタで指定した列のみ更新値が有効になる。</remarks>
Public Function D3_Update() As Integer
' ファイルからSQL(DynUpd)を設定する。
Me.SetSqlByFile2("DaoShippers_D3_Update.xml")
' パラメタの設定
Me.SetParametersFromHt()
' SQL(DynUpd)を実行し、戻り値を戻す。
Return Me.ExecInsUpDel_NonQuery()
End Function
#End Region
#Region "Delete"
''' <summary>主キーを指定し、1レコード削除する。</summary>
''' <returns>削除された行の数</returns>
Public Function S4_Delete() As Integer
' ファイルからSQL(Delete)を設定する。
Me.SetSqlByFile2("DaoShippers_S4_Delete.xml")
' パラメタの設定
Me.SetParametersFromHt()
' SQL(Delete)を実行し、戻り値を戻す。
Return Me.ExecInsUpDel_NonQuery()
End Function
''' <summary>任意の検索条件でデータを削除する。</summary>
''' <returns>削除された行の数</returns>
Public Function D4_Delete() As Integer
' ファイルからSQL(DynDel)を設定する。
Me.SetSqlByFile2("DaoShippers_D4_Delete.xml")
' パラメタの設定
Me.SetParametersFromHt()
' SQL(DynDel)を実行し、戻り値を戻す。
Return Me.ExecInsUpDel_NonQuery()
End Function
#End Region
#Region "拡張メソッド"
''' <summary>テーブルのレコード件数を取得する</summary>
''' <returns>テーブルのレコード件数</returns>
Public Function D5_SelCnt() As Object
' ファイルからSQL(DynSelCnt)を設定する。
Me.SetSqlByFile2("DaoShippers_D5_SelCnt.xml")
' パラメタの設定
Me.SetParametersFromHt()
' SQL(SELECT COUNT)を実行し、戻り値を戻す。
Return Me.ExecSelectScalar()
End Function
''' <summary>静的SQLを生成する。</summary>
''' <param name="fileName">ファイル名</param>
''' <param name="sqlUtil">SQLユーティリティ</param>
''' <returns>生成した静的SQL</returns>
Public Overloads Function ExecGenerateSQL(fileName As String, sqlUtil As SQLUtility) As String
' ファイルからSQLを設定する。
Me.SetSqlByFile2(fileName)
' パラメタの設定
Me.SetParametersFromHt()
Return MyBase.ExecGenerateSQL(sqlUtil)
End Function
#End Region
#End Region
End Class
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.