Instantly share code, notes, and snippets.

View solarized.sh
# .bashrcに以下1行を追加する
$ vi ~/.bashrc
alias ls='ls -G’
View solarized.sh
# SolarizedのVimカラーをダウンロードする
$ git clone https://github.com/altercation/vim-colors-solarized.git
$ cd vim-colors-solarized/colors
$ mkdir -p ~/.vim/colors
# SolarizedのVimカラーを設定する
$ mv solarized.vim ~/.vim/colors/
# .vimrcに以下3行を追加する
$ vi ~/.vimrc
syntax enable
set background=dark # dark or light
View solarized.sh
1. メニューバーの「ターミナル」 > 「環境設定」
2. 「プロファイル」タブ > 「歯車マーク」 > 「読み込む」
3. 「Solarized Light.terminal」 or 「Solarized Dark.terminal」を選択する
View solarized.sh
$ git clone https://github.com/tomislav/osx-terminal.app-colors-solarized solarized.git
View solarized.sh
# Solarizedのダウンロード
$ git clone https://github.com/tomislav/osx-terminal.app-colors-solarized solarized.git
# ターミナルの設定
1. メニューバーの「ターミナル」 > 「環境設定」
2. 「プロファイル」タブ > 「歯車マーク」 > 「読み込む」
3. 「Solarized Light.terminal」 or 「Solarized Dark.terminal」を選択する
# vimのカラー設定
$ vi ~/.vimrc
View github-flow-2.sh
$ cd github-flow-practice # リポジトリがあるディレクトリに移動する
$ git branch # 現在のブランチを確認する
* master
$ git checkout -b mod-readme # ブランチを作成&移動する
Switched to a new branch 'mod-readme'
github-flow-practice $ git branch
master
* mod-readme
View github-flow-1.sh
$ git clone https://github.com/<あなたのGitHubアカウント名>/github-flow-practice.git
View github-flow.md

GitHub Flowを使った開発の流れ

1. チームで共有しているリモートリポジトリをクローンする

$ git clone https://github.com/<アカウント名>/<リポジトリ名>.git

2. ブランチを作成し、作成したブランチに移動する

$ git checkout -b <ブランチ名>
View main.sh
$ scp [クライアントのファイル] [サーバのログインユーザ]@[サーバのIP]:[サーバのディレクトリ]
# 例1. Macのカレントディレクトリの「hoge.txt」をRaspberry Piのホームディレクトリ(/home/pi/)に転送する
$ scp hoge.txt pi@10.253.131.84:
# 例2. 複数のファイルをまとめて転送する
$ scp hoge.txt bar.txt pi@10.253.131.84:
# 例3. ディレクトリごと転送する
$ scp -r hoge/ pi@10.253.131.84:
View index.php
<?php
$hoge = "Hello";
$foo = "World";
echo "$hoge, $foo"; // -> Hello World
$1hoge = "invalid"; // 無効:数字で始まっているため
$_hoge = "valid"; // 有効:アンダースコアで始まっているため