Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

この記事はTUT Advent Calendar 2016の25日目の記事です。 http://www.adventar.org/calendars/1357

こんにちは、TUT-CC TechLab班の@foldoriです。 TUTLTではセミコロンレスJavaの話とかしてました。

今回は折り紙でTUTイスを作りました。 なんで作ったかというと、やんてねさんが「折り紙でTUTイスって作れないですかね?」みたいな事を言っていたので、研究の合間を縫って作りました。
あと去年のTUTアドカレで@Nan_Nansoftingさんの「TUTイス in マイクラ!」という記事があってこれアドカレのネタにしようと思ったからです。
物理的に作ったので(物理)です そもそもTUTイスは物理じゃないかとか言ってはいけない

#TUTイス(物理)作成工程 カメラ持ってなくて写真は全部古いスマホでとったものなので見づらいです。

四角いし蛇腹だろうということで、16等分した紙でバージョン0.1を作成。(DSC_0089.JPG)

試作品だから当然なんですが全くそれっぽく見えない。

左右の座面を1マスずらす所が複雑なので、もう少し簡略化すべく、32等分した紙でバージョン0.2を作成。(DSC_0090.JPG)

32等分だと大きすぎる感じなので、24*14で作成。(DSC_0092.JPG)

普通の折り紙(黒)で作成。(DSC_0091.JPG)

赤と黒で色が違う部分も、紙の裏と表で色が違うことを利用して再現しています。
大体それっぽく見えるので、本番用の紙で折ります。 こんな感じです。

  • 普通の赤の折り紙を縦横24等分
  • ちょっと切って24*14にする
  • 裏に黒のシールちよがみ(裏がシールになっている折り紙)を貼って、表が黒で裏が赤の紙を作る

この紙を使って作った完成品がこちら(DSC_0100.JPG)(DSC_0099.JPG)(DSC_0098.JPG)

寸法微妙に間違っててなんかそれっぽく見えないですがこれで完成です。 欲しい人いたら言ってください、あげます(先着1名)

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment