Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

@ichibariki
ichibariki / systemctl_list-unit-files-t_service_minimal_RHEL8.2_installation.md
Created May 10, 2020
systemctl_list-unit-files-t_service_minimal_RHEL8.2_installation.md
View systemctl_list-unit-files-t_service_minimal_RHEL8.2_installation.md

Red Hat Enterprise Linux release 8.2最小インストール後のUNITリスト

Red Hat Enterprise Linux release 8.2 を「ソフトウェアの選択」画面で
「最小限のインストール」を選択しインストールした直後のsystemctl list-unit-files -t serviceコマンドの結果です。

UNIT FILE STATE
auditd.service enabled
autovt@.service enabled
@ichibariki
ichibariki / rpm-qa_after_minimal_RHEL8.2_installation.md
Last active May 10, 2020
rpm-qa_after_minimal_RHEL8.2_installation.md
View rpm-qa_after_minimal_RHEL8.2_installation.md

Red Hat Enterprise Linux release 8.2最小インストール後のパッケージリスト

Red Hat Enterprise Linux release 8.2 を「ソフトウェアの選択」画面で
「最小限のインストール」を選択しインストールした直後のrpm -qaコマンドの結果です。

パッケージ名
crontabs-1.11-16.20150630git.el8.noarch
geolite2-city-20180605-1.el8.noarch
View CentOS8.1-CentOS8.0MinimumPackageComparison.md

CentOS8.1-CentOS8.0 最小構成パッケージ比較表

CentOS8.1とCentOS8.0の最小構成インストール状態での

パッケージ比較表となります。

表の2列めの意味は以下の通りです。